第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

 

 

 

 

第89回選抜注目選手

池谷蒼大2年(いけやそうた)

著作者: freedesignfile.com

公立の星静岡のエース。今大会No.1本格派サウスポー池谷蒼大

 

 

ポテンシャルと特徴

MAX144km/h。角度の効いたストレートでねじ伏せるパワータイプ。また、自分のリズムに相手を引き込むのが上手く、マウンド捌きに定評あり。スライダー、カーブ、カットボールを操る。

特徴:ノーワインドアップからピシッと張った背筋でゆっくり右足が上がってくる。膝が1番高い位置(胸元辺り)まで来たら、素早いモーションに切り替わる。軸足を折りながら同時に右足もキャッチャーの方へ向いていき、右足が地面に着くタイミングで流れに沿って体重移動。上体はそこまで下げずに、右手の巻き込みで上体を回転させ、角度の効いた位置から左腕が振り下ろされる。

じっくりタメを作った粘りのある投球フォームと言うよりは、体重移動という一連の流れの中で角度の効いた無理のない投球フォーム。

※軸足をゆっくり折りながらタメを作って、上から下と言うよりは前に向かってパワーをぶつけるイメージのフォームになれば現西武・菊池雄星投手の様な左打者のインハイをえぐるストレートが投げられそうだ。

 

 

経歴

軟式出身ながら入学の次点で最速134km/hをマーク。大いに期待されたがその直後に腰痛を患い戦線離脱。1年生秋にベンチ入りはするものの登板はなく、2年春までにようやく投げれるまでに回復。6月の練習試合で144km/hを計測した。

新チームのスタートは背番号「10」直球でしかストライクが取れなったがフォームを見直したことで変化球を投げるコツを掴んだ。更に、「自分が打者の時、速いテンポが嫌だった」と以前から思っていたテンポの速い投球にシフトチェンジ。これにより投球内容が安定し、中部地区予選の準々決勝からエースナンバー「1」を獲得した。

 

 

成績

東海大会

5試合  27 2/3回  打者103  被安打17  奪三振33  与四死球4  自責点5  防御率1.66

神宮大会

1試合  8回  打者36  被安打6  奪三振7  与四死球7  自責点5  防御率5.62

 

 

注目point

左打者へのインハイのストレートに注目!

驚くことに左投手特有の内角球を使わずに秋季大会を勝ち進み神宮大会まで行っている。まだまだ研究し尽くされていない池谷の伸び代は計り知れない。

一冬越え、威力の増したインハイのストレートがどこまで全国の舞台で通用するのか。

本格派左腕の進化に注目していきたい。

 

 

プロフィール

左投左打  身長173cm体重74kg

守備位置:投手

小学2年から野球を始め小学6年生の時にドラゴンズJr.入りを経験。中学では軟式野球部に所属。

 

 

 

第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

 

 

 

参考書籍:週刊ベースボール、ホームラン センバツ 2017

参考サイト:ドラフトレポート-FC2