第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

 

 

 

 

第89回選抜注目選手

三浦銀二2年(みうらぎんじ)

著作者:freedesignfile.com

阪神4位浜地の後継者、防御率0,75三浦銀二の魅力とは

 

 

ポテンシャルと特徴

MAX144km/h。常時130km/h中盤〜140km/h前半の直球で内外ボール1個分の出し入れができるコントロールが持ち味120km/h〜110km/h台のキレのいい横滑りするスライダーと、100km/hを切るブレーキの効いたカーブはどれも空振りの取れる一級品。

特徴:ゆったり振りかぶって、背筋がピンと張ったまま左足が上がってくる。上体はそのままにじわぁっと軸足を折りながらタメを作り、内にパワーを溜めたまま左足が真っ直ぐ着地。マウンドに根が張るような左のブロックでまだ、パワーは開放しない。左腕の巻き込みで軸を回転させ、ようやく右手が後頭部を通過する。ここでやっとパワーは全開放されムチの様にしなやかな右腕からボールが放たれる。

初速と終速の差はほとんど感じられず打者の手元で伸びるストレートかと思ったら横滑りしながら逃げていくスライダーはわかっていても攻略は難しい。

また、旧チームのエースで阪神から4位指名を受けた浜地真澄からの教えを真摯に受け止めていた三浦はスピンのかけ方を直接伝授してもらうだけではなく、浜地が使用した直後のプルベンに入りその歩幅をチェックしたことがある程の勤勉さも特徴の一つである。その性格は堂々としたマウンド裁きでも丁寧なピッチングによく表れている。

 

経歴

1年秋からベンチ入りし、2年秋から背番号「1」。秋季大会全11試合を完投し、県優勝、九州優勝を達成。

九州大会では大分商、鹿児島実、秀岳館の3試合連続完封を含む33イニング連続無失点、36回、失点3を記録。

 

成績

九州大会

全4試合 36回 打者134人 被安打22 奪三振35 与四死球9 失点3 防御率0.75

神宮大会

全2試合 17回 打者74 被安打20 奪三振10 与四死球6 失点4 防御率2.11

 

注目point

球速、球質、投球術、フィールディングどれをとっても高校生トップクラスの投手には間違いない。憧れ浜地の後を追い、プロへの道も考える三浦はこの冬で150km/hのストレートを目指す。もちろん球速や三振数も注目だが、こんなところにも魅力はある。

「相手打者をよく観察して投げるように」という浜地からの教えを実践し、神宮大会2回戦・明徳義塾を完封した後、「やっぱり頭の良いピッチャーやね。練習試合とは違いインコースを上手く使われた」と馬淵監督を脱帽させた。

変化球を低めに集めて丁寧に内野ゴロを打たせていたかと思ったら一転、140km/hオーバーの快速球をコーナーに連発して三振を奪いに行くなど、打者の内気や作戦、雰囲気を読み取って投球に変化を付けられるところが最大の魅力だと感じる。選抜では是非この魅力を見ていただきたい。

また、神宮大会準決勝・早稲田実戦で6失点。清宮を全打席出塁、1年生4番野村に2ランを浴びるなど大敗。「今のままでは通用しない」の一言に想いを乗せて一冬越え、早稲田実へのリベンジを達成できるか。福岡大大濠 対 早稲田実の一戦も注目カードだ。

 

プロフィール

右投右打 身長175cm体重70kg

守備位置:投手

小学3年生から野球を始め中学では軟式野球部に所属。3年の時に福岡選抜に入り全国KB野球秋季大会でBest4に輝く。

 

 

 

第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

 

 

 

参考書籍:週刊ベースボール、ホームラン センバツ 2017

参考サイト:ドラフトレポート-FC2