第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

 

 

大会2日目1回戦、第3試合の結果とこれからの展望

 

 

大会2日目・3月20日

 

 

第3試合

中村(高知)対 前橋育英(群馬)

予想は3-1で前橋育英の勝ち。

注目選手

丸山和郁(前橋育英)

MAX143km/h。50m5秒9。俊足強肩の1番中堅手、救援左腕。スライダー、チェンジアップ、カーブ、特徴的なスローボールなども扱う。

注目point:左打者へのインハイ!

 

皆川喬涼(前橋育英)

MAX144km/h。スクワット280kg。遠投110m。50m6秒0。高校通算本塁打8本。

注目point:高めに逃げる140km/h後半のライジングボールと、バウンドする程低めに逃げるスライダー!

 

結果

先攻:中村)北原-中野

後攻:前橋育英)丸山、皆川、根岸-戸部

▽二塁打:一円(中)、小池(前)

▽盗塁:皆川(前)、堀口(前)、田中2(前)飯塚(前)

 

 

試合経過

共に初回を0点でゲームが始まった第3試合。2回、早くも中村のエース北原が4番飯島、5番戸部の連打でピンチを招くと1アウトランナー2,3塁の場面で7番田中の左中間へのヒットでランナー2人を返し前橋育英が2点先制。

その後は両投手スコアーに0を並べて折り返した6回6番堀口、7番田中の連打、盗塁で1アウトランナー2,3塁から8番小池のサード線を破る2ベースヒットでランナー2人が生還。4-0。

尚も1アウトランナー3塁の場面で1番丸山の1,2塁間のゴロをセカンドがファンブルしている間に3塁ランナー帰ってこの回3点目。5-0。

前橋育英は5回途中まで無失点の好投をしていた丸山から、皆川がマウンドに上がり7回まで無失点。8回から根岸がマウンドにあがる。

5-0で迎えた9回表4番一円の2本目となるヒットは2ベースヒット。2アウト3塁で6番岡上のセカンドゴロがイレギュラーしライト前に転がる。3塁ランナー帰って40年振りの得点が入る。

更に7番岡本が三遊間を破るヒットで繋ぐ。最後は8番武田の空振り三振でゲームセット。

21世紀枠出場の中村、最後まで北原がマウンドに一人で立ち続けた。

 

まとめ&展望

まんべんなく先発した選手にヒットがでた前橋育英打線。まずまずの初戦突破。一番光ったのが7番田中。秋までメンバー外も2安打2打点の大活躍。エース吉沢が故障で不在の中、丸山、皆川、根岸の継投がはまり1失点。3人とも140km/hの計測はなかったが130km/h後半を3人とも記録。まだ早い話だが、吉沢の復活した夏には140km/hカルテットが見られることが楽しみなチームである。

注目選手の丸山は秋のころと比べると下半身が一回り大きくなったように感じる。明らかに重そうな球質と、低めへのコントロール。注目pointのインハイはあまり見られなかったが左打者へのクロス気味に投げられる外の直球のコントロールが特に光っていた。

皆川も丁寧な投球でコーナーを投げ分け連打を許さなかった。

何よりも一番の注目株はラストの根岸。身長192cmの巨体は見ただけで圧倒される。角度の効いた重そうな直球と多彩な変化球で打ち取っていくタイプ。今の段階だと救援の機会が多そうか。これからが楽しみの選手だ。

2回戦は報徳学園。4-2で前橋育英の勝利と予想しています。

 

青字をクリックすると予想結果の詳細と、注目選手の詳細がご覧いただけます。

 

第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎