大分県代表
明豊

 

全国49大会から各1校ずつが出場できる第99回全国高校野球選手権。7月も後半に入ると次々に代表校が決定していきます。

この記事では見事45校を勝ち抜いた大分県代表、明豊高校をご紹介します。

大分県大会の詳細はこちらから
↓↓↓

甲子園への道!大分県大会展望と詳細

 

 

甲子園での成績

`15年以来2年振り6回目の出場。

出場2回、ベスト8 0回、ベスト4 0回、準優勝0回、優勝0回

出場6回、ベスト8 2回、ベスト4 0回、準優勝0回、優勝0回

 

 

`17年夏の成績

試合数5、得点53、失点7

137打数58安打、打率.423

二塁打8、三塁打2、本塁打10

三振7、四死球25、犠打12、盗塁11、

失策2、出塁率.512、防御率1.85

 

チームの特徴

2年振り6回目の出場を決めた明豊は春夏合わせて8回目の甲子園。最高成績は夏のベスト8。

圧倒的な猛打を武器に大分県大会を勝ち上がってきた打線は杉園、本多が中心に得点を重ねる。

試合数5で得点53、58安打と1試合平均10点以上、10安打以上の破壊力。チーム打率.423は今大会出場校の中でトップ3にランクイン。長打力も二塁打8、三塁打2、本塁打10とパンチ力も兼ね備えている。

何よりも驚きは三振が7と、とにかくバットに当てるのが上手い選手が揃っている。三振数が1桁も出場校ランクトップ3に入る。

防御率1.85台の投手陣は佐藤楓、溝上、橋詰が中心となって継投で勝ち上がっていくチーム。

強力打線と、個性のある投手陣が初の頂を狙いに行く。

 

注目選手

杉園 大樹

身長174㎝ 体重78㎏ 右/右

強打明豊のクリーンナップを打つ強打者。入学時からオーバーフェンスを打つなど打球の強さに定評がある。

 

本多 真也

身長172㎝ 体重74㎏ 右/右

強肩強打の内野手。小学時、中学時と世界、全国を経験している。

 

メンバー紹介

背番号 名前 ポジション 学年
 1  橋詰 開斗  投手  3
 2  吉村 健人  捕手  3
 3  伊藤 匠  内野手  3
 4  琉 尚矢  内野手  3
 5  本多 真也  内野手  3
 6  三村 鷹人  内野手  3
 7  杉園 大樹  外野手  3
 8  管 大和  外野手  2
 9  佐藤 祐貴  外野手  3
 10  佐藤 楓馬  控え  2
 11  三浦 竜成  控え  3
 12  尾田 智哉  控え  3
 13  三好 泰成  控え  3
 14  松谷 尚斗  控え  3
 15  松野 航希  控え  3
 16  長峰 昂希  控え  3
 17  浜田 太貴  控え  2
 18  前田 力  控え  2