第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

 

 

大会12日目決勝戦

 

 

大会12日目・4月1日

第89回選抜高校野球大会12日目決勝戦は、履正社対大阪桐蔭の史上初、大阪勢同士の一戦となった。大会注目のスラッガー安田擁する履正社はパワーで圧倒。スーパー2年生根尾昂を始めとする走攻守の総合点が高いスーパースター軍団大阪桐蔭は変幻自在の攻守で優勝を狙う。2試合連続再試合など珍しい記録も目立った今大会のフィナーレを飾る。

 

 

決勝戦

履正社12-5:日大三1-0:市呉8-1:盛岡大付属6-4:報徳学園

対 

大阪桐蔭11-0:宇部鴻城11-8:静岡4-2:東海大福岡2-1:秀岳館

予想は5-3で履正社の勝ち。

 

青字をクリックすると詳細がご覧いただけます。

 

全試合の成績履正社

打率:.280 長打率:.378 出塁率:.287 二塁打数:11 三塁打数:1 本塁打:2 盗塁数:0

防御率 :2.50  失点:10 奪三振数:21 与四死球:7

 

全試合の成績大阪桐蔭

打率:.310 長打率:.275 出塁率:.355 二塁打数:7 三塁打数:3 本塁打:1 盗塁数:4

防御率 :2.68 失点:11 奪三振数:29 与四死球:16

 

注目選手

竹田 祐(履正社)

4試合に登板し33イニング、8失点。防御率2.18。

初戦の日大三戦では打ち込まれたり、四球で荒れたりと落ち着かない場面もあったが、2回戦から安定の投球。市呉、盛岡大付属戦共に1失点完投。準々決勝・盛岡大付属戦では6回までパーフェクトピッチングを含む2安打1四球と試合を追うごとに調子を上げてきた。

 

安田尚憲(履正社)

14打数6安打、打率.429、二塁打3本、本塁打1本、出塁率.600。

1,2回戦こそ本来の打撃を失っていたが、準々決勝盛岡大付属戦で3安打、2本の2ベースヒットと本来の力を取り戻した。準決勝でも2安打、1本塁打と好調をキープ。決勝戦での一撃に期待がかかる。

 

西山虎太郎(履正社)

12打数5安打、二塁打3本、出塁率.500

驚異の8番バッター。安田に続く4割台。打点3とチャンスにも強い。5番から始まる打線に注目。

 

白滝恵汰(履正社)

2打数2安打、打率1.000、打点3。二塁打、三塁打1本ずつ。

代打の神様白滝。2回与えられたチャンスを全て活かせる勝負強さは接ったゲームで頼りになる。

 

徳山壮磨(大阪桐蔭)

4試合に登板し、32イニング、5失点、防御率1,41

抜群の制球力で打たせて取る投球スタイル。内角攻めが効果的で狙ってファールを打たせることのできる投手。複数のランナーを背負っても気負わず決定打を許さない堂々としたマウンドさばきに注目。

 

山田健太(大阪桐蔭)

16打数10安打、打率.625、二塁打2本、本塁打1本の頼れる中軸。準決勝も先制点、決勝打の2打点と好調をキープ。決勝は山田を先頭に置くか?

 

中川卓也(大阪桐蔭)

12打数5安打、打率.417

長打もなく、打点も1と打率の割に寂しい数字だが、中川の出塁から得点を生むことも多く、打線を引っ張るキーマン。1番か9番にいてくれると頼もしい存在。

 

 

 

 

 

第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎