三重県代表
津田学園

 

全国49大会から各1校ずつが出場できる第99回全国高校野球選手権。7月も後半に入ると次々に代表校が決定していきます。

この記事では見事63校を勝ち抜いた三重県代表、津田学園をご紹介します。

三重県大会の詳細はこちらから
↓↓↓

甲子園への道!三重県大会展望と詳細

 

 

甲子園での成績

初出場。

出場2回、ベスト8 0回、ベスト4 0回、準優勝0回、優勝0回

出場1回、ベスト8 0回、ベスト4 0回、準優勝0回、優勝0回

 

 

`17年夏の成績

試合数6、得点48、失点8

打数169安打71、打率.420

二塁打14、三塁打2、本塁打3

三振20、四死球27、犠打20、盗塁2、

失策5、出塁率.500、防御率1.64

 

チームの特徴

初出場を決めた津田学園は春夏通じて3回目の甲子園。最高成績はベスト8までも進んだことはなくこれからのチームである。

夏の県予選は試合数6、得点48、二塁打14、三塁打2、本塁打3、打率.420、出塁率.500と打率、出塁率の高さは出場校の中でもトップクラス。さらに防御率1.64とディフェンス面でもポテンシャルは高い。

しかし、ランナーを出しても残塁45とチャンスでの一打が弱い。出塁する力に負けないメンタルが勝利への鍵となりそうだ。

投手陣はエースの水谷が中心で若林、廣井河村らが救援に回る。

 

注目選手

水谷 翼

身長182㎝ 体重86㎏ 右/右

最速140キロの直球とスライダー、カーブ、チェンジアップを操る右腕。恵まれた体格から力のある重いストレートが武器。

 

久保田 拓真

身長182㎝ 体重78㎏ 右/右

二塁送球タイム2秒を切る強肩捕手。四日市南戦で3安打5打点を記録し、先制のレフトスタンドへ3ラン本塁打を放っている。

 

メンバー紹介

背番号 名前 ポジション 学年
 1  水谷 翼  投手  3
 2  久保田 拓真  捕手  3
 3  上下 大地  内野手  2
 4  宮木 滉生  内野手  2
 5  仲林 泰生  内野手  2
 6  中島 貴良  内野手  2
 7  藤井 久大  外野手  1
 8  菊池 翔矢  外野手  3
 9  間道 永吉  外野手  3
 10  廣井 秀哉  控え  3
 11  河村 信吾  控え  2
 12  内田 蓮  控え  3
 13  石川 竜也  控え  3
 14  前川 夏輝  控え  1
 15  石川 史門  控え  1
 16  稲垣 宏汰  控え  2
 17  中村 太一  控え  3
 18  若林 潤  控え  3