石川県代表
日本航空石川

 

全国49大会から各1校ずつが出場できる第99回全国高校野球選手権。7月も後半に入ると次々に代表校が決定していきます。

この記事では見事49校を勝ち抜いた石川県代表、日本航空石川をご紹介します。

石川県大会の詳細はこちらから
↓↓↓

甲子園への道!石川県大会展望と詳細

 

 

甲子園での成績

`09年以来8年振り2回目の出場。

出場0回、ベスト8 0回、ベスト4 0回、準優勝0回、優勝0回

出場2回、ベスト8 0回、ベスト4 0回、準優勝0回、優勝0回

 

 

`17年夏の成績

試合数5、得点29、失点13

172打数46安打、打率.267

本塁打4

三振23、四死球18、犠打6、盗塁4、

失策7、出塁率.337、防御率2.49

 

チームの特徴

8年振り2回目の出場を決めた日本航空石川は春夏通じて2回目の甲子園。最高成績はベスト8まで進んだことはなくこれからのチームである。

今年のチームはエース佐渡を中心に安、杉本らが継投で守り勝つチーム。

佐渡は最速144キロの直球を操る右腕で、37 1/3回で41奪三振と三振の取れる投手。

打線はチーム打率.267と寂しい結果だったが甲子園に来て爆発するチームは少なくない。聖地でおお化けすることに期待しよう。

 

注目選手

佐渡 裕次郎

身長173㎝ 体重75㎏ 右/右

最速144キロの直球とスライダーを操る右腕。夏県予選は4試合に登板し37 1/3回で41奪三振。星稜戦では11回7失点ながら完投勝利を収める。

 

上田 優弥

身長185㎝ 体重96㎏ 左/左

高校通算17本塁打。春の準決勝に高校通算17本目となるサヨナラホームランを放っている。日本航空石川期待の2年生大型スラッガー。

 

メンバー紹介

背番号 名前 ポジション 学年
 1  佐渡 裕次郎  投手  3
 2  山上 祐大  捕手  3
 3  小板 慎之介  内野手  2
 4  兼田鳴海  内野手  3
 5  原田 竜聖  内野手  2
 6  尾畑 秀侍  内野手  3
 7  上田 優弥  外野手  2
 8  三桝 春樹  外野手  3
 9  安保 治哉  外野手  3
 10  杉本 壮志  控え  2
 11  大橋 修人  控え  2
 12  井岡 啓吾  控え  2
 13  長谷川 拳伸  控え  2
 14  浅野 悠冴  控え  3
 15  小坂 敏輝  控え  2
 16  関 慧斗  控え  3
 17  谷 京太郎  控え  3
 18  安東 凌太  控え  1