春季関東大会初日の結果

 

 

健大高崎(群馬2位) 対 石岡一(茨城4位)

勝敗予想:12-2で健大高崎の勝利。

結果

初回から猛攻を仕掛けた健大高崎が8回コールドで初戦を突破。高山、小野寺に盗塁がでたり、警戒していた小野寺、安里に長打が飛び出すなど健大高崎は自分達の野球を貫いた。投げても先発の小野が6回0封とゲームメイク。その後は片倉、長島とセンバツ未経験の投手にも経験が積めた投手陣。収穫の多い試合となった。

 

前橋育英(群馬1位) 対 駿台甲府(山梨2位)

勝敗予想:5-3で前橋育英の勝利。

結果

 

今大会初の延長戦になったこの試合。息詰まる0更新の中、延長戦からタイブレーク方式を導入。8回途中からマウンドに上がった丸山が10回表のピンチを切り抜けると、10回裏、1アウトランナーニ、三塁から2番黒澤のレフトフライでサヨナラタッチアップが決まりゲームセット。センバツ帰りの前橋育英に善戦した駿台甲府の夏が楽しみだ。

横浜(神奈川2位) 対 土浦湖北(茨城3位)

勝敗予想:9-0で横浜の勝利。

結果

初回、長南の先頭打者ホームランで先制した横浜が圧巻の7回コールドで初戦を突破。注目の横浜・万波中正は7回1アウトからマウンドに上がり、自己最速の145キロをマーク。後続をキッチリ打ち取って次の試合に繋げた。

 

東海大相模(神奈川1位) 対 千葉敬愛(千葉2位)

勝敗予想:6-4で東海大相模の勝利。

結果

千葉敬愛・先発の新原の立ち上がりを攻め立てた東海大相模が打で圧倒したこの試合。東海大相模の4番・森下は2塁打、3塁打を1本ずつ放つ4安打で大暴れ。3番黒澤にも一発が飛び出すなど全国制覇を狙うチームの実力が露になった。