ここまでの流れ

第98回 1回戦 佐久長聖VS鳴門 4番手束

 

image

 

 

4番手束の弾丸ライナーの一発で先制した鳴門はエース河野のリズムを作れたのか。初回に2点を奪われた佐久長聖は速い段階で追いつきたいところ。2回の表佐久長聖の攻撃から。

 

 

要所を締める鳴門•河野

2回表

 

5番中村、ストライクゾーンを広く使う組み立てでカウント2-2。5球目内角ストレートを惑わされず対応してセンター返し!二塁キャンパスややセカンドよりの速いゴロ。これを鎌田逆シングルで掴んで一塁へバウンド送球。1アウト。

鎌田、冷静に処理した好プレー。甲子園開幕試合でも落ち着いた身のこなし。

6番花岡大輔、130km/h後半の直球2つで追い込んで3球目143km/hストレートはファール。0-2から4球目内角のカーブ、当てただのゴロはファースト正面。富士が処理して2アウト。

7番宮石、ここもストレート中心で押してフルカウント。三振狙いにいった外角140km/hストレート、これを弾き返して右中間!

割った!

打球はフェンスに達する。それを見た宮石二塁回る。悠々3ベースヒット。

2アウトからのランナー。

 

2アウトランナー3塁。

 

8番ここも140km/h台の直球で押す。2-2から5内角ストレート139km/h、デットボール!

少しづつランナーがたまる。

 

2アウトランナー1,3塁。

 

ラストバッターは9番ピッチャー小林。一転変化球中心にカウント2-1。4球目インローにズバッと138km/hストレート。手が出ない!ストライク!2-2。フルカウントからの6球目外角142km/hストレートはバットの上を通過。空振り三振!3アウト。

あと一本が出ない佐久長聖。

 

佐久長聖2年生塩澤

2回裏

 

鳴門は下位打線8番渡辺から、高めのカットボール初球打ち!これはセカンドに平凡なゴロ。鈴木がさばいて一塁へ。1アウト。

ラストバッター9番武石、120km/h後半のストレートで組み立てるも7球粘ってフォアボール。

 

1アウトランナー1塁。

 

打順2順目へ。1番日野ここは得意のシンカーを中心に組み立てる。カウント1-2からシンカー続けるも全て見極められてボール2つ。フルカウントで8球目内角132km/hストレート、これをヒッティング!一二塁間破ってライト前へ!速いスタートを切っていた武石、二塁キャンパス回って三塁へ。ライトからの送球はショートがカット。オールセーフ!

 

1アウトランナー1,3塁。

 

速い段階で佐久長聖ピッチャー交代。小林に代えて2年生塩澤。

得点圏で小技のきく2番鎌田。外角130km/hのストレート、初球打ち!ピッチャー返し!速い球足は内野を抜けてセンター前!1人帰って。タイムリーヒット!

0-3

 

1アウトランナー1,2塁。

 

まだチャンスは続く。こここらクリーンナップ3番富士。塩澤は富士を緩急つけて追い込む。カウント2-2からの5球目低めに決まったスライダー。空振り三振!大事な場面で三振が取れた塩澤。

 

2アウトランナー1,2塁。

 

打席には先制2ランホームランを放っている4番手束。1-0からの2球目内角137km/hストレート、引っ張った!これはファールグラウンド。打球が速すぎてサードコーチャー避けきれずに激突。

2-1からの4球目内角チェンジアップ、引っ張ってファール!異次元の打球に甲子園球場がどよめく。 2-2からアウトロー135km/hズバッとミットに入る!ボール!

あわや外角一杯、決まったかと思うような最高の1球。よく見る。4番手束。

その後2球粘られて8球目外角ストレートは外れてボール。フォアボール。この勝負は塩澤の根負け。

 

2アウトフルベース。

 

満塁で5番佐原、カウント1-2からの5球目外角ストレート136km/h、打ったぁ!ライトへ大きい当たり!

伸びる!

ポール際!

ファール!

最後は外角スライダーで空振り三振。3アウト。

 

かなり早いイニングからの2番手塩澤の投入。ゲームはまだ2回を終えたばかり。この後の継投が注目の1つに。ワンサイドゲームの雰囲気漂う立ち上がりは塩澤で鎮火できるか。