2017年世代の高校野球も正式な公式戦はあと、国体だけ。夏の全国高校野球選手権大会も花咲徳栄高校の優勝で埼玉県では初の深紅の大優勝旗を手に入れ。U18代表侍ジャパンが挑んだWBCも3位の成績を修めるなど、着々と事は進み、いよいよ注目のドラフト会議が今か今かと押し迫っている秋口の9月。

夏の大会で気になった試合を見返し「あの子はどんな進路を選ぶのかな?大学かな?プロ志望かな?社会人かな?野球続けるかな?」なんて思い更ける中、日中では仕事の合間に話す雑談にしばしば大阪桐蔭対仙台育英の名試合が話題上がります。

 

 

ことの発端

仙台育英・エース長谷川拓帆と大阪桐蔭・2年生、背番号「11」の柿木の投げ合いは両者一歩も譲らず同じような投球内容、球数で0行進を演じ甲子園に訪れた高校野球ファンを魅了した。

試合が動いたのは8回表。2番山本の作ったチャンスを3番の2年生中川が連打で続いて先制点を挙げた。ここで崩れず最小失点で切り抜けた長谷川が一枚上手だったのか、9回裏2アウト無走者からの逆転劇で春の覇者大阪桐蔭を2-1で退けた。

今夏の特徴とも言うべき、終盤で起きるドラマは磐石の戦力・体制で挑んだ春の絶対王者大阪桐蔭さえも呑み込んだ。

事の発端は1点リードで迎えた9回裏。3番・山田をセンターフライ。4番・佐川を三振とテンポ良く抑え簡単に仙台育英打線を追い込んだが、諦めない5番・杉山がしぶとくセンター前ヒットを放ち後続へ繋ぐと、6番・渡部が四球でサヨナラのランナーとして出塁する。しかし、7番・若山がショーゴロを放ち万事休すかと思った矢先、送球を受け取ったファースト中川がベースを踏み損ね、オールセーフ。2アウト満塁の大ピンチが大阪桐蔭に襲いかかる。大阪桐蔭はこの回2度目の守備のタイムを取り、立て直しを図った8番・馬目に左中間を破る2ベースヒットを打たれ、サヨナラ。あっけない幕切れとなった。

しかし、このときに起きたファースト中川のベース踏み損ねが負傷によるものではないか?と一部のファンが騒ぎ立て、その原因を作ったと予測される仙台育英選手個人のTwitterアカウントを集中砲火し徹底的に叩き潰した。

大阪桐蔭に競り勝ち、3回戦を勝ち進んだ仙台育英だが、次の日の準々決勝では炎上被害にあった正捕手を出場させずベスト8で敗退し甲子園を去っていった。

と言うのも、「負傷の原因」とされる事態は7回裏に起きていた。大阪桐蔭は2アウト無走者で6番・渡部をショートゴロに打ち取りこれを遊撃手・泉口が処理しファーストに送球。難なく3アウトが確定し大阪桐蔭ナインは皆ベンチへ引き上げてくる途中、全員の足が止まった。一塁ベースを駆け抜ける渡部と一塁手の中川が交錯し両選手共に倒れ混んでいた。

スロー再生を見る限りでは渡部の左足が捕球体制で一塁キャンパスから伸ばしていた中川の右足首当たりに接触していた。中川はかなり痛かったのか悶絶し味方選手に肩を抱えられながらベンチへ引き上げ治療を行った。

この接触は渡部が故意に蹴ったとされていて高校野球ファンの逆鱗に触れた。更に渡部には日本文理戦でも同様のケースがあり、今回のことが火に油を注いだ形となった。当人のTwitterアカウントの特定には労せず数多くの人が誹謗中傷を浴びせたことで渡部はひどく傷つき、Twitterアカウントは即削除。事態を重く見た被害者に当たる大阪桐蔭・中川は「一塁ベースの踏み損ねと負傷は無関係」とのツイートを発信した。

 

選手とファンの温度差

この件に関しては数多くの見解があることと思うが、そもそもを正せば15歳~18歳の人としても、野球人としてもまだまだ発展途上の未熟な青少年たちの野球というスポーツを通した競い合いである。大きな目標達成と目の前の試合に勝つことに全てを捧げている。

その目標達成と1勝の為に普段から鍛練を積み、試合前には相手を研究し弱点を見つければそこを徹底的に叩く。ルール違反でなければ勝つために非情な作戦や相手が心底嫌がる作戦だってどんどん進めていくし、時には想像もしたことがないようなトリッキーなプレーが生まれたりもする。

要するに多少のずる賢さも無いよりはあった方がいいと言える。ただそれらは悪まで「ルール範囲内」前提のことだから許されるし、感心される場合もある。いくら勝ちたい気持ちが強いからと言ってルール違反なプレーが出れば妨害とみなされ相手に優位なジャッジも下るし見ているファンは面白くないだろう。

 

ファンの既成概念

ではなぜ「面白くない」となるのか。それは日本人にとってスポーツ自体が清らかで汚れがないものと信じて疑わず、フェアプレーで堂々と戦った者にこそ勝利が渡されて然るべきとの意識が根強いからではないだろうか。特に日本で歴史の長い野球は老若男女ファンは多く古来からの武士道精神が盛り込まれたフェアプレーを美徳としており、故意なラフプレーをしてみようものなら戦犯呼ばわりである。それがアマチュアで高校生ともなればよりそういった精神が期待されている。

15歳で親元を離れ頭を丸め、脇目も振らせてもらえず、寮暮らしで朝から晩まで厳しい規則に縛られている上、先輩には奴隷が如く扱われながら、一桁の背番号、ベンチ入りを夢見て必死で生活、練習に食らいついていく様を見てはいなくても試合に勝ちたいと言う姿勢から滲み出てくるその背景にファンは酔いしれているし、酔いしれたいのである。だからこそそこに故意か偶然かは別としてラフプレーが生まれると興醒めであり、怒りの矛先となってしまう。

気持ちが熱くなりすぎたからと言ってラフプレーを認めていいとはならないが、15歳から貯めてきた全国制覇への思いが2年越しに手の掛かるところまで来ているとなればどんな手段を使ってでも勝ちたいと言う気持ちが芽生えることはある程度誰にでもあって、極々自然な発想ではないかと思う。それが15歳~18歳の心も体もまだ未熟な子供であれば「グレーの範囲内なら」と見つからないように、違反と取られないように過ちを犯すことだって全くないとは限らない。

ただ、やるか、やらないかの紙一重の話である。

今回の件が故意か偶然かは定かではないが、もし仮に故意だったとしても彼らはまだ子供である。大人顔負けの体格やプレーをして見せるがまだ15~18年しか生きておらず、ましてや寮生活で野球漬けなら全くと言っていい程世間を知らない。何せ脇目も振らせてもらえていないのだから。

憧れの強豪校の門を叩き、全国制覇と言うチームの目標に乗り、レギュラーを勝ち取るためにただただ野球だけを必死にしてきた子供が、世間一般の人達が、高校野球ファンがどういった目で自分達を見ているかなんて知ったことではないし、考える暇すらない。

 

 

過度な報道と期待

しかし、世間では彼等高校生が打ち出した記録・好プレーを評価し一面でニュースを飾り、インタビューもプロ選手さながらの囲み取材。もちろんスター選手を抱える監督・顧問からの指導により世間が喜ぶであろう応答の仕方を選手当人も教わっているであろうことは言うまでもない。何故なら素晴らしい記録を打ち出し有頂天に舞い上がった状態で取材を受けてちょっと図に乗ったような事を口走ろうもんなら徹底的に世間から叩かれるからだ。15~18歳で世間からバッシングを受けた人間が、その後まともに外を出歩けるはずもなく、その後の人生を大きく左右してしまうことさえ容易に想像もつく。スター選手の周りの大人達はそんな事態にならないように全力でその選手を守るだろう。

それでも世間とは数多くの人がいるものですばらしい記録を打ち出したにも関わらず誹謗中傷のコメントをweb媒体を使って書き込む者もいる。それを目にして同調し更に誹謗中傷を広げようとする者さえいる。人それぞれ色々な感性があって様々な捉え方があるから一個人の発想にとやかく言える者はいないが、そのコメントを見て気分を害する人が現れるであろうことをわざわざ書き込む必要があるのだろうか?何度も言うが相手は高校生であってまだ10代の子供たちである。誉めることこそあれ、けなし落ち込ませる意味がどこにあるのだろうか?仮に自分がそんな目に遭ったり、自分の友人、家族が同じ目に遭ったらどんな気分になるか考えられないのだろうか?甚だ疑問である。

 

インターネット使用のモラル

話は脱線したが、今回の仙台育英個人選手のTwitterアカウント削除にまで至った件に関してはweb媒体での誹謗中傷より更にタチが悪いと言わざる終えない。

もし仮に、もし仮にも相手選手との接触が故意だと言うのであれば、 先ずはスポーツルール上の判断を審判が下し、教育上の観点から監督・顧問からの指導が入ることで話は片がつく。それ以外の制裁を加えられる者が要るわけはない。SNSを活用して名指しで誹謗中傷を拡散したり、直接当人に罵声を浴びせるDMを送り付けるなどあってはならない。そもそもそういった誹謗中傷・罵声を浴びせる人は当事者とどういった関係なのか?親兄弟なのか?はたまた普段からの生活指導をしている教諭なのか?

昨今の中学・高校生活で度々上がる「いじめ」問題の中にもSNSを使った誹謗中傷や陰口などを苦に不登校になったり命を絶つ者もいる。不特定多数の人間からweb上に陰口を書き込まれたり、悪口をDMで送り付けられる行為が直接面と向かって伝えられるよりどれ程傷つくか、どれ程将来に影響するかよくよく考える必要があるのではないだろうか。

第74回全国高校野球選手権大会・星稜対明徳義塾では松井秀喜選手(元NY)が5打席連続敬遠をされたことで大きな社会問題となったが、実は松井秀喜選手の後を打っていた月岩選手が一番の被害者だったかもしれない。ランナーがいてもいなくても松井選手は敬遠され出塁するわけだから当然その後の打者はチャンスで打席が回ってくるわけである。しかし、この日の月岩選手はスクイズで1打点を挙げたのみに留まり4打数0安打と悔しい思いをした。その後月岩選手は野球で大学に進学するもこの事を大学でもいじられ野球部を辞めてしまっている。更に長い間野球から離れるなど心底深い傷を負っていた。

まだ、インターネットが広く普及する前の時代でも全国ネットで起きた事件の当事者達にはこういった後遺症が待っていた。

今の時代はだれもが当たり前のようにインターネットで情報を得ることが出来る中で、一度書き込まれたらすべて消し去ることはまず無理と言われているweb上で炎上被害に遭えばその後の後遺症だって考えるに及ばず、ただただそんな目に遭った当人の今後が心配でならない。

強豪校でレギュラーを張り全国でも活躍するほどの選手である。当然この先の人生でも野球を続けられる環境があっただろうに、今回の事が原因で当人自身に野球を続けられる精神力が残っているのか、また渦中の選手を受け入れる予定でいた進路先の組織が変わらず受け入れられる態勢が出来ているのか非情に懸念されるところである。

 

ファンとしての姿勢

もし、高校野球ファンがSNS、web媒体を使って誹謗中傷・罵声を浴びせているのだとしたら同じ高校野球ファンとして非情に悲しいし、高校野球ファンを語って欲しいと思えない。悪までアマチュア、悪まで高校生。文武両道を謳う学校が増えた今、考えることが野球100%とはいかず勉強も疎かには出来ない。更に仲間内とのコミュニケーションツールとしてスマートフォンを持つことは高校生では当たり前であり、SNSをやっていることは癒しになることもあるが時として自分を傷つける凶器になることも承知で情報交換として必須アイテムなのだろう。

レギュラーを勝ち取るためのプレッシャー、勉強、SNSと言った一昔前にはなかったストレスとも向き合わなければならない近代の高校生への負担は計り知れない。何度も何度も再三言うが彼らは高校生であり、まだ15~18歳の子供である。どんなに大人びた言動を取っていても野球しか知らないし、常識も世間もこれから知っていく未熟者には代わりない。

「ただ勝ちたい」最小の願いで最大の希望である1勝の為だけに一心不乱なだけであり、それだけの為に全てを捧げてきた子達なのである。全身の細胞全てをフル稼働させ今すべきことに全力を尽くす。それが時として故意か偶然かは別として良くない方向に傾くことだってある。まだまだ人間的に成熟しておらず、感情のコントロールもままならない青少年の誤りに対して取り返しがつかないほどのバッシングはむしろファン側のモラルが問われるのではないだろうか。

顔を逢わせず、直接声を伝えることのないSNSは使い方によっては便利にも相手を叩きのめす凶器にもなる。今学校でも先生方が頭を悩ますSNS、インターネットの使い方を今一度大人達からリテラシーを高め、現実社会と変わらぬモラルを守って使用することを後生にも伝えたいものである。

ことスポーツでの勝負事では応援しているファンも熱くなりがちではあるが、そこに感情や鬱憤を込めてグラウンド外で誹謗中傷したり、さらし者にしたりするこが無くなることを切に願うし、今後今回のような件が生まれた際には当事者の成熟と成長を願うような暖かい眼差しのコメントが並ぶことを期待したい。