第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

 

 

 

大会5日目・3月23日

 

 

第1試合を地方大会の成績と共に徹底予想

 

 

東海大福岡(福岡)対 神戸国際大附属

 

勝敗予想

技巧派エースの対決の一戦は両投手テンポよく少ない球数で打ち取っていく。2回に飛び出した4番猪田の一発で神戸国際大附属が先制するが、その後は両チーム無得点、無失策の早い試合展開。

ゲームが動いたのは1-0で迎えた8回。先頭の有安が右中間を割る3ベースヒットを放ち0アウト3塁と東海大福岡にビッグチャンスが到来する。

2番清水はセカンドフライ。3番北川には1ボール1ストライクから、まさかのスクイズもファール。結果サードに強打するがサード森田の好プレーに阻まれ2アウト。万事休すかと思われたところで4番遠藤が初球を弾き返し1,2塁間を破ってライト前タイムリーヒットで同点。

9回も両チーム得点のないままゲームは今大会初めての延長戦。10回から東海大福岡はエース安田に代えて佐田を投入。

先頭の北山に当ててしまい0ランナー1塁。7番大丸がキッチリ送りバントを決めて1アウトランナー2塁。8番荒木は1,2塁間のセカンドゴロに倒れるがランナー進塁して2アウトランナー3塁。打席には9番黒田のところで代打谷口。

カウント1ボール0ストライクからの2球目を思い切り引っ張って三遊間を突破!

3塁ランナー帰って1点勝ち越し!

後続は打ち取られ10回裏のマウンドには岡野を投入。オーバーハンドの右腕は力でねじ伏せる投球で、キッチリ1点を守りきり初戦突破。

2-1で神戸国際大附属の勝利。

 

チームデータ東海大福岡(32年振り2回目)

 

特徴

サイド右腕 安田大将の粘り強さは際立っていた。最速は120km/hそこそこだが、全試合を1人で投げ抜いた。「今もっている球速を最大限に生かす投球術を覚えつつある。制球力もいいし、投球リズムは良くなった」

安田の粘投に打線も触発された。初戦の明豊戦は終盤の8回に下位打線を起点に同点とし、延長10回に途中出場の清水雄大が勝ち越し打を放った。

準々決勝のれいめい戦は0対4の劣勢から終盤に追い上げ、5番 星野光紀のタイムリーで逆転サヨナラ勝利。

準決勝の熊本工戦では1番の有安晟真がセイフティーバントで好投手山口を揺さぶり、ここから3番 北川穂篤、4番 遠藤秀斗の連続タイムリーで逆転に成功。ワンチャンスをものにして2対1で勝利している。

9回サヨナラで敗れた決勝も3対4。4試合全てが1点差の接戦だった。

腰を痛めている140km/h右腕 佐田健介とラッキーボーイの清水が本格的に復調してくればチームの総力はさらに厚みを増すはずだ。

 

総合28位タイ

打率.287(18位)、出塁率.308(27位)、盗塁率0.00%(28位タイ)、防御率2.67(13位)、平均得点3,25(30位)

 

 

チームデータ神戸国際大附属(7年振り4回目)

 

特徴

エース左腕・黒田倭人。直球は130〜130km/h中盤だが、最大の武器は120〜120km/h中盤の高速スライダーで空振りも取れる。何よりも注目は黒田の非常に落ち着いたマウンド度胸がチームに勝ち運を運ぶ。

そして近畿大会、決勝、準決勝と先発したMAX138km/h右腕・岡野佑大の2枚看板が新チームで奮起する。

攻撃陣はプロ注目捕手2年夏から4番に座る猪田和希を軸に県大会5試合で26得点、近畿大会4試合で計40安打27得点と猛打を振るう。更に近畿大会では4試合で4個という三振の少なさも目立つ。

圧巻は近畿大会準決勝、大阪桐蔭戦で初回に猪田の2ラン本塁打で先制するもじわりじわりと逆転を許した9回表、2-3から代打谷口(1年生)の同点本塁打の後、片岡の2ラン本塁打で勝ち越し。3人の本塁打で試合を決めた。

 

総合8位タイ

打率.323(7位)、出塁率.421(5位)、盗塁率0.0%(28位タイ)、防御率3.93(22位)、平均得点8,25(1位)

 

 

 

 

 

第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎