高知県代表
明徳義塾

 

全国49大会から各1校ずつが出場できる第99回全国高校野球選手権。7月も後半に入ると次々に代表校が決定していきます。

この記事では見事31校を勝ち抜いた高知県代表、明徳義塾をご紹介します。

高知県大会の詳細はこちらから
↓↓↓

甲子園への道!高知県大会展望と詳細

 

 

甲子園での成績

8年連続19回目の出場。

出場17回、ベスト8 6回、ベスト4 2回、準優勝0回、優勝0回

出場19回、ベスト8 1回、ベスト4 3回、準優勝0回、優勝1回

 

`17年夏の成績

試合数4、得点26、失点7

116打数37安打、打率.319

本塁打2

三振13、四死球26、犠打14、盗塁5、

失策4、出塁率.444、防御率1.85

 

チームの特徴

8年連続19回目の出場を決めた明徳義塾は春夏通じて36回目の甲子園。最高成績は夏に優勝を1度経験している。

今年のチームは高校通算23本塁打、50m5秒9の4番バッター西浦颯大を中心にどこからでも打点が取れる打線。試合数4、得点26、37安打、打率.319、本塁打2と本来の力を披露することなく甲子園出場を決めたが、夏に強い明徳義塾が甲子園初戦にどんな調整をしてくるかもみものだ。

ディフェンス面はエースの北本と控えの市川が先発、救援を相手に合わせて起用にスイッチする。二人で防御率1.85は全国でも通用するか。

 

注目選手

西浦 颯大

右投左打  身長177cm体重70kg 右翼手・一塁手  高校通算本塁打23本。50m5秒9。遠投110mの才能溢れる名門の4番。

 

市川 悠太

身長183㎝ 体重70㎏ 右/右

183㎝の体格を活かしたリーチの長いサイドハンド。最速は140キロ。球速は速いものの安定感のなかった1年時を過ごすが、2年時から化け始めているミレニアム世代の一角。

 

メンバー紹介

背番号 名前 ポジション 学年
 1  北本 佑斗  投手  3
 2  筒井 一平  捕手  3
 3  久後 健太  内野手  3
 4  近本 攻生  内野手  3
 5  盛田 大将  内野手  3
 6  今井 涼介  内野手  3
 7  谷合 悠斗  外野手  2
 8  中坪 将麻  外野手  3
 9  西浦 颯大  外野手  3
 10  山口 海斗  控え  3
 11  市川 悠太  控え  2
 12  島田 直樹  控え  3
 13  林 大成  控え  3
 14  佐々木 仁  控え  3
 15  貫 優  控え  3
 16  菰渕 太陽  控え  2
 17  毛利 志龍  控え  3
 18  斎藤 準弥  控え  3