第98回 1回戦 2日目第4試合 東邦対北陸

image

 

一塁側 東邦高校(愛知)

三塁側 北陸(福井)

 

各校スターティングメンバー

先攻

北陸高校スターティングメンバー

打順名前守備位置学年
1番山内 佑真三塁手
2番中川 大治遊撃手
3番三ツ井 将大二塁手
4番八木 雅也一塁手
5番内藤 翔太中堅手
6番山本 隆広左翼手
7番田中 翔大右翼手
8番水野 隼斗投手
9番川畑 大樹捕手

《24年ぶり3回目》

後攻

東邦高校スターティングメンバー

打順名前守備位置学年
1番鈴木 光稀左翼手
2番濱嶋 良明遊撃手
3番松山 仁彦投手
4番藤嶋 健人右翼手
5番小西 慶治三塁手
6番松本 凌弥一塁手
7番髙木 舜捕手
8番鈴木 理央二塁手
9番田中 来起中堅手

《 2年ぶり17回目》

《高校通算48HRエース4番キャプテンの藤嶋健人擁する東邦は激戦区•愛知を勝ち抜いた強豪校。対する福井代表•北陸高校は24年振りの甲子園。古豪、強豪対決の一番》

 

 

 

4番ライト藤嶋背番号1

1回表

 

先攻は福井代表北陸高校。守る東邦のマウンドはエース藤嶋ではなく背番号9番サウスポー松山。

先手必勝が合言葉の北陸、1番1年生山内。中学ボーイズリーグ全国優勝メンバー。

松山は140km/h前後のストレートと、120km/h台のスライダーのコンビネーションで2-2と追い込む。6球目外角142km/hストレート、右方向流し打ち!速いゴロはセカンド正面。セカンド鈴木がさばいて1塁へ。1アウト。

2番中川、外角141km/hストレート、初球打ちはバットの先!1塁線ボテボテのゴロ。ピッチャー松山がさばいてバッターランナーへタッチ!2アウト。

3番キャプテン三ツ井、2-1から外角141km/hストレート、ファースト方向鋭い当たり!ファーストの右側抜かれてライト前へ!

2アウトからキャプテン三ツ井のライト前ヒット!

 

2アウトランナー1塁。

 

4番2年生八木。八木に対して1つストライク取ったところで一度1塁へ牽制。しっかり間を作ってもう一度牽制!逆突かれた三ツ井!タッチはアウト!3アウト!

背番号9松山は立ち上がりを3人で切る。

 

1年生甲子園デビュー

1回裏

 

北陸のマウンドはエースサウスポー水野。

後攻の東邦高校の攻撃1番鈴木光、130km/h前後のストレートと緩いスライダー、カーブ、チェンジアップのコンビネーションで2-2。6球目内角130km/hストレート、三遊間へ低いゴロ!サード1年生山内がシングルハンドで難しいバウンド合わせる。軽快に1塁へ送球!1アウト。

1年生らしからぬ堂々としたフィールディング。

2番濱嶋、内角ストレート、初球打ち!芯で捉える!しかしサード正面のゴロ!難なくさばいて山内1塁へ。2アウト。

山内が2つさばいて2アウト。

3番ピッチャー松山、3-1からの5球目。内角130km/hストレート、窮屈な体勢で引っ張ってセカンドの頭上越える!右中間へ緩〜い球足で落ちる!ライト掴んで内野へ返す。

2アウトから藤嶋に回す。

 

2アウトランナー1塁。

 

高校通算48HR注目の4番藤嶋健人。フルカウントまで粘って6球目。内角132km/hストレート、空振り三振!3アウト。

藤嶋最初の打席は空振り三振で1回を終える。

 

打たせて取る松山

2回表

 

3人で初回を終わらされた北陸は4番八木から。2球目内角スライダー、快音響いてサード頭上越える!レフトやや左方向へ強烈なライナー!

レフトの左側、落ちる!

しかし、上手く打球に回り込んで2塁打を阻止!

先頭打者を出す北陸。

 

0アウトランナー1塁。

 

5番内藤、1-0からの2球目、バントはしない!内角131km/h、バスターで振り抜く!詰まった当たりはピッチャー正面!松山つかんで163、ダブルプレー!2アウト。

6番山本、1年生。山内と同じボーイズリーグで同じく優勝メンバー。2-0からの3球目、高め137km/hストレート、叩きつけた当たりはセカンド正面のゴロ。セカンド鈴木理がさばいて1塁へ。3アウト。

北陸はこの回も三者凡退。

 

ミスからの先制点

2回裏

 

静かな立ち上がりを終えてこの回東邦は5番小西から。カウント2-2。5球目内角131km/hストレート、振り抜いてサードへボテボテの内野ゴロ。サード前進!捕球手前でバウンド変わる!山内何とかつかんで無理な体勢から1塁送球!間に合わない!これが逸れてバッターランナーは2塁へ。

記録は1ヒット1エラー。

 

0アウトランナー2塁。

 

ラッキーな形で東邦チャンスメイク。打席には6番松本。初球内角132km/hストレート、サード方向に送りバント。ピッチャー処理して1塁へ。1球で決めて更にチャンスを広げる。

 

1アウトランナー3塁。

 

この回最初チャンスで下位打線7番髙木。0-1からの2球目内角ストレート、叩きつけて三遊間、痛烈な当たり!サード山内、掴んだ!3塁ランナーを牽制してそのまま1塁へ送球!が、悪送球!

それを見て3塁ランナー小西は悠々ホームイン!バッターランナーは2塁へ!

ファインプレーになる筈が先制点を献上してしまうプレーになった山内のエラー。

1-0

先制で勝ってきた北陸から先制点を奪った東邦。

 

1アウトランナー2塁。

 

チャンスは続いて8番鈴木理、カウント1-2から4球目外角スライダー、ランナースタート!キャッチャー川畑サードへ送球!しかし完全にモーション盗まれている!タッチは出来ない!3盗成功!

 

1アウトランナー3塁。

 

8番鈴木理、フルカウントから6球目内角ストレート、スクイズ来た!しかし当てるだけ!

ファール!

3バント失敗で2アウト。

 

2アウトランナー3塁。

 

得点圏にランナー置いて9番田中、初球高めのストレート、暴投!キャッチャー後逸!それを見て3塁ランナー帰って追加点!

2-0

浮き足立つ北陸。いつもの野球が出来ない。

そして9番田中はフルカウントの末、6球目高めにストレート外れてフォアボール。

 

2アウトランナー1塁。

 

打順は2順目1番鈴木光、初球外角ストレート、ランナースタート!またもモーション盗まれていた!タッチが出来ない。余裕で2盗成功!

 

2アウトランナー2塁。

 

鈴木光も5球でフォアボール。

 

2アウトランナー1,2塁。

 

ここで北陸伝令を送る。1つ間をとってゲームは再開。余計なランナーで塁を埋めて打席には2番濱嶋、カウント1-2から4球目外角カーブ、右方向流し打ち!セカンド、センター、ライトのちょうど真ん中へ、ポーン落とす!

2塁ランナー一気にホームを狙う!ボールは内野に帰ってくる!田中はゆっくりホームイン!

もう1点追加点!

3-0

そして中継が乱れている間に打った濱嶋も2塁へ!

 

2アウトランナー2,3塁。

 

得点圏にランナー溜めてクリーンナップ3番松山。カウント2-1からの4球目、内角125km/hストレート、振り抜いてファーストへ強いゴロ!2年生八木がしっかり止めて、1塁キャンパス踏む!

3アウト。

 

相手のミスからチャンスをしっかり物にして東邦は3点獲得。松山のピッチングに余裕が生まれる。一方1つのミスから浮き足立ち連鎖を食い止める事の出来なかった北陸は1イニングで3失点。対照的な序盤2回を終えて、点を取られた後の3回表北陸の攻撃は7番下位打線から。反撃なるか。