千葉県代表
木更津総合

 

全国49大会から各1校ずつが出場できる第99回全国高校野球選手権。7月も後半に入ると次々に代表校が決定していきます。

この記事では見事168校を勝ち抜いた千葉県代表、木更津総合高校をご紹介します。

千葉県大会の詳細はこちらから
↓↓↓

甲子園への道!千葉県大会展望と詳細

 

 

甲子園での成績

2年連続6回目の出場。

出場3回、ベスト8 1回、ベスト4 1回、準優勝0回、優勝0回

出場6回、ベスト8 1回、ベスト4 0回、準優勝0回、優勝0回

 

 

`17年夏の成績

試合数7、得点61、失点7

200打数74安打、打率.370

本塁打5

三振25、四死球39、犠打16、盗塁16、

失策4、出塁率.473、防御率1.17

 

チームの特徴

2年連続6回目の出場を決めた木更津総合は春夏合わせて9回目の甲子園。最高成績は春のベスト4だが、16年の好左腕・早川隆久がエースとして登板した春夏どちらも8強入りのイメージから投手、守備の印象が強いチーム。

17年のチームもまた、好左腕・山下輝は最速146キロの直球とスライダー、カーブ、カットボールを操り、中3秋に県選抜でKB全国大会優勝を経験している。夏の県予選も4回戦から5完投とマウンドを譲らなかった。早川が破れなかった8強を打破できるか。

攻撃陣も1年生から主戦を張る峯村貴希が打線の中心。高校通算28本塁打。中学時は佐倉シニアに所属し3年夏に全国選手権大会優勝、ジャイアンツカップ優勝の2冠を達成。

峯村が中心の打線は県予選で打率.370、本塁打5、四死球39、出塁率.473、の結果を残し昨年の守備のチームから打てるチーム、走者を出せるチームへと変貌した。

打てて点を与えない木更津総合が4強以上を狙う。

 

注目選手

峯村 貴希

身長186㎝ 体重82㎏ 遠投95m 50m5秒9 右/左

高校通算28本塁打。広角に長打を放つ大型ショート。打撃センスの光る将来有望な内野手。幼稚園年長から軟式野球を始め、中学時は佐倉シニアに所属。3年夏に全国選手権大会優勝、ジャイアンツカップ優勝の2冠を達成。佐倉シニア時代のチームメイトに東海大市原望洋の金久保優斗がいる。

 

山下 輝

身長187㎝ 体重82㎏ 左/左

最速146キロの直球とスライダー、カーブ、カットボールを操る左腕。小学3年生から軟式野球を始め、中学時代は軟式野球部に所属。中3秋に県選抜でKB全国大会優勝を果たした。

 

メンバー紹介

背番号 名前 ポジション 学年
 1  山下 輝  投手  3
 2  芦名 望  捕手  3
 3  山中 稜真  内野手  2
 4  小池 柊稀  内野手  1
 5  野尻 幸輝  内野手  2
 6  峯村 貴希  内野手  3
 7  綿田 将也  外野手  3
 8  大木 巴哉  外野手  3
 9  細田 悠貴  外野手  3
 10  高佐 太紀  控え  3
 11  熊谷 竣平  控え  3
 12  峯村 誉範  控え  2
 13  前田 和希  控え  3
 14  比護 涼真  控え  2
 15  伊藤 龍  控え  3
 16  橋本 康生  控え  3
 17  東 智弥  控え  2
 18  久保田 望  控え  3