ここまでの流れ

第98回 1回戦 中京対大分 野中粘りの投球

 

image

 

4回の中京北川の満塁ホームランを含む一挙6失点が重くのしかかるままゲームは折り返した。6回にチャンスを作り1点返すが1アウト1,3塁のチャンスも2年生古田に代わってマウンドに上がったエース岩川に後続が打ち取られ2者残塁。中京にダメージを与える決定打を出せずに終盤を迎える大分。もう一度チャンスは巡ってくるのか。

 

 

欲しかった1打

7回裏

 

6点ビハインドの大分は好打順3番佐藤、2打数2安打1四球。岩川、佐藤に対しストレート中心に組み立てて2-1。4球目内角ストレート、快音響いてセンターへ!センターの前に落ちる!後逸!佐藤2塁回る!トップスピードでそのまま3塁へ。

記録は3ベースヒット!

1年生で甲子園の土を踏み2年後、帰ってきた甲子園で佐藤陸3安打の大活躍!

 

0アウトランナー3塁

 

4番山下、0ヒット。2球目高めのストレート、叩き付けて速い球足!セカンドの左破ってセンター前ヒット!

8-4

4点差!

欲しかった1打が!欲しかったこの人にようやく出た!4番山下のタイムリー!

 

0アウトランナー1塁。

 

繋げていきたい所。5番沼本、1-1から3球目内角スライダー、叩き付けてショート正面。ショート掴んで643!ダブルプレイで2アウト。

6番和田、1-1からの3球目外角スライダー、流し打ち!

ライト線へ!

フェア!

ライト回り込む!打った和田は2塁へ!

ダブルプレイで鎮火仕掛けてた反撃の狼煙を再び上げる、和田の2ベースヒット!

 

2アウトランナー2塁。

 

そしてここで大分ベンチが動く。2塁ランナー和田に代わって代走 河村享俊。

打席には7番木田1-1から3球目外角131km/hストレート、すくい上げて高く上がったあたりはセンターへ!もう一伸び足らずにセンター加藤のグラブの中へ!3アウト。

 

超重量クリーンナップ

8回表

 

代走河村に代わってライトに小川龍太郎が入る。

6,7回とじわじわ詰め寄られて4点差の中京は初打席9番岩川。フルカウントからの6球目内角ストレート、叩き付けてサードへ転がる!難しいあたり、サード束野がうまくさばいて1塁へ!1アウト

束野ファインプレー!

1番渡邊、2安打2四死球。1-2から4球目外角スライダー。逆らわずに左方向、左中間へ!渡邊今日3安打!

 

1アウトランナー1塁。

 

2番加藤、1-1から2つファールで2-2。最後内角スライダー空振り三振!野中吠える!

 

2アウトランナー1塁。

 

ランナー1人置いてこの男。4打数4安打満塁ホームラン1本、計6打点。3番北川。1-1からの3球目外角ストレート、ランナースタート!キャッチャーからの送球逸れてショートこれを掴むだけ!タッチは出来ずに盗塁成功!

 

2アウトランナー2塁。

 

野中、北川互いに粘ってフルカウントからの7球目内角スライダー、当たって、デットボール。

 

2アウトランナー1,2塁

 

ランナー得点圏に置いて4番今井。丁寧に低めを突いて3-2。7球目外角スライダー、すくい上げて左中間!高く上がる!レフトバック!レフトバック!レフトバックしていって、

取れない!

打球フェンスへ!

ランナーそれぞれ帰ってきて、今井は2塁へ。

10-4

6点差!

中京に大きな2点が入る!

 

2アウトランナー2塁。

 

尚もチャンスで5番吉位。3球目内角ストレート、快音響く甲子園!速いライナーは右中間!

あっという間にライトスタンドに突き刺さる!

恐ろしいほどの中京打線クリーンナップ!大会第8号吉位の2ランホームランだ更に2点追加!

鳥肌が立つようなスイング、打球音でライトスタンドに突き刺ささった!

12-4

完全に血の気の引いた表情の野中は6番平にもセンター前に運ばれる。

内野陣からの声かけも無く、2アウトランナー1塁で迎えた7番水谷をショートゴロで打ち取って3アウト。

とてつもなく長い時間だった数分の守りの8回を投げ切り野中はベンチへ下がる。

 

離れる気持ち

8回裏

 

奮起し、一矢報いたい大分だが8番野中に代わって代打の梶原嘉希、9番富田が粘った末にショートゴロ、セカンドフライに倒れて2アウト。

1番束野はストレートのフォアボールを選び出塁するも、2番三浦が空振り三振に倒れて3アウト。

盛り上がるキッカケを作れないままゲームは最終回へ。

 

リズムをつける立花

9回表

 

大分は代打梶原に代わってピッチャー立花一樹。右のサイドスロー。

迎えるバッターは8番西川。130km/h中盤のストレートと落差のあるスライダーで追い込むも粘って粘って8球目、内角135km/hストレート、インコース一杯に決まって見逃し三振!1アウト。

 

立花は中学時代、最速90km/h台の投手だった。大分高校に入ってから朝晩1kmのお米を食べて作った体で今は140km/h台にまで到達。

 

9番岩川、2球目外角133km/hストレート、叩きつけてセカンドゴロ。2塁キャンパス寄りで佐藤が掴んで1塁へ。2アウト。

1番渡邊、ここはストレート中心に組み立てて2-2からの6球目外角135km/hストレート、空振り三振!

作り上げた、磨き上げたストレートで空振り三振!大分高校最後の攻撃へリズムをつける投球!立花!

 

最終回

9回裏

 

8点差ながらも3番佐藤からの好打順。3安打1四球。2球目内角ストレート、打たされた当たりはセカンド後方!風がある甲子園!セカンド下がって構える!

ガッチリ掴んで1アウト。

4番山下、ストレート4つで0-2。最後外角スライダー、空振り三振で2アウト。

5番沼本、内角130km/hストレート、初球打ち!ショート正面のゴロ!

渡邊が丁寧に掴んで1塁へ!

3アウト!

ゲームセット!

image

12-4

image

2年ぶり2回目の甲子園。未だ校歌を歌えずに去ることになった大分高校。

14年ぶり夏の甲子園初戦突破!中京高校!