関連記事

夏の甲子園2017年組合せと勝敗予想。優勝候補は?
第99回全国高校野球選手権大会
第99回大会1日目1回戦予想と結果と注目選手

 

大会2日目

 

第99回全国高校野球選手権大会2日目の対戦カードと勝敗予想、結果。この日の注目選手をご紹介します。

 

1回戦勝敗予想&結果

青文字は勝利予想校

第1試合

チーム名  作新学院 VS  盛岡大付属
打率  .393  .395
防御率  1.84  1.57

昨夏優勝の作新学院。去年は甲子園直前でメンバー落ちした大関が「大関へ エースとしての自覚 今井達也」前エース今井達也(現・西武ライオンズ)からのメッセージを胸に背番号1を背負い続けたこの1年を甲子園にぶつける。

対する盛岡大付属・平松も昨夏の甲子園直前でメンバー落ちを経験。互いに背番号1を背負う気持ちは変わらない。

 

結果

チーム名123456789R
作新学院1000000001
盛岡大付属01003000X4

【投手】

作新学院)大関、篠原

盛岡大付属)平松

【本塁打】

 

 

第2試合

チーム名  松商学園 VS  土浦日大
打率  .330  .370
防御率  2.95  4.58

土浦日大・関根と学生コーチ青羽の2人は10年来の幼馴染。高校野球夢半ばで怪我により選手を諦めサポートに回った青羽の思いも背負って31年振りの甲子園に挑む。

 

結果

チーム名123456789R
松商学園11011223112
土浦日大0000010203

【投手】

松商学園)青柳真

土浦日大)富田、井上、富田

【本塁打】

 

 

第3試合

チーム名  前橋育英 VS  山梨学院
打率  .307  .353
防御率  1.65  2.93

左手骨折中の前橋育英主将・飯島大夢は昨夏の甲子園でも右手親指を骨折しながら2打数2安打。今年も志願して4番サードで先発出場。1打席目にレフト前先制タイムリー、2打席目もセンター前タイムリー。5打席目は激痛に顔を歪めながらも圧巻のレフトスタンドに突き刺す本塁打。

 

結果

チーム名123456789R
前橋育英10501410012
山梨学院0003020005

【投手】

前橋育英)皆川、吉沢、根岸

山梨学院)吉松、宮内、石井、栗尾、垣越

【本塁打】

小池、飯塚、飯島(前橋育英)

 

第4試合

チーム名  日大山形 VS  明徳義塾
打率  .377  .319
防御率  2.25  1.85

日大山形・舟生、手塚、鈴木、板坂ら父親達も日大山形で甲子園経験者の揃う日大山形アルプス。

 

結果

チーム名123456789101112R
明徳義塾1100010000036
日大山形1200000000003

【投手】

明徳義塾)北本、市川

日大山形)森田、中西、近藤皓

【本塁打】

 

注目選手

青文字をクリックすると詳細がご覧いただけます

 

鈴木 萌斗(作新学院)

身長182㎝ 体重75㎏ 遠投100m、50m5秒9、右/左
俊足好打のリードオフマン。守備範囲が広い中堅手。2年夏も甲子園を経験。

対盛岡大付属 4打数1安打

 

大関 秀太郎(作新学院)

身長172㎝ 体重70㎏ 、左/左
最速140キロの直球と、120キロ中盤のスライダー、110キロ前後のチェンジアップ、カーブを操るスリークウォーター左腕。

対盛岡大付属 7 0/3回、被安打10、奪三振5、失点4、

 

中島 淳(作新学院)

身長178㎝ 体重80㎏ 、右/右 遠投90m,50m6.5秒。
左右に長打を放つ作新学院の4番。

対盛岡大付属 3打数0安打

 

平松 竜也(盛岡大付属)

最速145キロの直球とスライダー、カーブ、チェンジアップ、フォークを操る本格派右腕。`16年の夏の甲子園帯同から投げるコツをつかんだ盛岡大付属・三浦に並ぶ2枚看板の一角。

対作新学院 9回、被安打2、奪三振9、失点1、

 

臼井 春貴(盛岡大付属)

最速147キロの直球を誇る外野兼任右腕。遠投110mの強肩と50m6秒フラットの快足を持つ身体能力の高い注目選手。

対作新学院 3打数2安打、打点1

 

比嘉 賢伸(盛岡大付属)

高校通算16発、遠投100m、50m6.3秒。強肩強打の4番・遊撃手。

対作新学院 4打数2安打、打点2

 

植田 拓(盛岡大付属)

高校通算58本塁打。50m5秒9。身長165cm体重72kg背筋力240kgの超パワーヒッター。中学時代は貝塚シニアに所属。3年生の時に関西選抜に選ばれ台湾遠征に同行し、世界を経験している。
夏・岩手県大会で4本塁打。

対作新学院 4打数2安打

青柳 真珠(松商学園)

身長183㎝ 体重77㎏  右/右
最速145キロの直球を操る右腕。藤浪晋太郎(現・阪神)を彷彿とさせる腕の振りから伸びのあるストレートが武器。制球に課題が残る。

対土浦日大 9回、被安打6、奪三振11、失点3、

 

直江 大輔(松商学園)

身長183㎝ 体重73㎏  右/右
最速142キロの直球とカーブ、スライダーを操る右腕。腕のしなりがよく、回転数が多いことからキレもいい。制球力が高く、低めに集めることが出来る投手。

 

藤井 大地(松商学園)

身長178㎝ 体重82㎏  右/右
がっしりとした体格から県屈指の飛距離を飛ばす右のスラッガー。地肩が強く投手としても勢いのある球が放れるポテンシャルの高い選手。

対土浦日大 6打数4安打、打点3

 

富田 卓(土浦日大)

身長181㎝ 体重71㎏ 右/右
スライダー、チェンジアップの変化球を主体とした打たせて捕るタイプの右腕。柔らかい腕の振りで、粘り強いピッチングが売りの2年生エース。中学時に茨城県南地区代表に選出され全国3位に導く。

対松商学園 6 1/3回、被安打12、奪三振1、失点5

 

皆川 喬涼(前橋育英)

身長179㎝ 体重79㎏ 右/右
最速149キロの直球とスライダー、チェンジアップ、カーブ、フォークを操る右腕。中学時代から打撃にも定評があり、基本的には外野手として出場する機械が多い。16年夏、17年春の甲子園を経験している。

対山梨学院 4回、被安打2、奪三振7、失点3、

 

吉沢 悠(前橋育英)

身長174㎝ 体重63㎏ 右/右
最速144キロの直球とスライダー、チェンジアップを操る右腕。秋季大会まで背番号1のエースはセンバツではケガ出場機械がなかった。

対山梨学院 3回、被安打4、失点2

 

根岸 崇裕(前橋育英)

身長192㎝ 体重93㎏ 右/右
最速141キロの直球とカーブ、スライダー、ツーシーム、スプリットを操る右腕。192cm,92kgの恵まれた体格を生かした重い角度のある直球が武器。

対山梨学院 2回、被安打1

 

丸山 和郁(前橋育英)

身長170㎝ 体重69㎏ 左/左
最速144の直球とスライダーをカーブ、チェンジアップを操る左腕。身体能力の高く、170cmと小柄ながらも遠投95m,50m5.9秒、高校通算15本塁打の記録を持つ。1番・中堅手で出場し、救援としてマウンドに上がることが多い。16年夏、17年春の甲子園を経験している。

対山梨学院 3打数1安打、盗塁4

 

栗尾 勇摩(山梨学院)

身長185㎝ 体重80㎏ 右/右
185㎝の長身から投げ下ろされる最速143キロの伸びのある直球に、鋭い縦のスライダー、カーブを操る。癖の少ないフォームにも魅力がある。
今夏の登板はなかった。

対前橋育英 2 1/3回、被安打1、奪三振3、失点1

 

吉松 塁(山梨学院)

身長178㎝ 78㎏ 左/左
最速140キロの直球とカーブ、スライダー、カットボール、チェンジアップを操る左腕。2年秋の日本航空戦で12k完封勝利を収めた。
5試合全てに登板し準々決勝、決勝に先発。決勝は3失点ながら完投勝利。

対前橋育英 2 2/3回、被安打6、奪三振2、失点6

 

森田 南々斗(日大山形)

身長172㎝ 体重60㎏ 右/右
回転数の多い直球と切れ味抜群の縦スライダーが武器のスリークウォーター右腕。夏県予選決勝で12奪三振完投勝利で甲子園に導いた。

対明徳義塾 6回、被安打7、奪三振0、失点3

 

舟生 大地(日大山形)

身長181㎝ 体重83㎏ 右/右
夏県予選決勝で満塁弾を含む4安打6打点の大暴れを見せた4番・主将。二塁送球タイム2秒を切る強肩強打の捕手。

対明徳義塾 4打数0安打

 

鈴木 琉生(日大山形)

身長183㎝ 体重84㎏ 左/左
2年夏の予選で2試合連続満塁弾を放ったチャンスに強いリードオフマン。守備範囲の広い中堅手。

対明徳義塾 5打数2安打

 

西浦 颯大(明徳義塾)

右投左打  身長177cm体重70kg 右翼手・一塁手  高校通算本塁打23本。50m5秒9。遠投110mの才能溢れる名門の4番。

対日大山形 6打数2安打、盗塁1

 

市川 悠太(明徳義塾)

身長183㎝ 体重70㎏ 右/右
183㎝の体格を活かしたリーチの長いサイドハンド。最速は140キロ。球速は速いものの安定感のなかった1年時を過ごすが、2年時から化け始めているミレニアム世代の一角。

対日大山形 7回、被安打5、奪三振2

 

関連記事

夏の甲子園2017年組合せと勝敗予想。優勝候補は?
第99回全国高校野球選手権大会
第99回大会1日目1回戦予想と結果と注目選手