第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

 

 

 

大会3日目・3月21日

 

 

第3試合を地方大会の成績と共に徹底予想

 

 

健大高崎(群馬)対 札幌第一(北海道)

 

勝敗予想

健大高崎は、札幌第一のエース冨樫の立ち上がりを伝家の宝刀「機動破壊」で揺さぶりをかけ足で掻き回す。再三得点圏にランナーを進められるも、体重が増え球質の重くなった冨樫の低めの直球であと1本が外野まで届かない。

一方、札幌第一は地方大会100打点のチャンスに強い打棒そのままにコツコツと得点を重ねて行く。

6回が終わり4-0と札幌第一がリードを広げる。

ランナーが出るたびに足で揺さぶる健大高崎だが、あと1本が遠い。1点を返せないまま札幌第一は8回から投手を前田に代え完封リレー。

打線は高階、柴田にもタイムリーが飛び出し6点差。

そのまま逃げ切った札幌第一が完封リレーで初戦突破。

6-0で札幌第一の勝利。

 

チームデータ健大高崎(2年振り3回目)

 

特徴

機動破壊」継承の新チームでは50mのタイムで見ると、6番今井佑輔が、5秒8、2番小野寺大輝が、5秒9、1番湯浅大が、6秒1と3選手を中心に圧巻の快足で関東大会3試合で7盗塁。

2016年夏の県決勝も経験している130km/h前半の直球と、スライダー、チェンジアップで組み立てる右サイドの技巧派・エース伊藤敦紀を中心にサウスポーの竹本甲輝、MAX143km/hの直球が武器の小野大夏、直球とスライダーの球速差がほとんど無いリリーフエースの向井義紀ら4投手の継投で相手打線に的を絞らせない。

 

総合18位

打率.278(22位)、出塁率.337 (24位)、盗塁率18.18%(2位)、防御率2.88(14位)、平均得点4,66(19位タイ)

 

 

 

チームデータ札幌第一(2年連続2回目)

 

特徴

エースの冨樫颯大はMAX139km/h。スライダー、チェンジアップ、カーブを操るサウスポー。直球、変化球ともにフォームに違いはなく打者一巡での攻略は難しそうだ。

バックも経験豊かなメンバーが揃う。今春の甲子園メンバーが7人、夏のベンチ入りからは10人が残った。中学時代、ポニーリーグで全国優勝を経験している富樫颯大、前田剛志の両左腕が計算できる。さらに道内では中学時代から知られた存在の宮沢晃汰、高階成雲、1年生ながら小樽シニア時代にはU-15日本代表で活躍した柴田颯の左打者を中心とした打線は切れ目がない。

 

総合3位

打率.364(2位)、出塁率.455(2位タイ)、盗塁率5.79%(16位)、防御率3.947(23位)、平均得点7.85(2位)

 

 

 

 

第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎