第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

 

 

 

 

 

第89回選抜注目選手

野村大樹1年(のむらだいじゅ)

著作者: freedesignfile.com

 

スーパー1年生野村大樹のホームラン量産を徹底検証!

 

 

ポテンシャルと特徴

通算40本塁打。50m6秒3。左右に本塁打を打てるマルチパワーヒッター。

特徴:スクエアースタンスで構え、重心は体の中央に置きヘッドをやや投手方向に向けた状態で無理のない構えから、重量感を感じさせるものの力みを感じさせない雰囲気がある。

やや早めの始動で左足を上げ軸足にタメを作る。充分に引きつけてから左足を着地させ上体の回転が始まる。この時直球であれば左足着地と同じタイミングで回転が始まり変化球であれば左足を着地してからもう半テンポ左足でリズムを加えて回転が始まる。

中央にある重心をそのままに大きな体重移動はなく、中心を起点に回転する。肩もフラットのままで上下運動が極端に少ないため、スイングの軌道はとても綺麗で無理にコンパクトにまとめられたわけでもなく、大きく外回りしたロスの多いスイングでもなく、理想的な弧を描いている。

フォロースルーは大きく最後まで振り切るフォームから打球の鋭さにも十分うなずける。

全体的なイメージとして威圧感はないし、いかにもパワーヒッターと言う雰囲気があるわけでもない。センスやスイングスピードがずば抜けているのもしっかり伝わってくるがそれ以上に教科書通り。野球を始めた小学生の頃に最初に習う打撃フォームそのままで全く癖がなく基礎がしっかりしているイメージ。

縦横、両方の軸がしっかりしているため、そうそう大崩れはしない計算のつく打者と言える。

 

経歴

高校では1年夏から4番三塁手としてレギュラーの座につき夏の大会では5試合で19打数6安打打率.316、本塁打2、打点10と結果を残す。

デビュー戦で3ラン本塁打、準々決勝で三塁打、二塁打1本ずつを記録した。’16年秋季大会では都大会優勝、神宮大会準優勝に大きく貢献。都大会決勝では日大三高櫻井周斗からライトスタンドにサヨナラ3ランを放ち、神宮では福岡大大濠三浦銀二からタイムリー3本、打点4をマークした。

成績

’16年秋 選抜都大会

8試合、28打数12安打、打率.429、二塁打2、三塁打1、本塁打1、打点12、三振2、四死球8、出塁率.556

’16年秋 神宮大会

3試合、9打数5安打、二塁打1、三塁打1、本塁打1、打点6、三振2、四死球5、出塁率.714

 

注目point

安定感の高い打撃フォーム!

縦横両方の軸がしっかりしている野村の打撃フォームは内・外角に体を合わせて体重移動させたりはしない。その場で軸をぶらさず自分のスイングをする為、自分から迎えにはいかずしっかり球を呼び込んでいる。

じっくり呼び込む分やや遅めに回転が始まるがスイングスピードが速いため差し込まれたりはしない。球種、コースをしっかり見極め自分のスイングができるところにくるまで待ってからフルスイングする野村の打撃フォームは見ていて惹きつけられるものがある。ホームラン数も気になるが是非スイング自体にも注目していただきたい。

 

プロフィール

右投右打  身長172cm体重80kg

守備位置:三塁手

小学1年生から軟式野球を始め中学から大阪福島シニアに所属U-15日本代表に選ばれアジアチャレンジマッチに出場。5番・一塁手を務めた。チームメイトには報徳学園の小園海斗、神頭勇介がいる。

 

第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

 

 

 

 

参考書籍:ホームラン センバツ 2017

参考サイト:ドラフトレポート-FC2