岩手代表
盛岡大付属

 

全国49大会から各1校ずつが出場できる第99回全国高校野球選手権。7月も後半に入ると次々に代表校が決定していきます。

この記事では見事68校を勝ち抜いた岩手県代表、盛岡大付属高校をご紹介します。

岩手県大会の詳細はこちらから
↓↓↓

甲子園への道!岩手県大会展望と詳細

 

 

甲子園での成績

2年連続10回目の出場。

出場4回、ベスト8 1回、ベスト4 0回、準優勝0回、優勝0回

出場10回、ベスト8 0回、ベスト4 0回、準優勝0回、優勝0回

 

 

`17年夏の成績

試合数6、得点53、失点8

190打数75安打、打率.395

本塁打9

三振9、四死球24、犠打10、盗塁14、

失策5、出塁率.463、防御率1.57

 

チームの特徴

2年連続、夏春夏と3季連続の甲子園出場を決めた盛岡大付属は選抜もベスト8と実力は十分。投手陣は先発の平松竜也、三浦瑞樹を軸にゲームを作り、更に二人とも完投ができるスタミナも備わっている。救援で最速147キロを誇る臼井春貴も控え抜け目のない守備陣営。

打力もパワータイプの先頭打者、プロ注目の植田拓を軸に得点53、75安打、打率.395と猛打盛岡打線は今年も健在。その植田は岩手県大会6試合で4本塁打と調子は上向き。春に続き夏の甲子園でも快音を響かせる。

 

注目選手

平松 竜也

最速145キロの直球とスライダー、カーブ、チェンジアップ、フォークを操る本格派右腕。`16年の夏の甲子園帯同から投げるコツをつかんだ盛岡大付属・三浦に並ぶ2枚看板の一角。

 

臼井 春貴

最速147キロの直球を誇る外野兼任右腕。遠投110mの強肩と50m6秒フラットの快足を持つ身体能力の高い注目選手。

 

比嘉 賢伸

高校通算16発、遠投100m、50m6.3秒。強肩強打の4番・遊撃手。

 

植田 拓

高校通算58本塁打。50m5秒9。身長165cm体重72kg背筋力240kgの超パワーヒッター。中学時代は貝塚シニアに所属。3年生の時に関西選抜に選ばれ台湾遠征に同行し、世界を経験している。

夏・岩手県大会で4本塁打。

 

メンバー紹介

背番号 名前 ポジション 学年
 1  平松 竜也  投手  3
 2  松田 夏生  捕手  3
 3  菜花 友紀  内野手  3
 4  小林 由伸  内野手  3
 5  大里 昴生  内野手  3
 6  比嘉 賢伸  内野手  3
 7  林 一樹  外野手  3
 8  植田 拓  外野手  3
 9  三浦 奨  外野手  3
 10  三浦 瑞樹  控え  3
 11  臼井 春貴  控え  3
 12  大宮 海星  控え  3
 13  須藤 颯  控え  3
 14  三浦 豪  控え  3
 15  伊藤 大智  控え  2
 16  藪内 海斗  控え  3
 17  松本 跳馬  控え  2
 18  青木 耀平  控え  3