第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

 

 

大会2日目1回戦、第2試合の結果とこれからの展望

 

 

大会2日目・3月20日

 

 

第2試合

報徳学園(兵庫)対 多治見(岐阜)

予想は8-2で報徳学園の勝ち。

注目選手

小園海斗(報徳学園)

通算本塁打3本。遠投110m、50m5秒8。強肩快足のセンス溢れる遊撃手。広角に打ち分けられるシャープなバッティングが特徴。

注目point:策があった上での初回、ファーストストライクのセンター前ヒット!

見逃し三振と本塁打:第一打席に見逃し三振を奪われたシーンはらしくないなと感じた。その後はファーストストライクを積極的に打ちにいったことで、3塁打、本塁打、など割と若いカウントから快音を響かせた。次の試合でも初球からの快音を期待したい。

 

 

結果

先攻:報徳学園)西垣、津高、大石、池上-篠原

後攻:中村)河地、柘植、前田、柘植-山田

▽本塁打:小園(報)

▽三塁打:小園(報)

▽二塁打:篠原(報)、片岡(報)、長尾(報)、

▽盗塁:永山(報)

 

 

試合経過

1回表、報徳学園は、2番永山、3番片岡、5番神頭の3本のヒットをつないで2点先制。

3回表にビッグイニングを作った報徳学園、先頭永山が2打席連続安打でチャンスメイクすると、長尾の2ベース、小園の3ベースヒットや6、7、8番の3連続安打を含む合計6安打。多治見のサード岡井が2つのフィルダースチョイスを記録するなどこの回8得点。

6回、報徳学園先頭は3打数3安打の永山がセンター前ヒットで出塁。4打数4安打。3番片岡2ベース、4番篠原サード強襲の内野安打と3連打。この回も2点追加。12-0。

7回にも4点追加、この回にも永山」は安打を放ち5打数5安打。

9回にはスーパー2年生小園に2ランホームランが生まれるなどこの回も5得点。

大当たりの永山は6打数5安打。

21対0で報徳学園の勝利。

 

まとめ&展望

21安打、21得点と大漁の報徳学園。注目の2年生小園に一発が飛び出すなど充実の初戦突破。攻撃で気になったのは単打のほとんどがセンターから右方向中心だったことだ。全体的にも小柄な選手が多く、目立ったスラッガーはいない。しかしこの打線にホームラン量産のスラッガーは最早いらないだろう。3連打を4回記録したこの打線に一撃必殺でも流れを止めてしまうホームランはむしろこのチームの勝利の方程式の意に反してしまうだろう。

単打で繋いで、機動力で相手を崩していく攻撃は次の前橋育英戦でも楽しみだ。また、エース西垣の成長が著しい。近畿大会では130km/h前半だったストレートもこの試合では140km/hを何度も計測していた。細かいコントロール、ブレーキの効いた変化球などまるで別の選手のようである。前橋育英戦でも当然先発を期待したい。

 

2回戦・報徳学園対前橋育英戦は4-1で前橋育英の勝利と予想しています。

 

青字をクリックすると予想結果の詳細と、注目選手の詳細がご覧いただけます。

 

第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎