画像引用先:yito492dmenuニュース

 

ヒロ狙う原家超え

 

 

横浜商大高破る

東海大相模の門馬敬治監督の長男・大(ひろ)三塁手(3年)が、18日、春季神奈川県大会3回戦で2安打2打点と活躍し、第1シードの横浜商大高を8回コールドで破った。同校では故・原貢元監督と辰徳(前巨人監督)も成し得なかった父子日本一を誓った。右打席で左足を大きく開いたスタンスの5番・大は、1点を先攻した初回2アウト3塁でセンター前タイムリー。2回の2アウト満塁ではレフト前に2打席連続タイムリーを放ち、「粘り強さが出た」と胸を張った。

 

妹はマネージャーで親子3代

小学2年生で野球を始めた大は、「他の人に出来ない経験」と憧れの父を「監督」と呼ぶようになった。1年生だった15年夏の全国制覇はアルプスで応援。今年の春から妹・花(1年)も同校に入学し、マネージャー。極めて珍しい監督、選手、マネージャーで親子3人力。

父は7回に捕手後逸から生還した長男を「ヒロがよくホームを突いた」と讃えた。

辰徳氏も着けた背番号「5」の大は、2日前の練習試合で頭部に死球を受けて、救急車で搬送されたが、即復帰。「貢さんには小さい頃から可愛がって貰った。貢さん、辰徳さんも出来なかった父子での日本一になりたい」。原から門馬へ。ファミリーの悲願を継承する。

 

18日の春季神奈川県大会結果

東海大相模 8-1 横浜商大高

日大藤沢 11-3 横須賀総合

大和南 6-3 日大高