第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

 

 

 

第89回選抜注目選手

金久保優斗2年(かなくぼゆうと)

 

著作者: freedesignfile.co

 

先輩島仕込みの150km/hと切れ味抜群のアウトロー

 

 

ポテンシャルと特徴

MAX147km/h。遠投94m。スライダー、カーブ、カットボール、ツーシーム、フォークと多彩な変化球を投げ分ける。

特徴:ワインドアップからゆっくりと足を上げ、ややトルネード気味に巻き込み、体重移動への反動をつける。柔らかい膝の動きと重力に伴う体重移動を上手く使い、しっかりと前にパワーを押し出す。やや左肩が下がった形でグラブを伸ばし、コンパクトなテイクバックから打者寄りでリリース。フィニッシュ時に体に絡みつく程のムチの様なしなやかな腕の振りから球持ちの良さが伺える。

リリース後も下半身は1塁方向へは逃げず、そのまま守備体型に移るあたりは基本に忠実でお手本の様な投球フォームである。

真正面から見る限りグラブの使い方で内外角のコントロールをつけている様に見える。制球は安定するが打者にコースがバレないか?と疑問も残る。

 

経歴

1年秋からベンチ入り、背番号「4」で1番セカンド、兼控え投手を務めリリーフ登板した県初戦で138km/hを計測。

2年春には背番号「11」。島孝明(ロッテ3位指名)の控え投手として県優勝、関東ベスト8進出を達成する。

2年夏の県大会は3試合に登板。初戦の2回戦で5回参考記録ながらノーヒットノーランを達成し、準々決勝で146km/hを計測。合計16 1/3回を投げ、1失点と好投するも木更津総合に敗れベスト8で敗退。

 

成績

’16年秋 千葉県大会

6試合、43回 、被安打24、奪三振20、与四死球12、自責点5、防御率1.04

’16年秋 関東大会

4試合、36回、被安打29、奪三振28、与四死球22、自責点12、防御率3.00

 

注目point

アウトローへの150km/hと、なかなかリリースされないスナップの柔らかさ!

現時点で147km/hと高校生の中ではトップクラスの急速を持つが、一つ上にいた153km/h右腕の島を見てきた金久保はこの冬の過ごし方を良く知っている。2年から3年になる冬の過ごし方で爆発的に伸びた島をお手本に必ず選抜の甲子園では150km/hを叩き出してくれると信じている。

そして金久保の150km/hの場合速いだけではない。「後ろに島さんがいた時は飛ばせたが、今はスタミナが切れない様にキレを重視している」と語るほどスピンの掛け方、球持ち、回転数など球速より球質を求めた秋を過ごした金久保はアウトローへの直球とスライダーの制球に抜群の自信を持っている。

元々力投型だった投手がチーム事情により大人の投球をしていても、やはり大舞台となれば自力を試してみたいものである。

卓越された球質、投球術に豪球が加われば鬼に金棒。色々な投球パターンで追い込んだ後、ウイニングショットでのアウトローにくるキレッキレの150km/hと、その直球に伸びを与える’16年甲子園V投手・今井達也(西武1位指名)の様なしなやかなスナップに是非是非注目して頂きたい。

 

プロフィール

右投左打 身長180cm体重72kg

守備位置:投手

小学1年生から軟式野球を始め、中学では佐倉シニアに所属。3年時に全国シニア日本選手権優勝、ジャイアンツカップ優勝と2冠達成。

全国シニア日本選手権決勝・神戸中央シニア戦では同チームに所属していた智辯学園太田英毅滋賀学園後藤克基と対戦している。

 

 

 

第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

 

 

 

参考書籍:週刊ベースボール

参考サイト:ドラフトレポートFC2、高校野球ドットコム