清宮ナイター生中継

 

 

東京MX一部コーナーで

 

 

今秋ドラフトの目玉早実・清宮幸太郎内野手が宿敵日大三と激突する27日の春季高校野球東京都大会決勝のナイターを、東京MXが春季大会では初めて生中継することがわかった。

「TOKYO MX NWES」(18:00〜18:30)の1部コーナーで、試合冒頭の模様などが中継される。同局では例年、夏の東・西東京大会を中継。編成部関係者は「ニュース番組内での情報の取り扱いはありましたが、春季都大会の生中継は初」と明かした。

東京都高野連は4強が出揃った時点で、「混雑が予想でき、安全を確保するため」と決勝を予定の23日から27日へ変更。MX編成部では「東京の高校野球では初のナイター開催な上、非常に注目を集めている高校同士の対決となるから」と、ともに今春センバツに出場し、昨秋の都大会でも争ったライバル決戦の中継を決めた。

番組の放送は、試合開始と同時刻から30分間。関係者は「当日の他のニュース次第で、中継の時間は決まっていません」という。もし、日大三が先攻で初回に猛攻なら。中継内で清宮に打席が回らない展開もあり得る。目が離せない。

 

清宮の前に東都2試合

東都大学野球連盟は24日、東京六大学リーグの結果を受け、25,26日に予定していた試合を順延し27日に春季高校野球東京都大会決勝の早実対日大三の前に、2試合行う事を発表した。試合開始は通常通り、第1試合11:00、第2試合13:30。特別延長規定を設け、第1試合は14:00、第2試合は17:00を越えた場合、新しいイニングには入らない。延長は最大15回となる。

 

九州大会2回戦結果

 


画像引用先:朝日新聞

 

秀岳館(熊本) 7-0 西日本短大付(福岡)

日南学園(宮崎) 0-2 鹿児島実(鹿児島)

美里工(沖縄) 2-1 熊本工(熊本)

九産大九州(福岡) 7-1 佐賀北(佐賀)

美来工科(沖縄) 2-1 文徳(熊本)