関連記事

熱闘甲子園放送日決定!放送時間&テーマソングや過去の放送も。
第99回全国高校野球選手権大会
第99回大会7日目2回戦予想と結果と注目選手

 

 

大会8日目

第99回全国高校野球選手権大会8日目の対戦カードと勝敗予想、結果。この日の注目選手をご紹介します。

 

2回戦勝敗予想と結果

青文字は勝利予想校

※高校名をクリックすると詳細がご覧いただけます。

 

 

第1試合

チーム名  盛岡大付属 VS  松商学園
打率(甲子園成績)  .303  .466
防御率(甲子園成績)  1.00  0.00

松商学園 捕手・笠原拓実がこよなく愛するのはエースの青柳真珠。二人は小学生からバッテリーを組続けた幼馴染。笠原は青柳の延びのあるストレートに惚れ込み高校でもバッテリーを組もうと松商学園に誘った。どんな場面でも青柳が活きる直球を覚悟をもって要求し続けた。

結果

チーム名123456789R
盛岡大付属0101002116
松商学園0000011103

【投手】

盛岡大付属)三浦瑞、平松

松商学園)青柳真、直江

【本塁打】

比嘉(盛岡大付属)、藤井(松商学園)

 

第2試合

チーム名  前橋育英 VS  明徳義塾
打率(甲子園成績)  .264  .302
防御率(甲子園成績)  5.00  2.25

猛烈なライバル心を燃やすのは前橋育英140キロカルテット。その中でも最速149キロを誇る皆川喬涼が一目おかれる存在。2回戦の先発も皆川。2回に今大会最速149キロを記録し9回2アウトまで3-0と完封まであと一人。ここから後続が続き1点を取られると、指をつるアクシデントもあり、丸山にスイッチ。丸山は一人の打者を三振にきってとりゲームセット。

結果

チーム名123456789R
明徳義塾0000000011
前橋育英00100020X3

【投手】

明徳義塾)市川、北本

前橋育英)皆川、 丸山

【本塁打】

 

第3試合

チーム名  日本航空石川 VS  花咲徳栄
打率(甲子園成績)  .358  .394
防御率(甲子園成績)  6.00  0.00

花咲徳栄のイケメン・西川愛也。彼には超絶な大ファンがいる。大阪在住の西川の祖母・鳥本百合子さん。(75歳)この夏は何度も大阪から埼玉へ応援に駆け付けた。この日も精一杯の声援を送る。

日本航空石川 キャプテン・三桝春樹。彼が甲子園でどうしても対戦したかった相手、秀岳館・川端健斗。大の仲良しだった二人は別々の高校に進学し最初で最後の対戦のチャンスを甲子園の舞台で約束した。夢は叶わなかったが、川端に優勝のエールを送った。

結果

チーム名123456789R
花咲徳栄5000001039
日本航空石川0000003003

【投手】

花咲徳栄)綱脇、清水

日本航空石川)佐渡、大橋

【本塁打】

野村(花咲徳栄)

 

第4試合

チーム名  聖光学院 VS  聖心ウルスラ
打率(甲子園成績)  .361  .294
防御率(甲子園成績)  0.00  2.00

聖光学院の豪腕バッティングピッチャー湯浅京己。最速は145キロ。県大会では背番号18を背負っていたが、課題の制球難が解消できず甲子園ではベンチ外となった。傷心した湯浅を励ましたのは親友でキャプテンの仁平勇汰。湯浅は自らバッティングピッチャーを志願しチームに帯同。打撃練習でも力のこもった直球を投げ込む。頼れるキャプテン仁平には特に力を入れ、仁平もまたその気持ちに応える結果を甲子園の舞台で残していく。

聖心ウルスラ・請関史也は中学3年生の秋に野球が大好きだった父を亡くした。父は病床で野球を続けて欲しいと願った。最終回、父に見守られる請関の打球は甲子園の大空を舞い、スタンドまで運ばれた。「父が力を貸してくれた。ありがとうと言いたい」と言葉を残し、ホームランボールと甲子園の土を墓前に供えることを天国の父と約束した。

結果

チーム名123456789R
聖心ウルスラ0300000014
聖光学院00211001X5

【投手】

聖心ウルスラ)戸郷、林田

聖光学院)前田、斎藤

【本塁打】

請関(聖心ウルスラ)

 

 

注目選手

青文字をクリックすると詳細がご覧いただけます

 

平松 竜也(盛岡大付属)

最速145キロの直球とスライダー、カーブ、チェンジアップ、フォークを操る本格派右腕。`16年の夏の甲子園帯同から投げるコツをつかんだ盛岡大付属・三浦に並ぶ2枚看板の一角。

対作新学院 9回、被安打1、奪三振4、失点1、

対松商学園 3回、被安打3、奪三振1、与四死球3、失点2

 

臼井 春貴(盛岡大付属)

最速147キロの直球を誇る外野兼任右腕。遠投110mの強肩と50m6秒フラットの快足を持つ身体能力の高い注目選手。

対作新学院 3打数2安打、打点1

対松商学園 2打数0安打、打点0、三振2、四死球1、盗塁0

 

比嘉 賢伸(盛岡大付属)

高校通算16発、遠投100m、50m6.3秒。強肩強打の4番・遊撃手。

対作新学院 4打数2安打、打点2

対松商学園 5打数1安打、打点1、三振2、四死球0、盗塁0、本塁打1

 

植田 拓(盛岡大付属)

高校通算58本塁打。50m5秒9。身長165cm体重72kg背筋力240kgの超パワーヒッター。中学時代は貝塚シニアに所属。3年生の時に関西選抜に選ばれ台湾遠征に同行し、世界を経験している。
夏・岩手県大会で4本塁打。

対作新学院 4打数2安打

対松商学園 3打数0安打、打点0、三振1、四死球2、盗塁0

 

青柳 真珠(松商学園)

身長183㎝ 体重77㎏  右/右
最速145キロの直球を操る右腕。藤浪晋太郎(現・阪神)を彷彿とさせる腕の振りから伸びのあるストレートが武器。制球に課題が残る。

対土浦日大 9回、被安打6、奪三振11、失点3、

対盛岡大付属 6 1/3回、被安打8、奪三振6、与四死球2、失点4

 

直江 大輔(松商学園)

身長183㎝ 体重73㎏  右/右
最速142キロの直球とカーブ、スライダーを操る右腕。腕のしなりがよく、回転数が多いことからキレもいい。制球力が高く、低めに集めることが出来る投手。

対盛岡大付属 2 2/3回、被安打3、奪三振1、与四死球2、失点2

 

藤井 大地(松商学園)

身長178㎝ 体重82㎏  右/右
がっしりとした体格から県屈指の飛距離を飛ばす右のスラッガー。地肩が強く投手としても勢いのある球が放れるポテンシャルの高い選手。

対土浦日大 6打数4安打、打点3

対盛岡大付属 3打数1安打、打点1、三振1、四死球1、盗塁0、本塁打1

 

皆川 喬涼(前橋育英)

身長179㎝ 体重79㎏ 右/右
最速149キロの直球とスライダー、チェンジアップ、カーブ、フォークを操る右腕。中学時代から打撃にも定評があり、基本的には外野手として出場する機械が多い。16年夏、17年春の甲子園を経験している。

対山梨学院 4回、被安打2、奪三振7、失点3、

対明徳義塾 8 2/3回、被安打4、奪三振6、与四死球1、失点1

 

吉沢 悠(前橋育英)

身長174㎝ 体重63㎏ 右/右
最速144キロの直球とスライダー、チェンジアップを操る右腕。秋季大会まで背番号1のエースはセンバツではケガ出場機械がなかった。

対山梨学院 3回、被安打4、失点2

 

根岸 崇裕(前橋育英)

身長192㎝ 体重93㎏ 右/右
最速141キロの直球とカーブ、スライダー、ツーシーム、スプリットを操る右腕。192cm,92kgの恵まれた体格を生かした重い角度のある直球が武器。

対山梨学院 2回、被安打1

 

丸山 和郁(前橋育英)

身長170㎝ 体重69㎏ 左/左
最速144の直球とスライダーをカーブ、チェンジアップを操る左腕。身体能力の高く、170cmと小柄ながらも遠投95m,50m5.9秒、高校通算15本塁打の記録を持つ。1番・中堅手で出場し、救援としてマウンドに上がることが多い。16年夏、17年春の甲子園を経験している。

対山梨学院 3打数1安打、盗塁4

対明徳義塾 3打数1安打、打点0、三振0、四死球1、盗塁2

対明徳義塾 0 1/3回、被安打0、奪三振1、与四死球0、失点0

 

西浦 颯大(明徳義塾)

右投左打  身長177cm体重70kg 右翼手・一塁手  高校通算本塁打23本。50m5秒9。遠投110mの才能溢れる名門の4番。

対日大山形 6打数2安打、盗塁1

対前橋育英 4打数1安打、打点1、三振0、四死球0、盗塁0

 

市川 悠太(明徳義塾)

身長183㎝ 体重70㎏ 右/右
183㎝の体格を活かしたリーチの長いサイドハンド。最速は140キロ。球速は速いものの安定感のなかった1年時を過ごすが、2年時から化け始めているミレニアム世代の一角。

対日大山形 7回、被安打5、奪三振2

対前橋育英 7回、被安打9、奪三振4、与四死球3、失点3

 

 

佐渡 裕次郎(日本航空石川)

身長173㎝ 体重75㎏ 右/右
最速144キロの直球とスライダーを操る右腕。夏県予選は4試合に登板し37 1/3回で41奪三振。星稜戦では11回7失点ながら完投勝利を収める。

対木更津総合 8回、被安打10、奪三振3、失点5

対花咲徳栄 7回、被安打6、奪三振5、与四死球5、失点6

 

上田 優弥(日本航空石川)

身長185㎝ 体重96㎏ 左/左
高校通算17本塁打。春の準決勝に高校通算17本目となるサヨナラホームランを放っている。日本航空石川期待の2年生大型スラッガー。

対木更津総合 5打数1安打1打点

対花咲徳栄 4打数0安打、打点0、三振1、四死球0、盗塁0

 

清水 達也(花咲徳栄)

身長178㎝ 体重80㎏ 右/右
最速149キロの直球とスライダー、カーブ、フォークを操る右腕で角度の付いた投球フォームに特徴があるスリークウォーター。コントロールに課題のある力投派。

対開星 1回、被安打0、奪三振2、失点0

対日本航空石川 2 2/3回、被安打1、奪三振1、与四死球1、失点0

 

西川 愛也(花咲徳栄)

身長180㎝ 体重84㎏ 右/左
打撃センスに魅力のある外野手。バットコントロールに定評があり、2年春から4番に座る。遠投94m、50m6.3秒、一塁到達4.3秒。

対開星 5打数2安打1打点

対日本航空石川 3打数0安打、打点1、三振0、四死球2、盗塁1

 

綱脇 慧(花咲徳栄)

身長180㎝ 体重81㎏ 右/右
最速138キロの直球とスライダー、カーブ、ツーシーム、フォークを操る右腕。しなやかな腕の振りで球持ちもよく、伸びのある直球が武器。

対開星 8回、被安打7、奪三振2、失点0

対日本航空石川 6 1/3回、被安打6、奪三振4、与四死球0、失点3

 

野村 佑希(花咲徳栄)

身長185㎝ 体重85㎏ 右/右 遠投100m 50m6秒8
最速144キロの直球を武器とする投手兼外野手。打っては高校通算24本塁打。春の県大会・2試合で1本ずつ柵越えを放っている。
ミレニアム世代の一角。

対日本航空石川 5打数3安打、打点1、三振1、四死球0、盗塁1、本塁打1

 

瀬川 航騎(聖光学院)

身長172㎝ 体重70㎏ 遠投100m、50m6秒、右/右。高校通算17本塁打。`16年国体で広島新庄・堀瑞輝投手(現・日ハム)の144キロの速球をセンターオーバーの2ベースに仕留めている。

対おかやま山陽 4打数2安打

対聖心ウルスラ 4打数5安打、打点2、三振0、四死球0、盗塁0、三塁打1

 

斎藤 郁也(聖光学院)

身長177㎝ 体重66㎏ 右/右。
最速140キロの速球が武器の本格派右腕。

対おかやま山陽 9回、被安打5、奪三振12、失点0

対聖心ウルスラ 6回、被安打4、奪三振7、与四死球1、失点1

 

前田 秀紀(聖光学院)

身長176㎝ 体重65㎏ 右/右。
しなやかな腕の振りから最速142キロの速球を投げ込む右腕。

対聖心ウルスラ 3回、被安打5、奪三振1、与四死球1、失点3

 

戸郷 翔征(聖心ウルスラ)

最速143キロの直球を操る右腕。変化球のキレ、マウンド度胸に定評がある。宮崎県北高校野球競技大会の遠投部門で117mを記録し優勝している。

対早稲田佐賀 9回、被安打8、奪三振11、失点2

対聖光学院 7 1/3回、被安打10、奪三振1、与四死球2、失点5

 

請関 史也(聖心ウルスラ)

打率、打点チームNo.1。パワータイプの1番バッター。宮崎県北高校野球競技大会ロングティー部門で112mを飛ばして優勝している。

対早稲田佐賀 4打数1安打

対聖光学院 4打数1安打、打点1、三振1、四死球0、盗塁0、本塁打1

 

宮原 倭大(聖心ウルスラ)

俊足巧打で出塁率と得点力が高く守備範囲も広い外野手。宮崎県北高校野球競技大会ベースランニング部門で3位入賞している。

対早稲田佐賀 4打数1安打

対聖光学院 4打数2安打、打点0、三振0、四死球0、盗塁0