第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

 

 

 

第89回選抜注目選手

川端健斗2年(かわばたけんと)

 

著作者: freedesignfile.com

 

この春全国の注目を集めるサウスポー、伸び代を生かせるか?

 

 

ポテンシャルと特徴

MAX145km/h。直球中心の力投派左腕。スライダーカーブチェンジアップを操る。

特徴:ノーワインドアップで腹の位置にグラブを置く。ゆっくりと左足をプレートにかけ、グラブと右膝をゆっくり持ち上げる。膝が胸元付近まで来ると両手を離し、グラブは投球方向へ向き、左腕はブランと垂れ下げてタメを作る。

左腕のテイクバックは外回りの旋回で右肩を閉じて投球方向とは反対の捻りを加える。

お尻から体重移動を投球方向へ進め、軸足を折りながら一気に上体を下げていく。ガッチリと地面を掴み、グラブを抱え込みながら胸を張り大きなテイクバックのとられた左腕がしなやかな肩、肘に吊られてムチのように真上から振り下ろさせる。

フォロースルーに余計な力みは感じられず、リリース時にキチンとボールに力を伝えきっているのがよく分かる。

力投派感が全面的に出ている投球スタンスで見ているものを魅了する力も持っている。ただ、直球、変化球共に上滑りしやすい傾向がある為、選抜までの課題となりそうだ。

 

 

経歴

高校では1年秋から投手としてベンチ入り。秋季熊本大会を制し、九州大会に出場。準決勝で2 2/3回を投げ0封を記録し九州制覇にも貢献した。

選抜に出場した2年春、最速137km/hのストレートで1 2/3回を被安打2、奪三振1、自責点0の結果を残し甲子園デビューを果たす。

2年夏の県予選では3試合に登板し、9 1/3回を投げ、決勝の九州学院戦をで見せた4者連続三振を含む8奪三振、自責点1、防御率0.96を記録し、春夏連続県優勝に貢献した。

続く甲子園では4試合のうち3試合に先発し、1勝1敗、13 1/3回、14奪三振、自責点3、防御率2.03の成績で初の4強入りを経験した。

2年秋の新チームからエース・田浦との二枚看板を務め、2年連続の県優勝を飾る。九州大会では準々決勝に先発し、被安打6、奪三振14、失点1の好投の甲斐あって4強入り。2年連続、3期連続の甲子園出場を決めている。  

 

成績

’16年春 甲子園

1試合、1 31回、被安打2、奪三振1、与四死球2、自責点0。

 

’16年夏 県大会

3試合、9 1/3回、被安打4、奪三振8、与四死球5、失点1、防御率0.96

甲子園

4試合、13 1/3回、被安打10、奪三振14、与四死球6、失点3、防御率2.07

 

’16年秋 県&九州

6試合、29回、被安打16、奪三振32、与四死球9、失点4、防御率0.62

 

 

注目point

低目に集まる快速球と、ボール先行カウントからの変化球!

サウスポーで145km/hの直球ってだけでまずプロから注目され、高校生からすればそうそう簡単に打てる投手ではない。変化球の曲がり幅も大きいし、マウンド度胸も悪くない。

しかし、コントロールに難が残る。直球、変化球共に高めに集まりやすい傾向にある。

 

フォームから見てみると改善点は2点。

投球動作が始まり、体重移動をし始め、右足が地面を掴む瞬間の両肩の角度がまず1点。

(左右反対で見づらいと思いますが)

川端の場合、赤線のように前に出る右肩が上がり左肩が下がる。この方が反動がつく分スピードは出しやすいが、制球力に欠ける。

やはり、青線のように肩のラインはフラットに保つ投球フォームの方が制球力は上がるだろう。

 

2点目は踏み込んだ時の前足が震える。

簡単に言えば下半身に安定感がない。

上体の強さに下半身が追いついていない為、重心を掛けると支えきれず震える。当然上半身にも影響を与える為、制球力は乱れる。

改善策としては、走り込みの数が下半身を固め、安定感を生む。

下半身の安定感が増し、肩の使い方をマスターした川端の快速球が低めに集まり、カウント2-1,3-1から変化球でストライクを取れるようになれれば見逃し三振の数が劇的に増えると予想している。

田浦文丸との二枚看板で「3年で全国制覇」も現実味を帯びてきそうだ。

 

プロフィール

左投左打  身長175cm体重70kg

小学3年から軟式野球を始める。中学時代は南都ボーイズに所属。

チームでは3番手投手だった川端が鍛治舎監督率いる枚方ボーイズとの練習試合で登板し、才能を見抜かれ秀岳館入りを果たす。

 

 

 

 

第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎