第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

 

 

 

 

第89回選抜注目選手

長谷川 拓帆2年(はせがわたくほ)

 

著作者: freedesignfile.com

 

 東北NO.1左腕・仙台育英 長谷川拓帆の三振量産の理由と得意な打席は右?左?

 

 

ポテンシャルと特徴

MAX143km/h。スライダーカーブスプリットチェンジアップと多彩な変化球も操る力投型のスリークォーター。

特徴:ノーワインドアップで胸元にグラブを構えスムーズに右足が上がってくる。右膝がベルトの位置を越えるあたりから投球方向へ体重移動が始まる。

重心を前に持っていきながら同時に軸足を折りつつ上体を下げていく。右足が地面をつかむと左腕がテイクバックを大きく取り、打者から背番号が見えそうなくらい右肩がクローズ気味に入ってくる。

大きくテイクバックをとっていた左腕の遠心力とスムーズな体重移動が相まって強く腕を触れている。クローズ気味に使う右肩のおかげで上半身のねじりの可動域は大きくなり粘りのある投球ができている。

全体的な流れはスムーズで一連の動作がきれいなため、一見打者からすればタイミングを取りやすそうだが右肩をクローズ気味に使うことで投球に粘りが生まれ、ボールにキレがある為そうそう打ち込まれたりはしない。

ただ、リリース直前にアゴが浮く傾向があり細かいコントロールに精彩を欠くことがある。強く振られている左腕も力みが残るのか、フォロースルーに硬さが見られ握力低下につながり、スタミナ切れを招く原因となる。

この辺の解消が今冬の課題と言えるだろう。

 

経歴

高校では2年春からベンチ入り。新チームの秋季大会から背番号「10」を背負い4試合に登板し、2完封を含む24回無失点、28Kの貢献で5連覇を達成する。

東北大会から背番号「1」としてチームをけん引。4試合に登板し、1完封を含む31回失点3、 24三振、防御率0.87で東北大会優勝、神宮大会出場を決めた。

続く神宮大会では初戦・履正社に6回3失点とノックアウトされるが自己最速の143km/hをマーク。

一躍注目を集めるようになった。

 

成績

’16年秋

宮城大会

4試合、24回、被安打8、奪三振28、与四死球5、失点0、完封2、防御率0,00

東北大会

4試合、31回、被安打14、奪三振24、与四死球11、失点3、完封1、防御率0,87

神宮大会

1試合、6回、被安打3、奪三振4、与四死球8、失点3、防御率4,50

 

注目point

左打者への攻撃的な投球!

神宮大会では履正社相手に6回3安打3失点とまずまずの結果だが、8四死球で自滅した。ただ、この8四死球のほとんどが右打者で左打者へはかなり強く攻めれていた。

特に警戒していた安田尚憲に対し、第一打席に全て内角攻めの四球で餌をまき第二打席は外のスライダーで三振第三打席も内角をうまく使ってセカンドゴロ2打数0安打1三振と全く仕事をさせなかった。

右打者への課題は残したが左打者への投球は光るものがある。選抜では是非、対左打者の投球術に注目していただきたい。

対履正社戦があれば安田のリベンジも楽しみの一つになりそうだ。

 

プロフィール

左投左打  身長177cm体重80kg

守備位置:投手

小学6年生時に楽天ジュニアに選出。中学時代は軟式野球部に所属し中3夏に全国を経験している。

 

 

 

第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

 

 

 

参考サイト:ドラフトレポート-FC2、高校野球ドットコム