群馬県代表
前橋育英

 

全国49大会から各1校ずつが出場できる第99回全国高校野球選手権。7月も後半に入ると次々に代表校が決定していきます。

この記事では見事65校を勝ち抜いた群馬県代表、前橋育英高校をご紹介します。

群馬県大会の詳細はこちらから
↓↓↓

甲子園への道!群馬県大会展望と詳細

 

 

甲子園での成績

2年連続3回目の出場。

出場2回、ベスト8 0回、ベスト4 0回、準優勝0回、優勝0回

出場3回、ベスト8 0回、ベスト4 0回、準優勝0回、優勝1回

 

 

`17年夏の成績

試合数6、得点39、失点9

166打数51安打、打率.307

本塁打2

三振17、四死球32、犠打15、盗塁14、

失策6、出塁率.419、防御率1.65

 

チームの特徴

2年連続3回目の出場を決めた前橋育英は春夏通じて5回目の甲子園。最高成績は夏の初出場初優勝1回。

今年のチームは試合数6、得点39、51安打、打率.307、犠打15、盗塁14と爆発的な数字はないものの犠打15、盗塁14から堅い野球に足を絡めるケースが多い。同じ県下の健大高崎対策から得たものだろうか。

前橋育英と言えば皆川、吉沢、根岸、丸山ら140キロカルテットのいる投手王国。夏の県予選では準決勝で吉沢に完投があるが、それ以外の試合は5試合全てで皆川が先発し、吉沢、丸山で閉める試合運びだった。

磐石な投手陣と機動力を身につけた前橋育英が13年以来の優勝へ一気にかけ上がる。

 

注目選手

青文字をクリックすると詳細がご覧頂けます

 

皆川 喬涼

身長179㎝ 体重79㎏ 右/右

最速149キロの直球とスライダー、チェンジアップ、カーブ、フォークを操る右腕。中学時代から打撃にも定評があり、基本的には外野手として出場する機械が多い。16年夏、17年春の甲子園を経験している。

 

吉沢 悠

身長174㎝ 体重63㎏ 右/右

最速144キロの直球とスライダー、チェンジアップを操る右腕。秋季大会まで背番号1のエースはセンバツではケガ出場機械がなかった。

 

根岸 崇裕

身長192㎝ 体重93㎏ 右/右

最速141キロの直球とカーブ、スライダー、ツーシーム、スプリットを操る右腕。192cm,92kgの恵まれた体格を生かした重い角度のある直球が武器。

 

丸山 和郁

身長170㎝ 体重69㎏ 左/左

最速144の直球とスライダーをカーブ、チェンジアップを操る左腕。身体能力の高く、170cmと小柄ながらも遠投95m,50m5.9秒、高校通算15本塁打の記録を持つ。1番・中堅手で出場し、救援としてマウンドに上がることが多い。16年夏、17年春の甲子園を経験している。

 

メンバー紹介

背番号 名前 ポジション 学年
 1  皆川 喬涼  投手  3
 2  戸部 魁人  捕手  3
 3  小池 悠平  内野手  2
 4  堀口 優河  内野手  3
 5  飯島 大夢  内野手  3
 6  黒澤 駿太  内野手  3
 7  吉沢 悠  外野手  3
 8  丸山 和郁  外野手  3
 9  飯塚 剛己  外野手  3
 10  根岸 崇裕  控え  3
 11  木島 佑起  控え  3
 12  町田 優太  控え  3
 13  原田 捷敏  控え  3
 14  深川 理来  控え  3
 15  市川 直之  控え  3
 16  川端 優希  控え  3
 17  田中 宏樹  控え  3
 18  市川 龍之信  控え  3