第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

 

 

大会4日目1回戦、第2試合の結果とこれからの展望

 

 

大会4日目・3月23日

 

 

第2試合

高田商(奈良) 対 秀岳館 (熊本)

予想は5-0で秀岳館の勝ち。

注目選手

田浦文丸(秀岳館)

MAX144km/h。小柄ながらダイナミックなフォームの力投型左腕。スライダー、カーブ、チェンジアップを操る。
注目point:ストライクの取れる変化球、勝負に行ける変化球!

 
川端健斗(秀岳館)

MAX145km/h。直球中心の力投派左腕。スライダー、カーブ、チェンジアップを操る。
注目point:低目に集まる快速球と、ボール先行カウントからの変化球!

 

結果

先攻:秀岳館)川端、西村-幸地

後攻:高田商)古川、杉田-竹村

▽本塁打:幸地(秀)

▽三塁打:川端(秀)

▽二塁打:木本(秀)、幸地(秀)、山崎(高)

▽盗塁:赤坂(秀)

 

試合経過

0-0で迎えた3回表、秀岳館は先頭のピッチャー川端がレフト線を破る3ベースヒットで出塁。続く1番半情のライト前ヒットで1点先制。1-0。

5回にビックチャンスが来た秀岳館は8番赤坂のレフト前ヒットで起点を作り半情、渡辺、木本の3連続安打、2アウトから7番幸地のレフトスタンドへの満塁ホームランもあり、この回一挙7得点。8-0。

6回裏には高田商の山崎が2ベースヒットを放つなど1点を返すも、反撃はここまで、7回にも本塁打を放った秀岳館の幸地が2ベースヒットを打ち、更に3得点。11-1とし、最後は西村がしめでゲームセット。

 

まとめ&展望

全国制覇を狙う秀岳館の力をまざまざと見せつけられた一試合。この試合先発の川端は140km/h前後の直球と、右打者に対して外の変化球の出し入れ、高めを上手く誘いボールを振らせる投球で高田商打線を寄せ付けなかった。

打線もチャンスでの畳み掛ける一打を確実に決める。圧巻は7番幸地のグランドスラム。打球を追うレフトがすぐに追うのを諦めた程の打球の強さ。

猛打の秀岳館を継承した今大会優勝候補の新生・秀岳館から目が話せない。

2回戦は27日第1試合 対作新学院。

予想は5-4で秀岳館の勝利

 

青字をクリックすると予想結果の詳細と、注目選手の詳細がご覧いただけます。

 

 

 

 

第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎