第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

 

 

 

 

 

第89回選抜注目選手

根尾昂1年(ねおあきら)

 

著作者: freedesignfile.com

 

選抜を湧かすスーパー1年生。既にプロ注目の三刀流とは?

 

 

ポテンシャルと特徴

MAX148km/h。50m6秒0。

回転数の多いストレートにはキレがあり、120km/h台のスライダー、110km/h台のカーブ、チェンジアップを操る。投打共に超高校級の注目選手。

特徴(投手):ノーワインドアップで口元にグラブを構えゆったりと軸足をプレートにかけて左足が上がっていく。膝がベルトの位置を越える頃には投球方向へ体重移動が始まり重心が下がっていく。

左足が地面をつかみ上体の回転が始まったあたりからスピード感が出てくる。一度加速した上体の回転はタメを作っていた時間が長かった分バネの効いた躍動感を感じる。

大きくとられたテイクバックからなめらかな肩の回転に吊られムチのような右腕が振り下ろされる。リリースと同時に蹴り上げた右足が最後の一押しを加え直球にキレを出している。

小柄ながらパワフルな投球フォームで投げ込んでくる力投型だが、変化球を投げる際に上体が残るのが気になる。なんとなく置きに行っているような体の使い方に見えるせいか、配球が読まれる上に肩、肘への負担が気になるところである。

 

特徴(打撃): やや、オープンスタンス気味に構え、両肘を伸ばしてヘッドを立てる。背筋が伸びており適度な重心を左足に残した状態で投手とタイミングを合わせる。

投手の前足が降り始める頃に右足を高々と上げてタメを作る。グリップを後に残したまま右足を踏み込み、スイングと同時に一気に前方へ体重移動させ打球にパワーを乗せる。

フォロースルーは大きく最後まで振り切るため、打球が鋭い。大きな放物線を描く当たりよりはライナー性の当たりが多く、ホームランも低い弾道が多い。

 

経歴

高校入学後1年夏から背番号『18』でベンチ入り背番号『9』を背負った1年秋の府大会4回戦、代打で出場し左中間へのソロ本塁打で鮮烈のデビューを果たす。

投手としては府準々決勝・北野戦で、この試合最速144km/hを計測した。7回コールド、9奪三振、3四死球、被安打2で初勝利を飾る。

秋季近畿大会は1回戦龍谷大平安に5番センターで先発出場。準々決勝、準決勝と4番で出場。準々決勝・智辯学園戦で本塁打を放つなど結果を残した。また、この試合ではショートでの起用もあり、野球選手としてのポテンシャルの高さを更にアピールした。

近畿大会の成績は、8打数3安打、打率.375、四死球5、出塁率.615、三振0、本塁打1、盗塁1。

 

注目point

走・攻・守、全て!

高校から外野での起用が多かったがショートでの起用も増えてきた。高校から始めた新ポジションとは思えないくらいの仕上がりで選抜の時には高校生トップクラスの動きを見せてくれるだろうと期待も大きい。

「投・打・守・走」どれをとっても光るものを感じる根尾の甲子園劇場は見る者全てを魅了する。また、物怖じしない性格も西谷監督に高く評価されているだけあって大舞台での大役も卒なくこなす。

そして誰よりも野球を楽しんでいる姿勢がプレーからよく伝わってくる。自分の持っている全てのパフォーマンスを発揮しようとする彼のプレースタイルが何よりの注目pointである。

 

プロフィール

右投左打  身長177cm体重75kg

守備位置:投手、外野手、遊撃手

小学2年生から野球を始め、小学6年の時に中日ドラゴンズJr.に選ばれる。

中学時代は飛騨高山ボーイズに所属し、3年夏にNOMOジャパンに選出されアメリカ遠征を経験した。中学時代に146km/hを計測し話題を呼んだ。

 

 

 

第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

 

 

 

参考サイト:ドラフトレポート-FC2