第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

 

 

 

 

 

第89回選抜注目選手

櫻井周斗2年(さくらいしゅうと)

著作者: freedesignfile.com

課題の少ない櫻井周斗のスライダーが勝敗の命運を分ける

 

 

ポテンシャルと特徴

MAX144km/h。本格派左腕。勝負球は大きく曲がるスライダー。都大会決勝・早稲田実戦では毎回の14奪三振に加え清宮幸太郎から5打席すべてスライダーで5三振を奪った。

特徴:ノーワインドアップで腹の位置にグラブを構えすり足のように右足をじっくりとベルトより上の位置まで持ち上げる。一度ここでタメを作って軸足を折りながらゆっくりと投球方向へ体重移動。

投球方向へ重心は移しつつも低い体勢からなかなか右足を地面につけない。右足が地面を掴んでから一気に状態を回転させコンパクトなテイクバックから無駄のない腕の振りで真上から左腕が降り降ろされる。

全体的にゆっくり、ゆっくり、ゆっくり来て最後にパッとと力を加えるイメージ。タイプで言うと巨人の杉内俊哉投手のような感じが近い。

 

経歴

1年生秋から6番ライトとして野手中心。櫻井は2回戦の駒大戦、準決勝の日野戦で2完封の結果で一気に全国に名を轟かせた。

新チームでも3番を任され今秋の都大会では打者としてもチームをけん引。3回戦の創価戦では勝ち越しの3ランを決めるなど勝負強さも兼ね備え、高校通算19本塁打の強打者。

 

成績

’16年秋 都大会

投手:6試合、44 2/3回、58奪三振、与四死球16、失点10、防御率1.81

打者:3回戦からの4試合、打率.307、出塁率.526、打点6、本塁打2本

投手としても野手としてもプロ注目の二刀流キャプテン。

 

注目point

左打者の外を出し入れするスライダー!

全体的に大きな課題点は無く。まとまった投手だが、まだまだ細かいコントロールが甘くストライクかボールの投げ分け程度がやっとの状態。

当然今冬の課題の一つとして取り組んでいるものと思う。

そもそもスライダー自体の制度は高い。都大会決勝で早稲田実の清宮から5打数5三振で最後は全てスライダーだったことから、相当なキレを持っているに違いない。

そのウイニングショットとなるスライダーで左打者のアウトコースをボール一つ分のコントロールで出し入れされたら分かっていても打てないし、場面によってはダブルプレーも取りやすくなる。

甲子園で勝ち抜いていくための生命線となるスライダーのコントロールに是非注目して頂きたい。

 

プロフィール

左投左打  身長177cm体重78kg

守備位置:投手、中堅手

小学6年時に東京ヤクルトスワローズJr.に選ばれる。中学時代は所沢の新座シニアに所属し、関東選抜に選出された。

 

 

第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

 

 

 

参考書籍:ホームラン センバツ 2017

参考サイト:ドラフトレポート-FC2