第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

 

 

第89回選抜出場校が2017年1月27日15:00〜発表ということで前日に全出場校を予想し、勝手に抽選をして大会日程を組んでみました。

※尚、あくまで予想であり、独断と偏見で選んでおります。

 

 

出場校

北海道1枠

札幌第一(道1位)

 

東北2枠

仙台育英(宮城・東北1位)

盛岡大付属(岩手・東北2位)

 

関東4 or 5枠

作新学院(栃木・関東1位)

東海大市原望洋(千葉・関東2位)

前橋育英(群馬・関東Best4)

健大高崎(群馬・関東Best4)

 

東京1 or 2枠

早稲田実業(東京1位)

日大三高(東京2位)

 

北信越2枠

福井工大福井(福井・北信越1位)

高岡商(富山・北信越2位)

 

東海2枠

静岡(静岡・東海1位)

至学館(愛知・東海2位)

 

近畿6枠+神宮大会枠1

履正社(大阪・近畿、神宮1位)

神戸国際大付属(兵庫・近畿2位)

大阪桐蔭(大阪・近畿Best4)

滋賀学園(滋賀・近畿Best4)

智辯学園(奈良・近畿Best8)

報徳学園(兵庫・近畿Best8)

高田商(奈良・近畿Best8)神宮大会枠

 

中国2 or 3枠

宇部鴻城(山口・中国1位)

市呉(広島・中国2位)

創志学園(岡山・中国Best4)

 

四国2 or 3枠

明徳義塾(高知・四国1位)

帝京五(愛媛・四国2位)

 

九州4枠

福岡大大濠(福岡・九州1位)

東海大福岡(福岡・九州2位)

秀岳館(熊本・九州Best4)

熊本工(熊本・九州Best4)

 

21世紀枠

不来方(岩手・東北大会初戦敗退)

石橋(栃木・関東大会初戦敗退)

中村(高知・高知1位、四国大会2回戦敗退)

 

抽選方法

1,まず同じ地区同士で当たらないようにABと分ける。

AB
仙台育英(東北)札幌第一(北海道)
不来方(東北)盛岡大付属(東北)
前橋育英(関東・東京)作新学院(関東・東京)
早稲田実(関東・東京)東海大市原望洋(関東・東京)
石橋(関東・東京)健大高崎(関東・東京)
福井工大福井(北信越)日大三高(関東・東京)
静岡(東海)高岡商(北信越)
履正社(近畿)至学館(東海)
大阪桐蔭(近畿)神戸国際大付属(近畿)
智辯学園(近畿)滋賀学園(近畿)
高田商(近畿)報徳学園(近畿)
市呉(中国)宇部鴻城(中国)
明徳義塾(四国)創志学園(中国)
帝京五(四国)中村(高知)
東海福岡(九州)福岡大大濠(九州)
熊本工(九州)秀学館(九州)

 

2,AグループBグループに分け、あ、い、う、え、か、き、く、けの8つの班を作り、本抽選券を4枚ずつ割り当てる。

 

3,参加校の多い地区順にあ班、い班、う班、え班、か班、き班、く班、け班に振り分けられ本抽選券を引いていく。

 

4,参加校が4校以下の地区はあ、い、う、え、か、き、く、けのくじを引いてから4当分されている本抽選券を引く。

 

これで同じ地区同士は準々決勝までは当たらない。

これで第89回選抜高校野球大会のトーナメント表の完成。完全に予想というか妄想です。

 

 

大会初戦の見どころ

大会1日目3/19

第1試合

前橋育英 対 市呉

第2試合

仙台育英 対 履正社

第3試合

熊本工業 対 早稲田実

初日から神宮大会優勝校、準優勝校の登場で大いに盛り上がるであろう甲子園球場。19日は日曜日と言うこともあり選抜初日で超満員が予想される。履正社の安田早稲田実の清宮と東西のNo.1スラッガー、高校生最速右腕熊本工山口も登場する。

 

大会2日目3/20

第1試合

大阪桐蔭 対 明徳義塾

第2試合

帝京五 対 智辯学園

第3試合

石橋(21世紀枠) 対 静岡

2日目も優勝候補の大阪桐蔭と明徳義塾が第1試合から激突。中学時にMAX146km/hを計測した大阪桐蔭・根尾昂は登板するのか?第2試合に登場ディフェンディングチャンピオン智辯学園が太田、福元とプロ注目のスラッガーを擁して連覇を狙う。

 

大会3日目3/21

第1試合

高田商 対 不来方(21世紀枠)

第2試合

東海大福岡 対 福井工大福井

第3試合

作新学院 対 宇部鴻城

北信越大会でサイクル安打を達成した福井工大福井・山岸が第2試合に登場。第3試合’16年夏の覇者作新学院が夏春連覇を狙って登場。関東大会1位と実力は充分。

 

大会4日目3/22

第1試合

札幌第一 対 神戸国際大付属

第2試合

至学館 対 東海大市原望洋

第3試合

滋賀学園 対 創志学園

第1試合地区大会100打点の札幌第一が登場。愛知私学4強を全てサヨナラ勝ちにしてきたミラクル至学館と大会注目右腕MAX147km/h・金久保擁する東海大市原望洋が第2試合に激突。第3試合は2年連続の選抜出場校対決。

 

大会5日目3/23

第1試合

中村(21世紀枠) 対 報徳学園

第2試合

健大高崎 対 秀岳館

第3試合

高岡商 対 福岡大大濠

第1試合スーパー1年生小園、神頭擁する報徳学園登場。機動破壊継承の健大高崎と『3年で全国制覇』のマニフェスト掲げる鍛治舎監督が率いる3年目の秀岳館は第2試合で激突。神宮大会Best4福岡大大濠・エース三浦、通算本塁打41本の古賀、プロ注目バッテリーがここで登場。

 

大会6日目3/24

第1試合

盛岡大付属 対 日大三高

第2、第3試合は2回戦。

第1試合、大会注目左腕桜井、超大型スラッガー金成擁する日大三高と夏ベンチ外からの大抜擢エース平松擁する盛岡大付属との一戦。

 

最後に

いかがだったでしょうか。あくまで参加校の予想と選抜の抽選方法を使ったらこんなトーナメントができたので対戦させるとしたら、といった具合です。しかし、こうやって対戦カード組んで見所を探ると楽しみになってきますね。実際の参加校発表は2017年1月27日抽選会は2017年3月10日開幕は3月19日です。全出場校が決まり次第また予想トーナメントを組み直して今大会の展望を予想していきます。

 

 

 

 

第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎