第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

 

 

 

 

 

第89回選抜注目選手

冨樫颯大2年(とがしそうた)

 

著作者: freedesignfile.com

 

肉体改造が選抜制覇の道?北のNo.1から全国No.1への体重増とは!

 

 

ポテンシャルと特徴

MAX139km/h。スライダー、チェンジアップ、カーブを操るサウスポー。

特徴:ノーワインドアップで背筋が張り、胸元にグラブを構えて左足を一歩引き一呼吸置く。ゆっくりと右足を上げてベルトよりもやや高い位置で一度静止し、タメを作る。

狙いを定めたら右足を蹴り降ろすように前に突出して一気に体重移動。お尻を先頭に投球方向へ体を滑らせ、右足が地面をつかむのと同時に上体を回転させる。

テイクバックは大きいが無駄のない回転で肘から左腕が出てくる。ムチのようにしなやかな左腕からボールがリリースされる瞬間、左足の蹴り上げでボールに体重を乗せてスピンをかける。

体に巻きつくようにフォロースルーされた左腕が前かがみになっている冨樫の背中の上から見えるくらい腕は振り切られている。

直球、変化球ともにフォームに違いはなく打者一巡での攻略は難しそうだ。

 

経歴

高校では1年春からベンチ入り。2年春に背番号「11」をつけて甲子園に出場。木更津総合(千葉)との初戦に2番手として救援したものの2点を失い初戦で敗れている。

「良い真っ直ぐだが、全国では通用しないしぞ」と菊地雄人監督に言われていたストレートに磨きをかけ、今秋から背番号「1」となり、2年連続優勝、神宮大会出場に導いた。神宮大会では1試合に登板し7回1/3、13安打、4失点と打ち込まれてマウンドを降りた。

 

成績

’16年秋 北海道大会

4試合、24回、打者102、被安打14、奪三振13、与四死球4、失点5、防御率1,87

’16年秋 神宮大会

1試合、7 1/3回、打者36、被安打13、奪三振3、与四死球1、失点4、防御率5,14

 

注目point

体重を乗せたアウトローの直球!

制球力、球速、キレ、フォームどれをとっても質の高さを感じるが、線が細いため球質の軽さが最大の欠点で、そこの克服が今冬の課題だろう。

左足の蹴り上げ等のフォーム改善で一定の球質が改善された様だが菊池監督に伝えられた「全国で通用する直球」にはまだ軽く見える。

’16年夏優勝(現西武)の今井達也投手も先の細い投手だったが長い手足をうまく使いかなり低い位置まで重心を下げたフォームのおかげで球の軽さは感じられなかった。富樫に至っては今井投手程のリーチは無い。やはり体重増が必須の冬だと予想できる。

今の精度のまま、あと5キロ体重が増えた冨樫の速球には抜群の魅力が出るだろう

140km/h台の重いスピンの効いたストレートはもちろんプロ注目になるし、その一球でで選抜制覇も見えてくる。ものすごい可能性の秘めた肉体改造による重いアウトローを見せてくれることを祈る。

 

プロフィール

左投左打  身長178cm体重74kg

守備位置:投手

小学2年生から軟式野球を始め中学時代に札幌東BBCに所属。

 

 

 

第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

 

 

 

参考書籍:週刊ベースボール

参考サイト:高校野球ドットコム