第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

 

 

 

 

 

第89回選抜注目選手

西巻賢二2年(にしまきけんじ)

 

著作者: freedesignfile.com

 

センスの高さが際立つ野球エリート。注目はプロトップクラスの走塁?

 

 

ポテンシャルと特徴

MAX139km/h。遠投115m。50m6秒1。

守備力に定評のある強肩ショート、広角に打ち分けられるリードオフマン、リリーフとしてもチームに貢献する走攻守、三拍子揃ったキャプテン。

特徴:スクエアスタンスで背筋は伸び、真っ直ぐ投手を見据える。やや後ろ気味にグリップは引いておりちょうど肩ぐらいの高さに構える。

重心は中心から心持ち右足寄り。全体的に隙がなく、構えの時点で投げるところに困りそうなバッター。

投手の前足が着地するタイミングで左足を上げてタメを作る。リリースされるタイミングで踏み込んでいく、この時は右足に重心を残している。左足が地面をつかむと上体の回転が始まり同時に最短距離でトップが出てくる。

バットコントロールも素晴らしいが、コース・球種に合わせて腰が捉えに行っている様にも見える。その為スイングの軌道が小さくてもしっかりパワーが伝わっているようだ。また体重移動はほとんどなく軸が変わらない。そのおかげで状態、頭にブレは生じず安定した姿勢でスイングができる。

重心を後足に残してスイングする打撃フォームだと長距離打者のイメージだが下半身の使い方は現MLBアストロズの青木宣親選手が近いものと思う。

西巻も青木選手も小柄な選手ながら後にパワーを残したままヒットを打っている打者だが、それだけスイングスピードは速いし狙えばホームランを打てるだけのパワーがあると予想ができる。

 

経歴

高校では1年春からベンチ入り。その年の夏に甲子園出場を果たす。甲子園では6試合に全て途中出場し2安打を記録。現千葉ロッテの成田翔、現中日ドラゴンズの小笠原慎之介から1安打ずつを放っている。

1年秋から 1番ショートを獲得。2年夏の県予選では打率.444 、打点8の成績を残すも準決勝敗退。

主将となった新チームでは秋季県大会・東北大会を共に制し神宮大会進出を決めた。神宮大会では初戦で敗れるも選抜出場を決めている。

 

 

成績

’16年秋

13試合 47打数、18安打、打率.383、二塁打4本、三塁打1本、打点6、三振5、四死球11、盗塁2、出塁率.500

 

注目point

左中間を割った3ベースヒット!

攻守共に高い、ポテンシャルを披露する西巻だがもちろん走塁もプロ注目。1塁到達タイムが右打席から4.1秒前後で走り抜ける。これを左打席に置き換えると3.85秒前後現 MLBマーリンズのイチロー選手で3.75秒、現楽天イーグルス松井稼頭央選手で3.8秒と高校生ながらプロの中でもトップクラスのタイムを誇る。

その足を生かして外野の深いところに飛べばすぐに長打にしてしまう。しかし左中間方向の打球で右打席から3ベースを狙うのはなかなか至難の業。フェンスに到達するような当たりでも左バッターならまだしも右バッターはかなり苦しい。しかし彼ならと思わせてくれる抜群のセンスと今までの実績ができてしまうのではないかと期待させてくれる。

テレビ中継ではボールを追う為、その走塁をじっくり見ることができないが、長打になりそうな場合、全体を映してくれる時がある。その時に1塁を回ってからの加速と、2塁キャンパスの使い方、3塁到達までのプロセスを是非見ていただきたい。

走塁は機動破壊たけではないんだと実感できる。

 

プロフィール

右投右打  身長167cm体重60kg

守備位置:遊撃手、投手

小学4年時から軟式野球を始め小6の時に楽天ジュニアに選出される。中学時代も軟式野球部に所属し内野手兼投手として中3夏に全国優勝を経験した。

 

 

 

 

第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

 

 

 

参考サイト:ドラフトレポート-FC2