第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

 

 

 

大会5日目・3月23日

 

 

第3試合を地方大会の成績と共に徹底予想

 

 

静岡(静岡)対 不来方(岩手)

 

勝敗予想

大会注目サウスポー静岡の池谷が先発。打率9割打線を目標とする不来方が池谷に襲いかかる。

初回先頭に三遊間へ内野安打を打たれ得点圏にランナーを進められるも冷静に対処して初回を危なげなく抑える池谷。

対する不来方の4番エースの小比類巻も注目の右腕。完封数全体で2位は福岡大大濠の三浦に続いて単独2位の成績。直球が軸の小比類巻も大胆に内角を攻めて静岡打線に隙を与えない。

中盤に入りギアの上がった池谷は最速148km/hのストレートと切れ味抜群のスライダーで三振の山を築く。

引かない小比類巻も内角の直球と外の緩い変化球を軸に三振を奪っていく。0-0のまま迎えた7回。内野のエラーを起点にランナー背負った不来方。静岡は丁寧にランナーを進めて2アウトランナー2塁。打席には3番大石。

カウント2-1ストライクからの4球目をセンター前に弾き返す!ランナー村松が一気にホームに帰ってきて1点先制。

8回にも1点を追加した静岡は9回のマウンドも池谷。最後も不来方打線を三者凡退に打ち取りゲームセット。

2-0で静岡の勝利。

 

チームデータ静岡(2年振り16回目)

 

特徴

池谷蒼大

東海大会では4試合27回2/3を投げてわずか4四球。最速144km/hの速球とスライダーを武器に33三振を奪って4失点(自責は2)と圧巻の投球内容だった。

4番 成瀬和人、7番 森康太朗が打率5割をマーク。1番 大石哲平は準決勝の三重戦で4安打5打点と大当たりするなど上位から下位まで切れ目がなかった。

初戦では1塁ベース直撃の安打から得点を挙げ、決勝では平凡な子飛球がことごとく、ヒットになるなど運を持つチーム。冬に課題の守備を鍛え、個々の能力よりもまとまりで2015年選抜以来の8強以上を狙う。

 

総合3位

打率.311(9位)、出塁率.389(12位)、盗塁率11.11%(6位)、防御率2.09(5位)、平均得点5,80(8位)

 

 

チームデータ不来方(初出場)

 

特徴

部員10人。2年生7人、1年生3人。マネージャー3人の小所帯。

岩手県大会準優勝。東北大会は初戦で姿を消すが、4番エースキャプテンの小比類巻 圭汰が奮闘し、青森2位の八戸学院光聖に0対2と善戦。

小比類巻圭汰

完封数2位、奪三振数6位、防御率15位を獲得。

21世紀枠の中でひときわ光る不来方の4番エースの大黒柱。奪三振数132は同じ岩手の盛岡大付属・三浦瑞樹の37個に大差をつけた岩手のDr.K。完封数5試合も単独2位と私学強豪のエースに引けを取らない成績。

 

総合23位

打率.129(32位)、出塁率.129(32位)、盗塁率25.0%(1位)、防御率2.00(4位)、平均得点0,00(32位)

 

 

 

 

第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎