第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

 

 

 

第89回選抜注目選手

皆川喬涼2年(みながわきょうすけ)

著作者: freedesignfile.com

 

140km/hトリオの3番手皆川の伸び代はストライクの要らない変化球?

 

 

ポテンシャルと特徴

MAX144km/h。スクワット280kg。遠投110m。50m6秒0。高校通算本塁打8本。

回転が綺麗で糸を引くような球筋の直球とスライダー、フォーク、チェンジアップを操る。打力にも注目の右腕。

特徴:ワインドアップから首でグラブをバウンドさせ、ゆっくりと右足をプレートに掛けながら左足を上げていく。胸元あたりで膝をバウンドさせる様な仕草の後、じっくり軸足を折りながら重心を下げて徐々に体重移動を始めていく。

グラブを投球方向に向け、テイクバックを大きく取る。

広めの歩幅で左足を着地させ、上体の回転と共に膝が地面に着きそうなくらい一気に腰の位置が下がる。

テイクバックを大きくとっていた右腕は後頭部のあたりで一つタメを作った後、肘を先頭に滑らかな関節使いでややスリークォーター気味に出てくる。

地面スレスレまで振り切る程のフォロースルーを取っている右腕からは余計な力みは感じられず、絶妙なパワーバランスで腕が振れているのが垣間見れる。

 

経歴

高校では1年秋から中学通算20本塁打の打力を買われ外野手としてベンチ入り。

2年春から投手として起用され主にリリーフ。背番号「11」を背負って県大会優勝。迎えた関東大会では準決勝、選抜帰りの関東一戦に先発。最速134km/hの直球と最遅84km/hのスローボールを織り交ぜ7回1アウトまでノーヒットピッチング7回1安打、完封勝利を収め、関東大会優勝に貢献する。

2年夏の群馬大会では登板はなく、打者として群馬大会優勝に貢献。迎えた甲子園2回戦・嘉手納戦に8回2アウトから3番手としてマウンドに上がる。最速142km/hのストレートで2四死球、1失点に抑え、甲子園を後にした。

同年秋からライトでレギュラーを掴む。県大会ではリリーフとしてもマウンドに上がる。3試合に登板し15回、被安打7、奪三振18、失点1、防御率0.60の活躍で、県大会優勝。関東大会ではクリーンナップを任され11打数、4安打、3打点、打率.364(登板なし)の成績で4強入りを達成し夏春連続の甲子園出場を確実にした。

 

 

成績

’16年春 関東

1試合、7回、被安打1、奪三振3、与四死球3、失点0。

 

’16年夏 甲子園

1試合、1 1/3回、被安打1、奪三振0、与四死球2、失点1。

 

’16年秋 県大会

3試合、15回、被安打7、奪三振18、与四死球13、失点1、防御率0.60

 

’16年秋 関東

11打数、4安打、3打点、打率.364(登板なし)

 

注目point

高めに逃げる140km/h後半のライジングボールと、バウンドする程低めに逃げるスライダー!

外野守備での遠投が効いているのか、大会毎に球速を上げてきている皆川。2年春の関東大会では最速134km/h。同年夏の甲子園では142km/h。また秋の県大会では144km/hとまだまだ球速が伸びることを期待させてくれる。

当然一冬越えた高校球児は更に一回り成長する為、記録更新も期待できる。スピードボールもさる事ながら、注目すべきは皆川の球質である。

スリークォーターながら、本格派オーバースローの様な直球は見事なまでの縦回転で回転数も多くこれでもかというぐらいホップする。難点としてはマウンド経験が少ない為、少し硬かったり、高いマウンドだと、リリースポイントを掴むのに時間がかかり前半は球が上滑りしやすい傾向にある。

回転数の多さは変化球にまで影響を与える。曲がりの大きいカーブや、スライダーはキレ味十分。カーブのブレーキも魅力的だが、打者の手前でスッと消えるスライダーは正に一級品。

スライダーに関しては、最早ストライクゾーンに投げなくても三振が取れそうだ。

一冬越え、更に球速を上げた皆川の140km/h後半の伸びるストレートで追い込み、ワンバウンドするスライダーで空振り三振。9回をピシャッと抑えるマウンド裁きに是非注目して頂きたい。

 

プロフィール

右投右打  身長178cm体重76kg

守備位置:右翼手、投手

小学4年生から軟式野球を始め、中学時代も軟式野球部に所属。

 

 

 

 

第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎