ここまでの流れ

第91回 決勝 中京大中京VS日本文理 大暴れ堂林

 

image

 

 

スポンサードリンク





6回裏は中京大中京のビッグイニング。一挙6点を挙げて余裕の終盤へ。一方6点ビハインドから始まる終盤の日本文理。コツコツ1点ずつでは返せない点差にビッグイニングの機会を待つ。

 

残りの3イニング

7回表

 

日本文理の攻撃は7番1年生湯本、ファールで粘って粘って11球目甘く入ったストレートをセンター前へ。下位打線ながら先頭を出す。

 

0アウトランナー1塁。

 

そして打った湯本に代わって代走村山。

点差、残りのイニングを考えれば送りバントでアウト1つの献上さえもったいない。ここは強攻策。

打席には8番若林今日2三振。カウント3-1から内角135km/hストレート、ここでエンドラン発動!投球と同時にランナースタート!若林の叩きつけた打球は三遊間破ってレフト前ヒット!強攻策成功!

 

0アウトランナー1,2塁。

 

堪らず中京大中京タイムで伝令が出る。仕切り直して9番中村。カウント1-0から外角ストレート、振り抜いた速い打球は1,2塁間破る!セカンドランナー三塁回る!ホームはセーフ!1点返す!

3-8

新潟の一塁アルプスか沸き上がる!

 

0アウトランナー1,2塁。

 

打順は4順目1番切手。カウント2-1からの4球目内角ストレート、どん詰まりの当たりはボテボテのセカンドゴロ。

4→6→3

ダブルプレー!

さすが中京大中京内野陣。無駄のないダブルプレーで2アウト。

 

2アウトランナー3塁。

 

2アウトながらも3塁にランナーを置いて今日3打数3安打1打点1ホーマーの高橋隼之介。カウント1-1からの内角ストレート、高く打ち上げた打球はレフトフライ。ゆっくり落ちてくる球を伊藤ガッチリ掴んで3アウト。

1点返した日本文理。尚も5点差、残り2イニングで追いつけるか。

 

徹底的に

7回裏

 

中京大中京の攻撃は5順目1番山中。カウント1-1から3球目内角スライダー、痛烈な当たり!レフト前ヒット!攻撃の手を緩めない中京大中京。この回も先頭を出す。

 

0アウトランナー1塁。

 

2番国友、初球外角ストレートを一塁方向へ送りバント。ピッチャー伊藤が処理して一塁へ。1アウト。送りバント成功。

5点差でも1点を取りに行く、手堅い中京大中京大藤監督。

 

1アウトランナー2塁。

 

得点圏にランナー置いて3番河合、カウント1-0から高めのストレート、ライト線へ強打!フェア!ボールはライト1番深い所。2ベースヒット!山中は余裕でホーム生還。

3-9

 

1アウトランナー2塁。

 

尚もチャンスで4番堂林、3打数3安打4打点1ホーマー。あと3ベースヒットだけでサイクル安打。カウント1-0からの2球目内角カーブ高ぁく打ち上げたフライはセカンドベース後方。切手、下がりながらこれをキャッチ!2アウト。

 

2アウトランナー2塁。

 

5番磯村今日は1安打2四死球。初球低めのスライダーキャッチ手前でショートバウンド。これを前にこぼす間にセカンドランナー河合が三盗!若林すぐに拾って三塁に送球するもタッチはセーフ!

 

2アウトランナー3塁。

 

カウント2-2から外角スライダー、上手くすくってセンター前へ!タイムリーヒット!10点目!

3-10

止まらない攻撃、止まない三塁側アルプス。甲子園の女神は中京大中京に微笑んだか。

 

2アウトランナー1塁。

 

6番伊藤、今日は2安打2三振。0-1から内角スライダー振り抜いて強いゴロ。これはセカンド正面。ガッチリ掴んで一塁へ。3アウト。

6回に続き更に2点追加。点差は7点。日本文理あと2回の攻撃へ。

 

残り2イニング

8回表

 

3番武石、内角137km/hストレートを初球打ち。打球はセンター方向、これをショート山中がさばいて一塁へ。キャプテン山中が軽やかな守備で1アウト。

4番吉田、カウント1-0から2球目外角137km/hストレート振りに行く。カット気味の打球はファーストファールフライ。柴田掴んで2アウト。

5番今日2安打高橋義人。内角142km/hストレート初球打ち。やや詰まりながらセンター方向、金山の前で1バウンド。センター前ヒット!高橋義人今日3安打目!

 

2アウトランナー1塁。

 

6番ピッチャー伊藤、今日ノーヒット。カウント1-1から3球目内角135km/hストレート、叩いた当たりは三遊間、サード河合バウンド合わせにいく、しかし、グラブからこぼれる。すぐに拾ってセカンドへ、これが暴投になり一塁ランナー高橋は三塁へ。鉄壁の中京大中京記録はエラー。

 

2アウトランナー1,3塁。

 

日本文理は代走村山に代わってセンターに入っていた7番朝妻に代わって代打田辺。

カウント1-2からの4球目低めのスライダーがショートバウンド、これをキャッチャー磯村が後逸。この間に三塁ランナー高橋が帰って1点返す。

4-10

一塁ランナーは二塁へ。

 

2アウトランナー2塁。

 

カウント2-2から6球目141km/h外角ストレート空振り三振。3アウト。

8回に1点返して残り6点差。残すはあと1イニング。絶望的な状態から奇跡の9回が始まる。