第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

 

 

 

 

 

第89回選抜注目選手

後藤克基2年

著作者: freedesignfile.com

 

スイング軌道は落合博満?華のある打撃フォームを徹底分析!

 

 

ポテンシャルと特徴

通算本塁打25本。遠投100m。50m、6秒2。

近畿大会で場外弾を放つ規格外のパワーと広角に打ち分ける器用さを持つ3番バッター。

特徴:スクエアスタンスで重心は体の中心に置き、軽く膝を曲げる程度で土台は割とリラックスしているように見える。心持ちヘッド寝かせて肩よりも低い位置にグリップを構え、ヘッドをぐるぐると回しながらタイミングを図る。

投手が前足を下ろし始めた段階で左足を高々と上げ、グリップは肩の位置まで上げたところで固定。

リリースと同時に上げた足を前に蹴り出し地面を強くつかむ、ここでようやく打撃方向に体重移動が行われ軽く左足に重心をかけながら上体を回転させる。

遠心力を十分に生かしたスイング軌道で、ヘッドが体の回転に合わせた弧を描き、ボールをすくい上げるようなイメージで、打つと言うよりは運ぶといったところか。

元中日GM落合博満氏のスイング軌道によく似ている。

全身をうまく使った打撃フォームで躍動感に溢れる。フォロースルーも大きくスイングに華のある打者である。

 

経歴

高校では1年春からベンチ入り。1年夏から3番キャッチャーのレギュラーを獲得。1年秋の近畿大会では打率.424、打点5、盗塁3を記録し準優勝に大きく貢献。2年春の選抜に出場した。

選抜では13打数6安打の活躍で8強入りを果たす。2年夏の県大会は4強で敗退。同年秋に県初優勝を飾り近畿4強入りを果たし、2年連続の選抜出場を確実にした。

 

成績

’16年春 甲子園

3試合、打率.462、13打数、6安打、打点4、三振4、盗塁1、二塁打2本。

’16年秋 県&近畿

8試合、打率.452、31打数、14安打、打点5、三振1、二塁打3本、本塁打1本。

 

注目point

インハイ直球の強打!

全身を使い躍動感のある打撃フォームは華はあるしパワーも伝わりやすい。しかし大体の人は諸刃の剣で足を大きくあげたりしていると上下運動が生じてしまうため、頭がブレてボールをしっかり捉えきれず打ち損じが多くなってしまう。

その打ち損じを嫌って履正社の安田尚憲智辯学園の福元悠真などの強打者でさえステップは小さい。

しかし後藤の場合、足の上げ下げの時も体重移動の時も頭の位置はほぼ動かない。あれだけ大きいスイングをしてフォロースルーも大きいのにコンタクトの瞬間をとらえている顔はその場にしっかりと残っている。

スイングの大きい打者によくあるデメリットを解消している分、長打の多さに十分納得できる。

しかし、最大の弱点が1つだけ残っている。

それは体に最も近いインハイの処理である。ヘッドが外回りの分どうしても差し込まれやすい。

スイング軌道の似ている落合氏がインハイを打つときは若干体の開きが早く、トップが内回りの軌道に変わる。ヘッドは下げず右肘をコンパクトにたたんで体に近い位置でとらえる。フォロースルーも右手首の返しもセンター方向に運ぶため、インハイでも特別差し込まれている印象はなかった。

リストの強さと体の使い方の上手さが求められる打ち方であり、かなりハイレベルな打撃センスを必要とする。

苦手なコースの少ない後藤に唯一の難所になるであろう内角攻めは、当然の策であり、逆を言えば後藤自身も初球から狙いに行きやすい配球となるだろう。その辺のバッテリーとの駆け引きも見所の1つとなりそうだ。

 

プロフィール

右投右打  身長173cm体重76kg

守備位置:捕手

小学3年生から野球を始め中学時代は神戸中央シニアに所属。チームメイトに智辯学園の太田英毅がいる。3年の夏に全国準優勝。決勝戦の相手は千葉の佐倉シニアで投手は東海大市原望洋の金久保優斗

同年のジャイアンツカップも3位入手を果たしている。

 

 

 

 

第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

 

 

 

参考サイト:ドラフトレポートFC2