第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

 

第89回選抜出場校

至学館(当確)

私学4強に全てサヨナラ勝ち「神ってる」勝利の連続で夢に大きく前進

 

 

「夢のような気持ちです。子供たちの底力の恐ろしさを感じました。驚きで言葉になりません」

麻王義之監督が興奮冷めやらぬ表情でそう語ったのは準決勝の中京大中京戦の後。「あと一球」から逆転したこの試合に象徴されるように、この秋はまさに〝ミラクル至学館〟だった。愛知大会初戦で愛工大明電を延長10回5対4のサヨナラで下すと、中部大春日丘にも延長11回1対0のサヨナラで勝利。東邦戦は4対1で迎えた9回表に一挙6点を失い逆転されるが、その裏に4点を奪って逆転サヨナラ。3位決定戦の享栄戦も3対2のサヨナラ勝ち。愛知の誇る「私学4強」すべてにサヨナラ勝ちする神がかった試合を連発した。

 

初の選抜出場を決めた左右のダブルエースと工夫

「見ての通り、力のないチーム」と麻王監督が言うように突出した選手はいない。我慢して終盤勝負に持ち込み、粘り勝つのが持ち味だ。その戦いが出来る要因は投手陣の踏ん張り。先発の左サイド・川口龍一が内角攻めで中盤まで試合を作り、後半は右腕・新美涼介がキレのいいスライダーとチェンジアップで相手を封じる。川口を外野に置き、左の強打者でワンポイント登板させる策もハマった。

練習グラウンドがなく環境にも恵まれないが、守備ではけん制、攻撃ではバリエーション豊富な重盗など細かいプレーで相手にかく乱を誘い、いつもの野球をさせない。「これこそ、ザ・高校野球」(麻王監督)という〝弱者の戦法〟で初の選抜出場を当確まで登りつめた。

 

 

戦績

東海大会

決勝

静岡

静岡:竹内、池谷-森

至学館:川口、新美-井口

▽三塁打 森(静)

▽二塁打 藤田(静)

▽盗塁 大石(静)

▽ 失策 村松(静)、大谷(至)

▽ 暴投 池谷(静)

 

準決勝

中京大中京

中京大中京:香村、磯村-佐古

至学館:川口、新美、川口、新美-井口

▽三塁打 木村(至)

▽二塁打 竹田(中)、沢井(中)、諸橋(中)、谷中(中)、新美(至)

▽盗塁 沢井(中)

▽ 失策 伊藤(中)

▽ 暴投 新美(至)

 

2回戦

多治見

多治見:河地、山田

至学館:川口、新美、川口、新美-井口

▽三塁打 藤原連(至)

▽盗塁 定塚(至)

▽失策 佐藤(至)

 

1回戦

対 菰野

(7回コールド)

至学館:川口、新美-井口

菰野:村上、岡林-元山

▽三塁打 鎌倉(至)

▽二塁打 木村(至)、三浦(至)

▽盗塁 藤原(至)、木村(至)、三浦(至)

▽ 失策 田中和(菰)、田中法2(菰)、梅村(菰)、藤原2(菰)

 

メンバー

背番号名前学年投/打
1新美 涼介右/右
2井口 敦太右/右
3吉見 伸也右/左
4藤原 大介右/両
5鎌倉 祐人右/左
6◎木村 公紀右/右
7三浦 信平右/左
8藤原 連太郎右/右
9定塚 智輝右/左
10川口 龍一左/左
11橋詰 拓右/右
12鈴木 俊介右/右
13岩井 基起右/右
14中根 健太右/左
15花岡 健太右/右
16清水 唯人右/両
17脇 直矢左/左
18大谷 康稀右/左
19笠川 隆介右/右
20清水 瑶央右/左
記録員寺沢 ありす

 

 

新・至学館のイメージ

 

6年ぶりの甲子園。その立役者とは?

2011年夏に甲子園に初出場をして以降、甲子園が遠い至学館は今夏も2回戦に愛工大明電と当たり9-2と大敗。

長年、愛知私学4強(中京大中京、東邦、享栄、愛工大明電)が牛耳っていた甲子園の切符を6年振りに手に入れた。(選抜は初)

その立役者は先発の左サイド・川口龍一。火消し役の右腕・新美涼介の左右のダブルエースである。

右腕・新美は最速135km/hと特別速い速球は無いものの、スライダー、チェンジアップなど、緩急をつけた投球が持ち味。左腕・川口も同様の投球スタイルだ。球の出所が違うだけで、配球を読まれればひとたまりも無いが、そこは1年生キャッチャー井口の好リードで何度もピンチを切り抜けてきた。

また、川口を外野に置いておいて左打者が来た時にだけワンポイントで登板させ、また新美をマウンドに戻すなど麻王監督の細やかな采配も光った。

 

〝ミラクル至学館〟

愛知県大会、東海大会を語るのはこの言葉に限る。

 

愛知県大会 1回戦 対 愛工大明電 延長10回 4-5サヨナラ

準々決勝 対 東邦 9回表に6点失うもその裏に4点取り返して7-8 逆転サヨナラ

3位決定戦 対 享栄  2-3 サヨナラ

東海大会 準決勝 対 中京大中京9回裏に3点奪って3-4 逆転サヨナラ

 

愛知私学4強全てからサヨナラ勝ちを収めている。正に高校野球の醍醐味そのものではないだろうか。総合力、個々の能力は、申し訳ないが私学4強の方が上だろう。しかし、県大会1回戦で愛工大明電からサヨナラ勝ちを奪ったことで、自信をつけ、自分達の野球を信じ、最後のアウトが取られるまで負けていないと全てのメンバーが強豪に立ち向かった姿勢がこの結果である。

 

〝最後のアウトが取られるまで負けていない〟

これを心の底から全てのメンバーが信じているのは、負けたらお終いの高校野球を勝ち抜いていく上で相当な勝算になる。

細やかな采配、工夫のある戦略、勝利を信じる心。スーパースターはいないが、心技体、そして全員で勝利を取りに行く至学館は選抜で台風の目になりそうだ。

 

チームランキング

※都道府県ブロック予選を抜いた、地区大会及び、神宮大会での成績をもとに打率、出塁率、盗塁率(盗塁成功数÷出塁数)、防御率、平均得点にランキングをつけて出した順位

総合28位タイ

打率.184(31位)、出塁率.256(30位)、盗塁率3.13%(23位)、防御率2.38(8位)、平均得点4(24位タイ)

 

第89回選抜結果 至学館

打数/安打数二/三/本塁打四死球盗塁数
36/41/0/033
打率長打率出塁率盗塁率打点
.111.250.179.4295
イニング/失点被安打奪三振与四死球暴投
12/614460
防御率球数被本塁打対打者数ボーク
4.502160540

 

 

 

第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

参考書籍:ホームラン センバツ 2017