第89回 選抜高校野球大会 21世紀枠

 

 

2017年3月19日に開幕する第89回選抜高校野球大会。参加32校の内3校が《21世紀枠》

東日本から1校。西日本から1校。もう1校は地域に限らず選出される。

まず1都1道2府43県から連盟推薦を受けた高校が審査対象になり、2016年12月16日に最終候補となる9校が各地区から選出され、2017年1月27日に全出場校が決定する。

 

 

《21世紀枠》の中でも異彩を放つ高校をピックアップし紹介する。

 

東北地区推薦

不来方(岩手)

部員10人。2年生7人、1年生3人。マネージャー3人の小所帯。

岩手県大会準優勝。東北大会は初戦で姿を消すが、4番エースキャプテンの小比類巻 圭汰が奮闘し、青森2位の八戸学院光聖に0対2と善戦。

秋田県大会優勝。東北大会でも1勝し、8強入りした県立 横手(秋田)との競合を競り勝ち東北地区推薦を勝ち取った。

今回はポッと現れた超小所帯、不来方のモットーや練習に対する考え方を紹介したい。

 

「おまけ」が生み出した選抜への道

 

不来方のこれまでの実績は決して悪くなく、最近も2012年夏の県大会で4強入り。「強豪校」とまではいかないが、「弱小校」のイメージもない。

14年に不来方に赴任し、今年で就任2年目となる小山健人監督率いる10名の新チームが最初に掲げた目標は『地区大会突破』だった。

「地区を10人で勝ち抜いたら凄いと思うよ」小山監督は選手にそう言ってチームをスタートさせた。ゆえに、地区を勝ち抜いた後「県大会はおまけみたいなものだった」と語る。

だが、その「おまけ」を通してチームは成長した。準決勝まで対戦相手が全て県立校と組み合わせに恵まれた感があるとは言え、準優勝。創部以来初となる東北大会出場という更なる「おまけ」も手にした。

その初舞台では、初戦で八戸学院光聖に0対2で敗れたが強豪私学を相手に善戦。

 

“たった10人”だから『負けない野球』はあきらめた・・・・・

 

『部員10人の快進撃』の原動力について小山監督はこう言う。「このチームで『負けない野球』を目指したらダメだったと思う。ミスをしてもしょうがない。勝つなら『打つしかないよね』と言い続けました」

 

 

“打撃9割”をモットーに驚きの大躍進

 

 

人数の関係もあって「守備練習をやっていると悲しくなった」と笑う指揮官は、早い段階で『打率9割』の練習にシフトした。「何かを『諦めた』ことが良かった」と振り返る小山監督は、岩手県の21世紀枠推薦校に選ばれた今も尚こう言うのだ。

「秋はたまたま勝たせてもらった。そして推薦校に選んでいただいた。でも、決して偉いわけではない。自分たちは変わってはいけないと思うよ。選手達にはそう言っています」

主将の小比類巻の言葉を借りれば「10個の良いところがある」チームは、秋の実績を自信にして厳しい冬を越していく。

 

チームランキング

※都道府県ブロック予選を抜いた、地区大会及び、神宮大会での成績をもとに打率、出塁率、盗塁率(盗塁成功数÷出塁数)、防御率、平均得点にランキングをつけて出した順位

総合23位

打率.129(32位)、出塁率.129(32位)、盗塁率25.0%(1位)、防御率2.00(4位)、平均得点0,00(32位)

 

第89回選抜結果 不来方

打数/安打数二/三/本塁打四死球盗塁数
35/91/0/000
打率長打率出塁率盗塁率打点
.257.111.257.0002
イニング/失点被安打奪三振与四死球暴投
8/1216192
防御率球数被本塁打対打者数ボーク
13.501650510

 

 

第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

 

 

 

 

 

参考書籍:ホームラン センバツ2017