大阪府代表
大阪桐蔭

 

全国49大会から各1校ずつが出場できる第99回全国高校野球選手権。7月も後半に入ると次々に代表校が決定していきます。

この記事では見事176校を勝ち抜いた大阪府代表、大阪桐蔭をご紹介します。

大阪府大会の詳細はこちらから
↓↓↓

甲子園への道!大阪府大会展望と詳細

 

 

甲子園での成績

`14年以来3年振り9回目の出場。

出場9回、ベスト8 2回、ベスト4 1回、準優勝0回、優勝2回

出場9回、ベスト8 回、ベスト4 1回、準優勝0回、優勝4回

 

 

`17年夏の成績

試合数8、得点77、失点24

268打数107安打、打率.399

二塁打22、三塁打7、本塁打5

三振17、四死球38、犠打12、盗塁19、

失策4、出塁率.474、防御率3.38

 

チームの特徴

3年振り9回目の出場を決めた大阪桐蔭は春夏通じて18回目の甲子園。最高成績は春優勝2回、夏優勝4回の全国屈指の超強豪校。

今年のチームは秋季近畿大会ではギリギリベスト8入りを果たし、滑り込む形でのセンバツ出場だったが、一冬越え力の付けた大阪桐蔭は決勝の舞台に進出。大坂対決となった神宮大会の覇者・履正社との決勝戦も打で圧倒し、優勝。

続く春期大会も大阪府大会、近畿大会と優勝を飾るがどちらも決勝までエース徳山を温存。徳山は決勝で初登坂完投勝利を挙げ3大会連続優勝を果たすなど、エース徳山の絶対的な力と豊富な投手陣が超激戦区大坂を我が物顔で頂点に君臨した。

迎えた夏の陣、大阪府大会は順調に強豪が勝ち星を挙げる中、大阪桐蔭もまた勝ち進んでいった。8連勝してようやく届く甲子園。春とはうって変わって徳山が5試合に先発、3,5回戦、準決勝、決勝を完投するなどフルパワーで大阪府大会を乗り切った。

準決勝ではライバル履正社を振り切り、更なる自信を付けた大阪桐蔭メンバー。スター揃いの1,2年生中心のチームで春夏連覇をかけた甲子園に乗り込む。

 

注目選手

青文字をクリックすると詳細がご覧いただけます。

 

徳山 壮磨(大阪桐蔭)

MAX145km/h。遠投110m。しなやかな腕の振りから伸びのあるストレートに定評がり、スライダー、カーブ、フォークを操るプロ注目の右腕。

 

横川 凱(大阪桐蔭)

MAX144km/h。スライダー、チェンジアップを操る。大阪桐蔭140km/hカルテットの一角。高身長から繰り出す角度の効いたストレートと、キレのあるスライダーを投球の軸とする左腕。

 

根尾 昂(大阪桐蔭)

MAX148km/h。50m6秒0。回転数の多いストレートにはキレがあり、120km/h台のスライダー、110km/h台のカーブ、チェンジアップを操る。投打共に超高校級の注目選手。

 

香川 麗爾

身長175㎝ 体重77㎏ 右/右

最速146キロの直球とスライダー、チェンジアップ、ツーシームを操る右腕。1年夏からベンチ入りを果たし、その年の秋に神宮大会でも登板した。

 

柿木 蓮

身長181㎝ 体重84㎏ 右/右

最速146キロの直球とスライダー、カーブを操る右腕。2年春に全国デビューを果たし、143キロの直球で1回を無失点に抑えた。

 

岩本 久重

身長182㎝ 体重82㎏ 遠投110m、50m6秒1 右/右

2年秋には正捕手に座り府大会で打率5割りを記録。強肩強打の大型捕手。

 

山田 健太

身長183㎝ 体重82㎏ 遠投95m、50m6秒5 右/右

長打力が自慢の右の強打者。2年春の選抜・1回戦でレフトスタンドに2ランを叩き込んだ。選抜で成績は打率.571 1本塁打 8打点を記録した。

 

山本 ダンテ武蔵

身長174㎝ 体重74㎏ 遠投100m、50m6秒1 右/右

強肩強打俊足と三拍子揃った3番・ライト。2年秋から公式戦に出場。アメリカ人の父を持つハーフ。

 

藤原 恭大

身長181㎝ 体重78㎏ 遠投100m、50m5秒8 左/左 最速140キロ

三拍子揃った1番・センター。1年秋の近畿初戦でバックスクリーンへソロ弾を放った。2年春の選抜決勝で履正社・竹田から2発を放った。

 

メンバー紹介

背番号 名前 ポジション 学年
 1  徳山 壮磨  投手  3
 2  福井 章吾  捕手  3
 3  中川 卓也  内野手  2
 4  坂之下 晴人  内野手  3
 5  山田 健太  内野手  2
 6  泉口 友汰  内野手  3
 7  山本 ダンテ武蔵  外野手  3
 8  藤原 恭大  外野手  2
 9  岩本 久重  外野手  3
 10  根尾 昂  控え  2
 11  柿木  蓮  控え  2
 12  西島 一波  控え  3
 13  加藤 大貴  控え  3
 14  宮崎 仁斗  控え  2
 15  香川 麗爾  控え  3
 16  横川 凱  控え  2
 17  小林 大介  控え  3
 18  東本 直樹  控え  3