第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

 

 

 

 

第89回選抜注目選手

難波侑平2年(なんばゆうへい)

著作者: freedesignfile.co

進化の冬。先輩高田を超すストレートとは?

 

 

ポテンシャルと特徴

MAX146km/h。スライダーカーブチェンジアップスプリットシュートナックルツーシームなど多彩な変化球も操る総合力の高い右腕。

特徴:ノーワインドアップで腹の位置にグラブを置き、サインが決まるとスッと投球動作に入る。左足は腰の辺りまで膝を上げ、適度に軸足を折りながら前方へ体重移動。やや狭目の歩幅で左足が地面を掴み、ここから上体の回転が始まる。

両肩はフラットなまま捕手に向けられ、左足を軸に駒のようなキレイな回転から吊られるように右腕が出てくる。テイクバックはやや小さくコンパクトな腕の振りで肘を先頭に流れるように右腕が振り下ろされる。

一連の動作は素早くコンパクトにこぎみのいいリズムで癖のないフォームからポンポン投げ込んでくるイメージだが、下半身から上半身へと投球モーションが移行する瞬間、一瞬ブレーキがかかった様な粘りを感じる。

左足が着地してからようやく始まる上体のひねり、体が開いてから遅れる形で肘から腕が出てくるまでの時間が長い様に感じる。トータルは素早いリズム、テンポなだけに投球動作の1ポイントだけにズレたリズムが入っているのであれば、打者としてはタイミングはズレやすくなり、かなり打ちずらい投手である。

 

4番エースの大黒柱

旧チームで夏の甲子園にも登板し2 1/3回を投げ1失点と経験も豊富。

入学当初から〝野球勘〟にすぐれ1年時から外野でレギュラーを獲得。昨春の選抜では3番レフト。夏の甲子園では4番レフトで先発し初戦の盛岡大付属戦で打者として3打数1安打2打点。投手として2回3安打、3三振、自責点1と結果を残した。

’16年秋中国大会3試合

13打数、6安打、打率.461、打点3、2塁打2本、3塁打1本、

20回、打者82、被安打19、奪三振7、与四死球7、自責点5、防御率2.25

とコンスタントに結果を出し続けるあたりは高い〝野球勘〟を持ち合わせている証と言える。

 

注目point

一冬みっちり走り込んで創り上げられた下半身!

本人にも自覚がある通り上半身が強い分、まだまだ上だけで投げている様に見える。

昨夏まで150km/hオーバーの直球を目の当たりにしてきた難波は先輩高田とは違う道で自分なりの投手像を作ってきた。

制球力緩急キレ

どれを取っても高校生の中では一級品でも全国で勝ち続けるには絶対性に欠ける。「自分の倍以上は走り込んでいた」と先輩高田を語る難波は下半身強化の先に直球の質を上げると共に自分の武器にも磨きがかかることも良く理解している。

下半身が強化され投球時の歩幅が増えれば重心が下がり低い位置から粘りのあるパワーが伝わり、球速も上がるし直球にキレが増し伸びるストレートになる。

下半身の強化を今冬の課題に置いている分、春には投球フォームにその答えが出ているモノと思う。

是非鍛え抜かれた強靭な下半身が織り成す粘りのある投球フォームに注目して頂きたい。

 

プロフィール

右投左打  身長178cm体重75kg

守備位置:投手、外野手

岡山リトルシニア出身。中学1年時に全国を経験。

 

一部、《第89回選抜出場校 創志学園(当落線上)》から抜粋

 

 

 

 

第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

 

 

 

 

参考書籍:ホームラン センバツ 2017