image4回に2点を返して4-2とした北陸。その裏自信を取り戻したナインたちに本当のポテンシャルを見せはじめた東邦が襲いかかる。9本目のヒットと追加点を取られた瞬間、エース水野のからサウスポー本多にチェンジ。ランナー2人を背負って本多が最初に対戦するのは強打者4番藤嶋。流れを変えたい北陸と流れに乗りたい東邦の大一番。

 

 

 

ここまでのストーリー

第98回 1回戦 東邦対北陸 乱打戦

 

 

猛打爆発

4回裏

 

5-2

1アウトランナー1,3塁。打席には4番藤嶋。本多の甲子園第1球、外角128km/hストレート、初球打ち!右方向すくい上げた打球!右中間へ、伸びる!伸びる!センター見上げる、、、

入った!!

派手なホームランで3点追加!

大会第9号藤嶋健人3ランホームラン!

8-2

継投の代わりっぱな、初球を叩いた藤嶋!

5番小西、1-1からの3球目。低めのスライダー、バットに乗せてすくい上げた!レフト方向グングン伸びる!レフトはホームに背を向けて打球を追う!

フェンス直撃!小西は1塁回って2塁へ!2ベースヒット!

1アウト無走者から再びチャンスメイク!

東邦高校これで5連打!

 

尚もチャンスは続いて6番松本。2-2から6球目外角スライダー、叩きつけてセカンド正面のゴロ。この当たりで2塁ランナー3塁狙う!セカンド掴んで3塁へ!際どいタイミングはセーフ!

セカンドキャプテン三ツ井のフィルダースチョイス!

東邦更にチャンス拡大。

 

1アウトランナー1,3塁。

 

打席には7番髙木、初球内角カーブ、高めに甘く入った所を引っ張って三遊間!楽々破って、レフト前ヒット!

3塁ランナーホームに入って9点目!

9-2

7点差としてこの回ビックイニング5点目。

8番鈴木理2球目外角130km/hストレート、振り抜いて逆方向!またまたライトの前へ落ちる!

各ランナー進塁。

 

1アウトフルベース

 

ここで北陸は伝令を送る。

1つ間を作ってゲーム再開。

打者一巡して7安打、この回の先頭9番田中。1-1からの3球目外角スライダー、ここも右へ押っ付けてライト前!

ライトからバックホーム!

1人帰って3塁ランナーはストップ。

10-2

終わらない!終わらない!東邦!

 

1アウトフルベース

 

4巡目、1番鈴木光。初球内角カーブ、今度は引っ張ってレフトへのライナー!レフト山本ダイビングもボールはこぼれる。それを見てスタートを切った3塁ランナー11点目のホームイン!

11-2

 

1アウトフルベース。

 

2番濱嶋、2球目にワイルドピッチがあり、3塁ランナー帰還。

12点目

12-2

濱嶋はカウント2-2からの5球目外角132km/hストレート、右方向へ打ち上げてライトフライ!タッチアップには充分!

ライト掴んで3塁ランナースタート!ボールはホームに帰ってくるもタッチは出来ない!

13点目!

13-2

 

2アウトランナー3塁

 

3番松山はストレートのフォアボール。

 

2アウトランナー1,3塁。

 

そしてまたこの男に回る。3打数2安打1本塁打3打点。4番藤嶋、3-1からの5球目内角ストレート、引っ張って痛烈な当たり!3塁線!サードダイビング、届かない!

フェア!

ファールグラウンドに逸れて長打コースになる!

3塁ランナー帰って、1塁ランナーも2塁、3塁回ってホームに帰ってくる!打った藤嶋は2塁へ!

15-2

1イニング5打点!

2ベースを放った藤嶋、サイクルヒットに王手。

 

2アウトランナー2塁。

 

5番小西、2球目外角スライダー、右方向大きい当たり!大きい!大きい!ライト頭上越えてフェンス直撃!藤嶋余裕でホームに帰ってくる。打った小西は2塁へ!

この回11本目のヒット!

16-2

猛打!爆発!集中打!

 

2アウトランナー2塁。

 

6番松本1-1からの3球目外角129km/hストレート、打ち上げて、左中間へ高く上がったフライ。レフト落下地点入って、キャッチ!3アウト。

 

11安打の猛攻12得点。藤嶋のバッティングが目立ったイニング。

16-2。東邦が圧倒!

 

あと一本

5回表

 

大きな14点差を追う北陸の攻撃は、7番田中。カ カウント3-1から5球目外角ストレート叩きつけて、二遊間突破!先頭田中のセンター前ヒット!

諦めない北陸。

 

0アウトランナー1塁。

 

この点差では送りバントではなくただひたすらに大量点を狙いに行く。

8番ピッチャー本多、甲子園初打席。当然ヒッティング!1-1から3球目内角スライダー、打ち上げた当たりはファーストファールフライ。松本が落下地点で掴んで1アウト。

 

1アウトランナー1塁

 

9番川畑、2球目外角137km/hストレート、叩きつけて三遊間!サード上手く掴んで、セカンドへランニングスロー!しかし送球が乱れてライトへ転がる!

1塁ランナーは一気に3塁へ!

 

1アウトランナー1,3塁。

 

北陸にいい流れでチャンスが訪れる。

ランナー2人溜まって、1番山内。2球目内角スライダー、振り抜いて打ち上げた!センターフライ!センター構える!3塁ランナータッチアップの構え。センター掴んだ!しかし、打球が浅くてスタート切れない!

1つアウトを献上。

 

2アウトランナー1,3塁。

 

2番中川、外角に2球で追い込む。0-2。3球目外角ストレート、空振り三振!3アウト!

あと一本、あと一本が出ない北陸。

 

東邦強力下位打線

5回裏

 

安心の14点差。東邦の攻撃は7番髙木、1-1から3球目外角130km/hストレート、叩きつけて高いバウンド!ピッチャーの頭上越えてセンターへ抜ける!

先頭打者出塁の東邦。

 

0アウトランナー1塁。

 

8番鈴木理、全球外角ストレート、2-2から6球目ここで内角ストレート、振り抜いて詰まった当たりはショートハーフライナー。ショート掴んで1アウト!

 

1アウトランナー1塁。

 

9番田中、2-0からの3球目、内角ストレート、ランナースタート、素早いフィールディングでキャッチャー川畑2塁へストライク送球!タッチはアウト!

川端の好送球で2アウト。

 

2アウトランナー1塁。

2アウトランナー

フルカウントから3球目内角129km/ストレート。

ランナースタート! キャッチャー川畑素早くセカンドへ!1バウンド送球!

タッチは、、、

 

アウト!3アウト!

キャッチャー川畑の好フィールディング!ランナー出してもこの回も無得点で切り上げる!

 

1イニングに大量12得点。16-2と東邦が北陸を圧倒する。ゲームは中盤とは言え絶望的な点差。しかし、その後の攻撃も諦めない北陸のフルスイング。フルスイングの甲斐あってか徐々に東邦の守備にほころびが出始める。ゲームは後半戦へ。