画像引用先:Y!ニュース

 

元巨人・中尾監督初陣コールド

 

 

3月から専大北上の監督に就任した元巨人の中尾孝義監督(61)が、初の公式戦となる春季高校野球岩手県北奥地区予選準々決勝・水沢商戦に臨み、8-0で7回コールド勝ちした。打線は11安打、先発の大塚大樹投手は7回参考ながらノーヒットノーランと、投打に圧倒。「試合前は俺も緊張した。選手がよくやってくれた」と教え子の頑張りを評価した。

 

センバツV右腕村上が初勝利

 

画像引用先:Y!ニュース

昨春の甲子園V右腕・村上が、4試合目で初勝利を挙げた。得点圏に走者を許したのは6,8回だけで、三塁も踏ませない完封。「3試合の反省から直球だけに頼らず緩急を着けた」。11年春には、前年の甲子園で興南(沖縄)のエースとして春夏連覇を達成した中大島袋(現ソフトバンク)が初勝利を完封で飾ったケースがある。快挙の右腕は「バック守って打ってくれたので気楽に投げられた」と謙虚だった。