ここまでの流れ

第98回 1回戦 九州国際大付属VS盛岡大付属 同点ホームラン

image

 

4回、盛岡大付小原のソロホームランで4-4と同点に追いついたところで、両打線のパワーが鳴りをひそめ始める。盛岡大付の2番手三浦、九国のエース藤本が5回を三者凡退に仕留め。ゲームは折り返す。

 

 

またまた勝ち越し

6回表

 

盛岡大付の攻撃は5番伊藤。カウント1-2からの4球目外角134km/hストレート、叩きつけた打球は高いゴロ。これをピッチャー藤本が掴んで一塁へ。1アウト。

6番前打席同点ソロホームランの小原。藤本はここを簡単にフォアボールで出塁を許す。

 

1アウトランナー1塁。

 

4回からレフトに入っている7番野坂、今日初打席。カウント2-1。4球目高めのストレート、ランナースタート!野坂は空振り!永岡セカンドへ送球!

タッチはセーフ!盗塁成功!

 

1アウトランナー2塁。

 

野坂カウント2-2から5球目外角129km/hストレート、バットに乗せてセンターへ運ぶ!センター後方大飛球!

センター下がる!

越える!

小原が三塁蹴って勝ち越しのホームへ戻って来る!1点追加!

途中出場野坂の勝ち越しタイムリーツーベースヒット!

4-5

 

1アウトランナー2塁。

 

尚もチャンス続いて8番比嘉、カウント2-2から5球目、内角135km/hストレート、叩つけた打球は一二塁間。セカンド追いついて正面でキャッチ!一塁送って2アウト。

その間に二塁ランナーは進塁。

 

2アウトランナー3塁。

 

打席にはピッチャー三浦、今日初打席。1-1から3球目内角ストレート、打ちにいって一二塁間深いところに転がる!セカンド石橋なんとか追いつく!難しい体勢から一塁へ!アウト!

3アウト!

石橋の好プレーで追加点を阻止!最小失点で切り抜ける。

 

6回裏

 

1点ビハインドの九国は8番永岡から。0-1から2球目、内角130km/hストレート、打ちにいってショートゴロ。比嘉が軽快にさばいて一塁へ。1アウト。

9番鳥井、ボール2つ続いて3球目外角ストレート、ライトへフライが上がる!ライト後方!下がる、振り返ってキャッチ!2アウト。

打順は4順目1番中山、2球目外角スライダー。快音残して三遊間深いところ!比嘉掴んでノーステップで一塁へレーザービーム!

アウト!

比嘉の好プレーで3アウト。

この回も3人で切る三浦。いいリズムをつかみ始める。

 

7回表

 

1点リードの盛岡大付は4順目1番石橋。丁寧にカウント稼いで2-2。5球目高めのストレート叩きつけてセカンド方向。石橋前進!掴んで一塁へ。1アウト。

2番菅原、外角ストレート初球打ち!ピッチャー返し!そのまま二遊間割ってセンターへ!センター前ヒット!

 

1アウトランナー1塁。

 

3番植田。2球目内角133km/hストレート。打ち上げた打球はレフトへ、浅いフライ。これをレフト渡邊が掴んで2アウト。

 

2アウトランナー1塁。

 

確実にアウトを重ねる九国背番号1藤本。

4番塩谷、0-1からの2球目外角スライダー、ランナースタート!キャッチャー永岡セカンドへ送球。これが逸れてボールはセンターへ。更にランナー進んで三塁へ。

 

2アウトランナー3塁。

 

藤本のコーナーを突く丁寧なピッチングで2-2。6球目外角スライダー、空振り三振!3アウト。

終盤に安定感を見せる藤本!通算51ホーマーの塩谷に仕事をさせない!

 

またまた追いつく

7回裏

 

1点ビハインドの九国は2番山脇、全打席出塁中。三浦の丁寧なピッチングで2-2。5球目低めのスライダー振らせて空振り三振!1アウト。

3番石橋ストレートとスライダーのコンビネーションで的を絞らせない配球。3-2。6球目外角際どいコース外れてフォアボール。

 

1アウトランナー1塁。

 

同点のランナー置いて4番渡邊、今日2安打。内外コーナーを突くストレート中心のピッチングで2-2。5球目内角スライダー、詰まってボテボテのピッチャーゴロ。三浦さばいて二塁は間に合わない。一塁送球。2アウト。

 

2アウトランナー2塁。

 

ここで2ランホームランを放っている5番安永。ストレート中心に追い込んで1-2から4球目内角スライダーで三振を取りに行く。これを安永上手く合わせて一二塁間破る!打球はセンタへ!

スタートの早かった石橋三塁回る!センターバックホームは諦める!

同点!

5-5

諦めない!必ず追いつく!九州国際大付属打線!安永のセンター前同点タイムリー!

 

2アウトランナー1塁。

 

一塁側アルプス沸き上がる中打席には6番尾仲。三浦ここは全球ストレート。ファールで粘って粘って、7球目内角ストレートは見逃し三振!3アウト!

追いつかれても勝ち越しは許さないマウンド上、三浦瑞樹2年生!

終盤でまたも追いつく九州国際大付属。7回終わって5-5。両チーム残り2イニングで最後の力を出し尽くす!球数130球に差し掛かる九国藤本は最後までマウンドを守るのか。