鹿児島代表
神村学園

 

全国49大会から各1校ずつが出場できる第99回全国高校野球選手権。7月も後半に入ると次々に代表校が決定していきます。

この記事では見事73校を勝ち抜いた鹿児島代表、神村学園をご紹介します。

 

 

甲子園での成績

`12年以来4年振り4回目の出場。

出場5回、ベスト8 0回、ベスト4 0回、準優勝1回、優勝0回

出場3回、ベスト8 0回、ベスト4 0回、準優勝0回、優勝0回

 

 

`17年夏の成績

試合数6、得点40、失点12

163打数64安打、打率.392

二塁打9、三塁打3、本塁打1

三振24、四死球26、犠打18、盗塁13、

失策7、出塁率.476、防御率2.03

 

チームの特徴

高打率、高出塁率が売りの神村学園。

チーム打率.392、出塁率.476と圧倒的に塁に出続けて相手にプレッシャーをかけ続ける野球を得意とするチーム。6試合で平均得点6.6と打てるイメージのある神村学園だが、二塁打9、三塁打3、本塁打1の数字を見ても長打バンバンの猛打線とは言い難い。四死球26、犠打18、盗塁13、の数字から見ると、どんな形でも出塁し、送ったり走ったりと相手にプレッシャーをかけてかき回すのが上手い健大高崎のようなスタイルに近い。

投手陣は6試合で6人が登板し、先発青柳、救援中里のパターンが多かったが、4回戦7回コールドながらも中里が完封を決めるなど万能振りを発揮。2年生内野手で最速140キロ右腕の羽月も登板するなど投手層の厚さも光る。

一つだけ気になる点としては残塁の多さ。

6試合で45残塁。1試合平均7.5人のランナーが帰れていない。打率、出塁率共に高く、塁に出てからも賑やかな所までは素晴らしいがあと一本が乏しい。ここぞと言うところであと一本を出せる打者が出てくると甲子園でも勝機が出てくるだろう。

 

 

注目選手

羽月 隆太郎

身長174㎝ 体重63㎏ 遠投100m、

50m6秒18、右/左

1年生の頃からスタメンで出場をしているセンスの光る好内野手。中学時では宮崎リトルシニアに所属し、ジャイアンツカップ4強入りを果たす。

`15年東アジアリトルシニア野球宮崎大会で優勝し、優秀選手にも選出されている。

 

メンバー紹介

背番号 名前 ポジション 学年
 1  青柳 貴大  投手  3
 2  田中 怜央那  捕手  3
 3  前畑 太壱  内野手  3
 4  田中 祐大  内野手  3
 5  赤崎 健太  内野手  3
 6  羽月 隆太郎  内野手  2
 7  島中 大輔  外野手  3
 8  後藤 拓真  外野手  3
 9  角 颯真  外野手  2
 10  俵森 大輔  控え  3
 11  中里 琉星  控え  2
 12  大底 哲太  控え  3
 13  南川 翔哉  控え  3
 14  山田 瞬太郎  控え  3
 15  金城 伶於  控え  2
 16  猿楽 春樹  控え  2
 17  真辺 拓帆  控え  3
 18  内田 俊  控え  2