ここまでの流れ

松山商VS熊本工 第78回 夏 決勝戦

 

image

 

立ち直る熊本工背番号10園村

3回表

 

松山商2点差で入る3回の攻撃は4番渡部。内外、ストレートとカーブを散らしてカウント2-1。4球目外角ストレート鋭い当たりは一塁側アルプスへ、ファール。カウント2-2。

内外野超満員の甲子園球場。熱気が増す。

渡部はこの打席8球粘ってフォアボール。

 

ノーアウトランナー1塁。

 

5番石丸、初球内角カーブを一塁側へ送りバントこれを園村が処理して一塁へ。1アウト。送りバント成功。

 

1アウトランナー2塁。

 

得点圏にランナー置いて6番向井。前打席フォアボール。初球内角カーブ、見送ってストライク。2球目同じコースにカーブ、これを打ち損じてセンターフライ。2アウト。

 

2アウトランナー2塁。

 

7番久米、前打席は押し出しのフォアボール。初球外角カーブ、見送ってストライク。2球目外角にカーブ、待ってたカーブをジャストミート。鋭いピッチャー返し!園村これをしっかりキャッチ!ファインプレー!3アウト。

 

隙がない松山商背番号10新田

3回裏

 

9番ファインプレーの園村。カウント1-0から内角カーブ詰まってセカンドゴロ。1アウト。

先頭に戻って1番野田、カウント0-1から外角ストレート引っ掛けてセカンドゴロ。2アウト。

2番坂田、カウント1-0から外角ストレートやや詰まったフライはセンター方向、久米前進、つかんで3アウト。

新田この回6球で切り上げる。

 

2アウトからの四球

4回表

 

ここから中盤へ。松山商アルプスには“夏将軍”の横断幕。夏4回の優勝経験からこう呼ばれるようになった松山商。

 

攻撃は松山商、8番新田から。外中心にカーブとストレートでストライクの出し入れ。カウント2-2からの6球目外角カーブを振らされてボテボテのショートゴロ。1アウト。

9番深堀、ストレートのフォアボール。園村今日5個目のフォアボール。

 

1アウトランナー1塁。

 

バッターは先頭に戻って今大会全試合安打を放っている1番吉見、ストレートのフォアボール。どうしても安定を掴めない園村。しかし、ベンチは動かない。

 

1アウトランナー1,2塁。

 

得点圏にランナー置いて2番星加、今日2打数1安打。外にカーブ3つでカウント0-2、外に1球ストレートの釣り球見送ってボール。1-2、5球目内角カーブ詰まらされてサードゴロ。2アウト。この間に各ランナー進塁。

 

2アウトランナー2,3塁。

 

チャンスで強打者今井、今日1安打。2球目内角ストレートを強打!痛烈な当たりはピッチャー返し!園村しっかり掴んで、一塁へ。3アウト。

なんとか傷口を広げずに済んだ熊本工。

 

4回裏

 

熊本工はクリーンナップから。3番本多、初球内角カーブをセーフティバント。切れてファール。カーブ続けてカウント1-2。4球目内角スライダーを空振り三振。1アウト。

4番西本、外2つで、0-2。3球目外角スライダー引っ掛けてセカンドゴロ。2アウト。

決勝戦に進んできたチームのクリーンナップを簡単に片付ける2年生ピッチャー新田。熊本工アルプスは中々ボルテージが上がらない。

5番古閑、ここは粘ってフォアボールを選択。

 

2アウトランナー1塁。

 

6番澤村、1打席目にエラーで出塁、今日2打席目。カウント1-1からの3球目、外角ストレート。三遊間へ速いゴロ、2塁キャンパスにスタートを切っていた深堀は逆を突かれた形。バックハンドで飛びついてこれを捕球、2塁投げれず1塁も間に合わない。澤村、この試合のラッキーボーイになれるか。

 

2アウトランナー1,2塁。

 

2アウトながらチャンスの熊本工。打席には7番境、今日は1安打1打点。初球低めのストレート、ボール。2球目外角ストレート見送ってストライク。3球目外角カーブ外れてボール。カウント2-1。4球目内角ストレート勝負球!境詰まって外野へ浅いフライ。深く守っていたレフト向井、前進。胸元で捕球して3アウト。

 

両投手2アウトからのフォアボールでピンチを作った4回を無事に終えて試合は折り返しの5回へ。以前3-1のまま。ワンチャンスで戦況変わるこの点差ではまだまだ試合は分からない。追加点の欲しい松山商。追いつきたい熊本工。背番号10の投げ合いは続く。