西東京代表
東海大菅生

 

全国49大会から各1校ずつが出場できる第99回全国高校野球選手権。7月も後半に入ると次々に代表校が決定していきます。

この記事では見事128校を勝ち抜いた西東京代表、東海大菅生をご紹介します。

西東京大会の詳細はこちらから
↓↓↓

甲子園への道!西東京大会展望と詳細

 

 

甲子園での成績

`00年以来17年振り3回目の出場。

出場3回、ベスト8 0回、ベスト4 0回、準優勝0回、優勝0回

出場3回、ベスト8 0回、ベスト4 0回、準優勝0回、優勝0回

 

 

`17年夏の成績

試合数6、得点45、失点14

186打数67安打、打率.360

二塁打10、三塁打6、本塁打4

三振21、四死球23、犠打14、盗塁12、

失策6、出塁率.431、防御率2.57

 

チームの特徴

17年振り3回目の出場を決めた東海大菅生は春夏通じて6回目の甲子園。最高成績はベスト8まで進んだことはなくこれからのチームである。

今年のチームは戸田、松本の2枚看板で二人とも完投型だが、お互いに救援にも回る。準々決勝では日大三、決勝で早稲田実ら、優勝候補を撃破してきた。

単打、四死球から犠打、盗塁などで手堅く1点を取りに行くスタンスの打線。ディフェンスも6試合6失策とこちらも堅い。

確実な野球で初の上位進出を目指す。

 

注目選手

松本 健吾

身長179㎝ 体重74㎏ 右/右

最速145キロの直球とスライダー、フォーク、スプリットを操る右腕。スピード系のボールを得意とし、どの変化球でも三振が奪える。

中学時代は青山シニアに所属し日本選手権3位入賞を経験。高校では1年時からベンチ入り。2年秋には6回参考ながらノーヒットノーランを達成。その年の冬に怪我が原因で戦線離脱。明けた3年春に最速145キロを記録し11番の背番号を背負って夏予選に登板した。

 

小玉 佳吾

身長180㎝ 体重78㎏ 右/右

最速142キロを誇る二塁手兼投手。打席では一発も期待できる主将。

 

片山 昂星

右/左  一塁手

長打力が売りの2年生4番。準決勝で右中間へソロ。決勝・早実戦で先制のセンター前タイムリーを放った。

 

メンバー紹介

背番号 名前 ポジション 学年
 1  松本 健吾  投手  3
 2  鹿倉 凜太朗  捕手  3
 3  片山昂星  内野手  2
 4  小玉 佳吾  内野手  3
 5  奥村 治  内野手  3
 6  田中 幹也  内野手  2
 7  佐藤 弘教  外野手  3
 8  牛山 千尋  外野手  3
 9  松井 惇  外野手  3
 10  山内 大輔  控え  3
 11  戸田 懐生  控え  2
 12  伴野 匠  控え  2
 13  猪股 寛太  控え  3
 14  小山 翔暉  控え  1
 15  西川 舜悟  控え  3
 16  深津 将志  控え  3
 17  上林 昌義  控え  3
 18  深沢 昂雅  控え  2