画像引用元:高校野球ドットコム

 

特徴

高校通算12本塁打。広角に長打を放てる右の強打者。

やや高め、耳の真後ろにグリップを構え、ヘッドを寝かせトップを揺らしながらタイミングを図る。どっしりとした下半身は肩幅よりやや広目のスタンスで軽く腰を落とし体の中心の真下に重心を置く。

投球と同時に左足を軽く上げテイクバックをとりながらシンクロしていく。左足の着地から腰の回転に吊られる様にスイング方向へ体重が乗っていく。割りとコンパクトな軌道で軽く合わせるようにスイング。力みはなくバットコントロールにセンスを感じる打者。

構え、バットさばきから振り込んでいるのがよくわかる。下半身の使い方も無理がなく、成績の波も少なそうだ。

 

プロフィール

身長172㎝ 体重77㎏ 遠投90m 50m6秒フラット

愛知県名古屋市生まれ。小学3年生から野球を始め、中学時代は愛知知多ボーイズに所属。

高校では1年夏からベンチ入り。7番・ライトで出場し、.308の成績を残し甲子園に出場。背番号9番を付けて聖地を踏んだ。

新チームからは上位打線を務め、ポジションもセンターへと変わりチームの中心へと移っていく。2年秋、春は共に決勝まで駒を進めた。夏、秋と成績は振るわず3年春から成績を上げてきている。プロ注目の右打者。

 

 

伸び代

“目指すはパワータイプの先頭打者”

元々持っているポテンシャルの高さは高校野球界ではトップレベルなだけに力を抜いた軽めのスイングでも打球は外野の深い位置まで飛び、時には柵越えも打てる。力みの無さがミート力を上げ、信頼の置ける4番打者として名門・天理で4番を張っているのだろう。

しかし、ポテンシャルの高さが垣間見えるだけに、うまくやり過ぎていて面白味に欠ける。質の高いものを抑えて全体の数字を下げてないだけの打者にも見えてしまう。

スイングスピードの速さ、打撃フォームの完成度、バットコントロールのセンスなど、どれをとってもレベルは高いがチームを優先しすぎているのか本来の持ち味が影を潜めている。

もっと豪快に、力強く、フルスイングで初球からガンガン行ける一番バッターが似合うようにも思う。今年で言えば、盛岡大付属・植田拓、智辯学園・福元悠真の様な4番の力を持った先頭打者として思いのままにフルスイングする神野が見てみたい。

今年の奈良予選は智辯学園との激突で躍動する神野に注目が集まる。