智辯学園
太田英毅

 

著作者: freedesignfile.com

 

新智辯学園4番太田の特徴と注目ポイント。中学以来のリベンジの相手とは?

 

 

ポテンシャルと特徴

高校通算20本塁打50m6秒1遠投100m

速球、変化球共に苦手は無く、配球を読むというよりは感覚で打ててしまう天才型の好打者。

特徴:オープンスタンスの構えから体の真下に重心をかける様にドッシリと構え、ヘッドをやや投手の方へ向け小さく揺らしながらタイミングを図る。

投手の前足が地面をつかむタイミングとシンクロさせながら左足を踏み込んでいく、大きな体重移動はなく左足着地後も重心は体の中央。スイング方向にパワーを運ぶ感じでもないのでスイング始動の瞬間、流れる動作に一瞬ブレーキがかかったように見える。ボールと体が迎い合う中で体にブレーキがかかればインパクトの瞬間ボールが止まったのような感覚になり最後まで目で追えるので必然的に打ち損じも減ることになる。

スイングが始まると右脇をたっぷり開けた状態から上体の回転とともに右肘を一気に畳んでパワーをボールに伝える。

腰の回転と左手の引っ張る力でボールを運ぶ典型的のロングヒッターと言うよりは全体的な体の使い方が上手く、体重移動の使い方、右腕の使い方から1,3番向きのミドルヒッターのイメージ。

スタンドインはライナー性が多い。

 

経歴

高校では1年時からベンチ入りし、1番ショート打率.429、3本塁打、9打点と結果を残す。県大会優勝2年ぶり近畿ベスト8に貢献。翌春の選抜では3番を任され全国制覇。’16年は夏秋共に3番、11月最後の練習試合で4番に座り、年末には奈良選抜に選ばれ台湾での対外試合も経験した。

今春の選抜も2年連続での出場を決めている。

 

 

成績

’16年春 甲子園

5試合、19打数6安打、打率.316、打点1、三振2四死球3、盗塁1、二塁打1

’16年夏 甲子園

2試合、8打数2安打、打率.250、打点2、四球1、本塁打1

’16年秋 近畿

2試合、5打数1安打、打率.200、打点1、四死球3、盗塁1

`17年春 甲子園

2試合、7打数1安打、打率.143、本塁打1、打点2、三振3、四死球2、盗塁1

 

注目point

滞空時間の短い弾丸ライナーのホームラン!

’16年夏の甲子園初戦・出雲戦の第1打席で見せたセンター左側への弾丸ライナーのホームランは球場を静まり帰らせた。ミドルヒッターとは言え人を惹きつける力のある太田はやはりホームランが似合う。

本人も甲子園でのホームランは印象深く、また打ちたいと大舞台でのホームランに魅了された。

一皮剥けた新4番太田の滞空時間の短いホームランに是非注目して頂きたい。

 

プロフィール

右投右打  身長176cm体重78kg

守備位置:遊撃手、二塁手

中学時代は神戸中央シニアに所属し4番セカンド。3年夏に全国準優勝。決勝戦の相手は千葉の佐倉シニアで投手は東海大市原望洋金久保優斗

同年のジャイアンツカップも3位入賞を果たしている。

智辯学園対東海大市原望洋の組み合わせがあれば太田と金久保の3年ぶりの全国での対決となり、この辺の対戦も楽しみの一つとなりそうだ。