第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

 

 

 

 

 

第89回選抜注目選手

田浦文丸2年(たうらふみまる)

 

著作者: freedesignfile.com

 

目指すは元木総・早川隆久投手の投球術!課題の投球フォームとは?

 

 

ポテンシャルと特徴

MAX144km/h。小柄ながらダイナミックなフォームの力投型左腕。スライダーカーブチェンジアップを操る。

特徴:腹下にグラブを置いてサイン交換を済ませ、ゆったりと振りかぶる。背筋がピンと張った状態でグラブが首をバウンドしてから全体が始動する。

ゆったりと上げた右足はややトルネード気味にしっかりと内に巻き込む。この辺から体重移動が始まりお尻から投球方向へ重心が動き出す。

依然ゆったりとしたフォームから右足が狭めの歩幅で地面を強くつかむ。ここから投球の動作にスピードが生まれ全体の動きが加速する。

強く踏み込んだ右足を軸に、キャッチャーに向かって肘を伸ばして構えていたグラブを、一気に抱え込み上体の回転にキレを与える。

大きくとられたテイクバックから上体の回転に吊られてしなやか左肩が回る。肘は伸び気味で遠心力をたっぷり使って左腕を振り切る。

強い腕の振りに負けて体が前に突っ込みすぎないように右足でブレーキをかけつつ、左足の蹴り上げによるボールに伝えるフィニッシュの一押しなど下半身の使い方がうまく粘りの効いたボールを投げる。

 

経歴

高校では1年時から控えとしてベンチ入り。1年秋から主にリリーフとして登板し、11 2/3回、13奪三振、防御率0,77の活躍で九州大会を制覇。

2年春の選抜でも2試合に登板し4 2/3回、8奪三振、3失点を記録し初の全国4強入りに貢献。

2年夏には全5試合2試合に登板し、16 1/3回、17奪三振、7失点とフル稼働で15年ぶりの県大会優勝を達成。続く甲子園では3試合に登板し、9 1/3回、5奪三振、失点2の好救援で春に続いて4強入りに貢献した。

新チームからは背番号「1」を背負い2枚看板の一角となり先発として奮起。熊本県&九州大会6試合、29回、34奪三振、失点7の快投で九州4強入りを果たし2年連続、3期連続の甲子園出場を決めた。

 

成績

’16年春 甲子園

2試合、4 2/3回、被安打3、奪三振8、与四死球5、失点3、防御率5,40

’16年夏 甲子園

3試合、9 1/3回、被安打7、奪三振5、与四死球4、失点1、防御率1,00

’16年秋 熊本&九州

6試合、29回、被安打22、奪三振34,与四死球12、失点7、防御率1,86

 

注目point

ボール先行カウントから投げる変化球!

比較的、前足が地面を強くつかみ体重移動の上手い投手だが、変化球になると前足の踏み込みがやや甘く後ろに重心が残りやすい。そのため肘が下がり、コントロールが安定していない時がある。

時として乱れることのある投球が田浦自身にも自覚があり今冬は変化球時の投球フォームの改善が課題となる。

投球フォームのばらつきでコントロールが乱れるのももちろん困るがそれ以上に配球を読まれてしまっては全国ではまず通用しない。昨春のベスト4を超えるためにも重大な課題である。

フォームが改善され変化球でも体重が乗ってくれば今以上に変化球にキレが生まれ、田浦のポテンシャルから考えば全国でも三振の山を築けるだろう。

更に肘が上がれば制球力も安定し投球に幅が増える。

昨夏ベスト8に輝いた木更津総合の早川隆久投手のようにボール先行からでもストライクの取れる変化球、勝負に行ける変化球を投げれる投手になっていることを期待しているし、そんな幅のある田浦を選抜のマウンドでは注目していただきたい。

 

プロフィール

左投左打  身長170cm体重75kg

守備位置:投手

 

小学時代から野球を始め、中学時代に糸島ボーイズに所属。中2夏にジャイアンツカップ準優勝を経験している。

 

 

第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

 

 

 

参考サイト:ドラフトレポート-FC2